Cosmic Consciousness

Perspective (全体的に正しく把握する能力、見方)

ジョージ・アダムスキー

 

(1930年代後半に、彼によって与えられたレッスンから)

 

 心配とは、確信のなさ(ためらい)から、人間の内部に起こる様態のことです。何をするにも、確信のある人は心配しません。それなら、人に自分自身へ心配をもたらすその原因とは何でしょうか? 人の心は二つの自己から構成されています。”死すべき自己”と自分自身の内部にある創造物の父のスパーク(閃光)である”普遍的な自己”(ユニバーサル・セルフ)です。そしてそういう資格で、人は父の知識と英知を共にすることができるのです。

 

 "死すべき自己" は人々が実際にある事実と状況を知らない個人的な部分です。そして、それはそれが見るすべての不確かな結果を越えて結論へと飛躍しますそれが理解しない状況を裁きながら。そして、それによって自分自身の内部に混乱を引き起こします。その個人の肉体は、それ自身の個人的な満足を成就することができない何かの間、常に騒ぎの状態です。なぜならば、それは短気な特徴を示しているからです。

 

 人間の "普遍的自己" から、そのような混乱を啓示されることは少しもありません。その抵抗は印象類が感じられたり、認められたりするにはあまりにも大きすぎるからです。"内なる声" は大声では叫ばないのだから、それは "死すべき心" へ大声では話さないでしょう。そして "死すべき心" は静かに、そして平和(平安)を保たないであろうから、それは、その声を聞かないでしょう。その声は、あらゆる問題を解決することができ、そして生命のあらゆる状況を(様態)を知っています。これは、人間の "魂" と呼ばれていますが、人の魂とは創造主のイメージであり、そのうえ、創造主の英知のすべてを含んでいるのです。それゆえ、万一、人が問題や状況のことで悩まされるのならば、人がしなければならない最初のことは、自分自身を静かにし、自分の問題のあらゆる想念類から、自分自身を解放することです。それが、その時に成就されるにせよ、いずれにせよ、自分自身を無関心(心配しない、気をもまない状態)な平安な状態に置きなさい。"死すべき自己" を静かにし、そして穏やかに保つことによって、自らをあらゆる知識の所有者に委ねることによって、普遍的な必要による、当然なときに、困難なこと(複数)が解決されるであろうと思われることを知ることによって、個人的な自己が行うことは、もはや何も持っていないのです。

 

 これが人の性急な欲望に、時には反対するのです。しかし、"啓示" を待つことを喜んですることによって、"死すべき自己" は、もし、じゃまをしないならば、すべてを処理するであろう知識と共に心配がなくなることを感じ始めるでしょう。

 

 多くの人々がこの啓示に呼びかけています。予感に従いながら、ある人々は、それを "内なる声" として語っています。しかし、すべての人が自分たちがその指導に従ってきた自分たちの人生において、ある瞬間を体験しました。しかし、たとえ、それを何と名づけようとも、彼らは、それに呼びかけたのかもしれません。それは、今までどおり、指導であり、彼らは自分たちの体験から、それに従ったとき、結果が満足するものであったことを知っています。私たちは、それをどこにもないと思われるものからやって来る予期しない驚きと呼ぶことができるでしょう。

 

 しかし、それは偉大な "普遍的英知" からやって来ました。しかし、万一、自分自身についてのドアー(扉)にカギをかけて、これが自由に流れることを許さないのならば、その時、人は肉体に病気を引き起こす混乱と不安の中で、常に生きています。肉体はある人々が服従している摩擦によく耐えることはできません。結局、肉体が行為するために予定されていた機能を果たすことを肉体が徐々に停止するときが(終えるときが)やってくるでしょう。

 

 肉体の内部に置かれたすべての想念は、細胞群に変化をもたらします。細胞群はそれら自身の特別な仕事をするために、驚くべき場所(位置)に配列されています。そして、じゃまをされたら、細胞群は、為されるべきことを行うことができません。そして、細胞群が、かき乱さればされるほど、苦痛がますます起こります。個人が何が為されるべきかを知りたがるまで。

 

 為されるべき唯一の事は、それらを完全にしようとしない状況を引き起こした想念を逆にすることです。ユニティー(一体)の中で、物をはらむことが可能である意識の最高の調和した状態の中で働いているすべての物について考えてみなさい。

 

 この"気づくこと"(自覚)の状態に心を抱きなさい。そうすれば、徐々に肉体の細胞群は反応し始めるでしょう。細胞群はこの機能を果たすために創造されたので、細胞群はこれを行うための英知を持っているからです。それゆえに、細胞群が働くことができる平安な環境を細胞群に与えることは、人間の義務なのです。たとえ、人間が細胞群のために、どんな想念を心に描こうとも、細胞群はその姿を変化させるでしょう。

 

 人間が抱く想念は青写真です。そして肉体の細胞群は仕事をする大工です。あなたの意志はその監督者です。そして、それは活動の正常な状態の中ですべてのことが保たれることによって、そのプラン(複数)が成し遂げられることを見なければなりません。

 

