アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

肉体、心、意識

肉体、心、意識
BODY, MIND AND CONSCIOUSNESS

 

ごく最近まで心と物質は両極として分離されたものと考えられてきた。
Until quite recently mind and matter have been considered as widely separated as the poles.

 

唯物論者は物質を優位に置き、形而上学者は心に至上権を与えてきたが、一方意識はほとんど考慮に入れられなかった。
The materialist has exalted matter into predominance and the metaphysician has given the supremacy to the mind, while consciousness has received scarcely a consideration.

 

もちろん心と物質と意識の不可分の関係を理解してこの知識を実際的な進歩の領域に応用した注意深い人も世のなかにはいたけれども、一般社会は分割のあいまいさのなかにとどまることを選んだのである。
There have, of course, always been alerted minds in the world who understand the inseparable relationship of mind, matter and consciousness and have made use of this knowledge in the field of practical evolvement, but the world in general has chosen to remain in the mystery of divisions.

 

社会の大多数の人々がかつて認めようとしなかった多くの物事を証明するのに科学は多大の役割を果たしてきた。
Science has done much in proving many things which the majority of the people of the world previously refused to accept.

 

たとえば万物は土、空気、水などと同じ元素から成り立っていることを科学は証明している。
It has proven, for instance, that all forms are made up of cells which are composed of the same elements as the earth, air and water.

 

また人間の肉体はその構成において鉱物、植物、動物界のいかなる物体とも異なるのではないという事実を明らかにしている。
It has revealed the fact that the human body is no different in composition than any other form in the mineral, vegetable, or animal kingdom.

 

これら物質の細胞または原子はある程度の知性を持っていて、実際には人間と同様な小さな実体なのであるが、しかし世間は顕微鏡の助けを借りなければ見られないような微小物が心すなわち知性の所有者であるという信念を容易に受け入れようとはしなかった。
These cells or atoms of matter possess a certain amount of intelligence and are actually little entities not unlike the human being, but the world has not easily accepted the belief that a particle too small to be seen without the aid of a microscope can be the possessor of a mind, or intelligence.

 

科学は今やこの証拠を示している。
Science has now brought forth the proof of this.

 

それは生きたり分解したりする物質の原子について語っているし、この小さな細胞を扱って調べているうちに、光線のように見える一種のエネルギーを原子から解放させていることを知った。
It speaks of living and disintegrating atoms of matter, and in working with these tiny cells it has learned to release a form of energy from the atom which is seen as a ray of light.

 

科学の一教授はこれが原子の魂で、たしかに知性を持っていると語っている。
One professor of science has spoken of this as the soul of the atom, which certainly implies intelligence.

 

しかし物質の知性を証明するのに科学の助けを必要とはしなかった。なぜなら、肉体が働いて成長するという事実そのものが、細胞群がより高度な英知から来る指示を受け入れるための意識を持っているにちがいないことを証しているからである。
It needed not the aid of science, however, to prove the intelligence of matter, for the very fact that bodies act and grow proves that the cells must possess the consciousness to receive instructions from a higher intelligence.

 

病める肉体を癒すのに必要とあらば自然が思うとおりに行なうことをわれわれは知っている。
We know that nature takes its own course in healing the body when called upon;

 

また人間が放つ想念はただちにその肉体細胞に影響をおよぼすことも知っている。ゆえに物質は人間または自然からの命令を受けとることのできる心というものを持っているにちがいないのだ。さもなければ物質は命令に応じて働きはしないだろう。
that a thought given by a man is immediately acted upon by the cells of his body, so matter must have a mind which is capable of receiving the command of either man or nature or it would not act accordingly.

 

心というものは、意識が物質を動かすための意思内容を投射する大通りにすぎないのである。
Mind, itself, is nothing more than the highway over which consciousness projects ideas to set matter in motion.