 すべての個人は、自分ができるどんなやり方でも自分の同胞に奉仕するために生まれました。これは、"一切を含む英知" と一致しています。そして自分の能力のベストを尽くして、このプランを成し遂げることによって、人は "父" (創造主)に奉仕しているのです。人がその奉仕に気づいているにせよ、あるいは全然問題にしていないにせよ(気づいていないにせよ)いずれにせよ奉仕しているのです。それゆえ、私たちが直面している毎日の行為で生きるにあたっては、 "死すべき心" が寝る前に、その日のあらゆる想念とあらゆる問題を捨て去り、各々の夜を平安な状態に自らを置くことが最も重要です。そして肉体が休息している間、必要とされる答えが啓示されるでしょう。夢を見ている夜の間か、または朝、太陽が昇っている間に、それは、あなたに印象づけられるでしょう。もし、そうでないとするならば、その時、休息がその時に思い悩む価値がなかったことを保障しました。

 

 たとえいかに、"死すべき心" が重要だと思ったとしても、それは重要ではなかったからです。

 

 これは自分自身の行動(複数)を注意して眺める(観察する)ことによって、証明されることができます。そして、いかに気短さが、古臭い想念の習慣類から忍び込んでいるかを観察しなさい。

 

 しかし、私たちには、これを忍耐と平和な想念に取り替える能力があります。これはしばしば、すべての人に非常に起こりますので、自分自身の状況を分析することと、心に交差する想念類の一日を通じて、想念類を調べ上げることは容易なのです。

 

 各想念をコントロールして適当なカテゴリーに置くことによって、新しい物の見方が得られます。そして人は自らを"無限" の本当の子供として、創造主の反映として顕わし始めることでしょう。

 

(訳H.K)

PERSPECTIVE

George Adamski

 

(From a lesson given by him in the late 1930's)

 

Worry is a condition which arises within a human being from a state of uncertainty. One who is sure of anything does not worry. Then what is it that causes him to bring that worrying state unto himself?

 

The human mind is composed of two selves, the mortal and the universal self which is a spark of the Father of Creation within his being and as such he can partake of His knowledge and intelligence. The mortal self is the personal part which does not know facts and conditions as they really are and it jumps at conclusions over every uncertain effect which it sees, passing judgment upon conditions it does not understand and thereby setting up a confusion within hemself. The body of that individual is' in a constant state of turmoil over something it cannot work out to its own personal satisfaction because it is of impatient characteristics.

 

Nothing from the universal self of the human being can be revealed in such confusion for the resistance is too great for the impressions to be felt or recognized. Since the inner voice is not loud it will not speak loudly to the mortal mind and since the mortal mind will not keep quiet and peaceful it will not hear the voice which can solve all problems and which knows all conditions of life. This is called the soul of man which is the image of the Creator and contains all of the intelligence of the Creator as well. Therefore, should the human being be troubled about problems or conditions the first thing he must do is to quiet himself and release himself from all thoughts of his problem, place himself in a peaceful state of unconcern as to whether it will be worked out at that time or. in some future day. By keeping the mortal self quiet and calm, willing itselfunto the possessor of all knowledge, knowing that the seeming difficulties will be solved in due time according to the universal needs, the personal self has nothing more to do. This is sometimes contrary to the hurried desire of man, but by this willingness to wait for the revelation the mortal self will begin to feel relieved with the knowledge that all will be taken care of if not interferred with.

 

Many call this revelation, following a hunch, some speak of it as the voice within, but everyone has experienced some moment in their life where they have followed that guidance, but whatever name they may have called it. It is still a guidance and they know from their experience that when it was followed the results were satisfactory. W e could call it an unexpected surprise coming out of a seeming nowhere, but it came out of the great universal intelligence. But should the human lock the doors about himself and not permit this to flow freely, then he is living in a state of constant confusion and. uncertainty which causes ills in the body. 'No body can withstand the friction to which some people subject it, for after all, a time will come when it gradually ceases to function as it was meant to do.

 

Every thought placed within the body effects the cells which are wonderfully placed to do their own particular work and when interferred with they cannot do what should be done and the more the cells are disturbed the more pain takes place in the body until the person wonders what is to be done. The only thing to be done is to reverse the thoughts that caused the condition that is not wanted--reversing them completely. Think of everything working in- unity in the most harmonious state of consciousness that is possible to conceive.

 

Hold this state of awareness and gradually the cells of the body will begin to respond for they have the intelligence to do this as they were created to perform this function. Thereforq it is the duty of man to give them a peaceful place in which they can work. They will change the figure to whatever thought the human will picture for them. The thought that one holds is the blueprint and the body cells are the carpenters who do the work, your own will is the superintendent and it must see to it that the plans are carried out by keeping everything in a normal state of action.

 

Every person was meant to serve his fellow man in whatever manner he is able. This is in accordance with the Over-all Intelligence and by carrying out this plan to the best of one's ability one is serving the Father, whether he is aware of the service or not matters very little.
Therefore in living the daily acts with which we are confronted it is most important that the mortal mind places itself in a peaceful state each night before retiring, giving up all thoughts and problems of the day. And while the body rests the answers needed will be revealed either during the night in a dream or it will impress you upon rising in the morning. If not, then rest assured that it was not worth bothering with at that time for it was not important no matter how important the mortal mind thought it was.

 

This can be proven by watching one's own actions and observe how impatience creeps in from old thought habits, but we have the ability to replace this with a patient and peaceful thought. This happens so often to everyone that it is easy to analyze one's own conditions and take an inventory through the day of the thoughts that cross the mind.

 

By learning to control and place each thought in its proper category a new perspective is gained and one will begin to manifest as a true child of the Infinite, a reflection of the Creator.

 

...George Adamski


生命の科学 勉強会 PEGASUS SHINO 日本GAP 資料館 アダムスキー研究 宇宙哲学研究 UFO研究

サイト運営協力: 合資会社ユースマネージメント