 

もし物質が心の所有者でなかったら、それが想念の印象を受けとることのできる大通りは存在しないことになる。
If matter were not the possessor of mind there would be no avenue through which it could receive the thought impressions;

 

つまり、物質が知性を所有しないとすれば、それは印象にもとづいて行動することはできないだろうし、またそれが意識を所有しないとすればそれは全く命令に気づかず、完全な不活動の状態のままにあるだろう。
if it did not possess intelligence it could not act upon impressions, and if it did not possess consciousness it would be totally unaware of the command and would remain in a state of complete inertia.

 

われわれは実際の体験からして次のことを知っている。すなわち、ある想念が心という大通りの上に送られるとき、肉体細胞のすべては外形上その印象を生み出すのに統一された状態でこたえるということである。
We know from actual experience that when a thought is sent over the highway of mind that all of the cells of the body respond in a perfectly unified state in producing that impression in outward form.

 

ある人が喜んでいるか怒っているかを知るのは容易である。
It is not difficult to know if a man is joyous or angry.

 

怒りの想念は肉体を構成している物質を鋳型に流し込んで怒りをあらわした像を作るのである。──しかめ面、燃える目、握りしめたこぶし、歯をくいしばった口など。
The thought of anger will mold the matter composing the body into an exact image of itself ─ contorted features, flashing eyes, clenched fists, set mouth etc.

 

それは全身を通じて激しい身震いの状態さえひき起こすだろう。
It may even produce a state of intense trembling throughout the form.

 

ところが、その想念が喜びの性質のものに変えられるならば、肉体はふたたびこたえて、物質は全く異なった鋳型ヘ流し込まれる。すなわち、目は柔らかい光で輝き、顔つきはなごやかになり、全身は全く均整のとれた体、調和した活動の交響楽となるのである。
If the thought is changed to one of joy the body again responds and matter is molded according to an entirely different pattern ─ the eyes glow with a soft light, the features are relaxed, and the whole form becomes one of simple grace, a symphony of harmonious action.

 

しかし人間の想念は英知そのものではない。それは意識によって投射された一つの考えにすぎない。
Mortal thought, however, is not the intelligence, it is but an idea projected by consciousness.

 

それはあたかもマイクロフォンのなかヘ意識的に投射されたある考えがラジオ放送という心に乗って受信機ヘ進行するのと同じで、想念は発信者と受信者とのあいだの使者として作用するのである。
It acts as a messenger between the sender and the receiver just as an idea consciously projected into a microphone travels on the mind of a radio (the ether waves) to the receiver.

 

意識であるところの無限の英知の力は想念のかたちでメッセージを放射する。
The great unlimited force of intelligence, which is consciousness, broadcasts a message in the form of thought;

 

このメッセージが心と呼ばれる波動の大道に乗って進行し、肉体のあらゆる部分に接触するのである。
this message travels upon the highway of frequency called mind and contacts every part of the body.

 

各細胞は心の所有者であるから、メッセージの内容はいっせいに各細胞に印象を与え、各細胞は全体として肉体の内外にそれをあらわす。
Since every cell is the possessor of mind the idea impresses each of them at the same time and they as a whole give expression through and upon the body.

 

これはラジオの作動に応用されるのと同じ原理である。
This is the same principle used in the operation of radio.

 

ひとたびメッセージがマイクロフォンから伝えられると、よい受信機ならどこでもそれがキャッチされるところからして、全空間は影響を受けることがわかるが、
Once the message is given over the microphone all space is affected since it can be picked up anywhere by a good receiving set.

 

想念も同じようにしてあらゆる物質に影響を与えるのである。
Thought affects the whole of matter in the same manner.

 

電波は空間を進行するけれども、受信機を通過しないかぎりスタジオの外では見ることも聞くこともできない。
The radio frequency is carried on the waves of ether and is neither seen nor heard outside the studio unless it passes through a receiving set.

 

これと同様に、全空間に一時に影響を与える同時的な活動によって意識は空間にそれ自体を一つの概念として放射する。そして心という波の上に支えられているその観念は物質という道具を通過してこそ表面化してくるのである。
In this same way consciousness projects itself as an idea through space by an instantaneous action affecting all space at one time and the idea which is supported upon the waves of mind be come manifest only after passing through the instrument of matter.

 

言いかえれば、心は人間が意識的な知覚力を供給されるためのチャンネル(径路)なのであって、ちょうどそれは電波が、われわれが音楽または話し声を受信するためのチャンネルであるのと同様である。
In other words, mind is the channel over which man is supplied with conscious awareness just as the ether waves are the channel over which we receive the musical and oratorical expression of the consciousness broadcasting them.

 

肉体の心は受けとった印象を人格化し、それを自分の意見でもってゆがめる。
The sense mind personifies the impressions received and distorts them with self opinions.

 

もし電波が妨害されると受信機側は空電と呼ばれる妨害状態になるが、これはわれわれが番組を明瞭に聴取できないことを意味する。
If the radio ethers are disturbed we on the receiving set get the disturbance called static, which means that we cannot get the program clearly.

 

これは人間の場合にもあてはまるのである。人間の心が妨害されると、意識という放送局から発せられる想念の内容は完全に明らかにされず、物質はその想念に関してゆがめられた考え方にしたがって活動を開始するからである。
This is also true with man, for when the mind of man is disturbed that which is corning from the broadcasting station of consciousness is not revealed perfectly and matter goes into action with a distorted conception of its mission.

 

その結果、肉体内に混乱した状態が発生する。
The result is a state of confusion within the body.

 

宇宙の意識は決して混乱しない。それは常に統一された状態にある。ゆえにある想念の調和したあらわれは心の平静さと非個人的な態度にかかっている。
Cosmic consciousness is never confused, it is always in a unified state, so the harmonious manifestation of an idea depends upon the stillness and impersonal attitude of the mind.

 

澄んで落ち着いた心はいつも望ましい状態をもたらすのである。
A clear peaceful mind will always bring desirable conditions.

 

落ち着かない心はゆがめられた状態をひき起こすのだ。
A disturbed mind will cause distorted conditions.

 

そこで以上によって、心というものは存在するすべてではないことがわかる。
This proves to us then, that mind is not all there is since it can be used one way or another.

 

それはただ利用されるというものにすぎないのである。
Evolution is not the expression of mind but the expansion of mind.

 

進化とは心の表現ではなくて心の広がりである。ちょうどならされていない道路がその上の交通量をさらにふやすために広げてならされるのと同様に、意識の手によって想念というもっと多くの乗物を正しい目的地に行かせるために、心という道路も広げてなめらかにされねばならない。
Just as an ungraded road is broadened and leveled in order to accommodate more traffic upon it, so must the highway of mind be expanded and smoothed in order to allow consciousness to project more numerous vehicles of thought to their proper destination.

 

心は表現のチャンネルにすぎない。
Mind is only the channel of expression, the avenue by which consciousness manifests itself in matter.

 

それは意識がそれ自体を物質のなかにあらわすための大通りなのである。
Body, mind and consciousness, then, are one and inseparable.

 

それゆえ、肉体、心、意識は一体で不可分なものである。物質の肉体は意識によって支えられねば存在を中止するだろう。
The body of matter would cease to exist if it were not supported by consciousness.

 

意識はそれが進行するための運搬者がなければ、物質のなかに自らを表現できないだろう。そして心は右の二つのあいだの媒介物として作用しなければ無用の物となってしまうのである。
Consciousness could not express itself in matter were it not for the conveyer over which it travels, and mind would be a useless nothingness were it not acting as a channel between the two.

 

大切なのは、心は広がる可能性を持つということである。
Remember, mind has the possibilities of expansion.

 

物質は、ふたたび言うと進化の過程にある。
Matter, again, is in the process of evolution;

 

だから心と物質が宇宙のすべてではないのである。
so neither mind nor matter is all in all.

 




 




 


「意識とは何か」<< Prev | Next >>「顕在意識と潜在意識」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)