アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

真の生まれ変わり

真の生まれ変わり
TO BE BORN AGAIN

 

「よくよくあなたがたに言っておく。だれでも新しく生まれなければ、神の国を見ることはできない」
"Verily, verily, I say unto you, except a man be born again he cannot see the kingdom of God."

 

”生命”から秘密を洩らされていたキリストはこのように語った。
Thus spoke the Christ, to whom Life had revealed her mysteries.

 

この言葉は宗教の基礎そのものとされている。弟子のニコデモは師にたずねた。「人は年をとってから生まれることがどうしてできますか。
This statement has been made the very foundation of religion, but Nicodemus of old, who asked of the Master,"How shall this be?

 

もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか」
Can a man enter the second time into his mother's womb?"

 

このようにたずねたからといって、生まれ変わりについて彼だけが無知だったわけではない。
is not alone in his ignorance of the second birth.

 

師は言った。「天からくだってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上がった者はいない」
The Master said, "No man ascendeth up to heaven except he that came down from heaven, even the Son of Man which is in heaven."

 

この意味は、生まれ変わりというのは万物を形ある世界に生じさせた元の”因”の状態に意識的に返ってゆくことだというのである。
Meaning that the second birth is the conscious return into the original Cause state out of which all things proceed into the world of form.

 

人間は”宇宙の因”からくだってきたのであって、”宇宙の因”の意識的な知覚のある非個人的な状態にふたたび返る特権を持っているのだ。
Man has descended from Cosmic Cause and he has the privilege to return again to that impersonal state of conscious awareness of Cosmic Cause.

 

人間が形ある世界に生まれたとき、物質のあらわれのなかに迷うようになり、もはや広大な宇宙を理解しなくなったのである。
When he was born into the world of form he became lost in the appearances of matter and no longer understood the vast Cosmos.

 

人間は感覚器官の指示に従うようになり、心は魂の指導を容易に受け入れようとはしなくなった。
He has given himself over to the dictation of the senses and his mind is slow to accept the guidance of the soul.

 

宇宙にたいする理解は結果の世界に限定されるようになって、注意力のすべては形あるものの分析に向けられ、物体の背後にある”因”にたいして盲目になってしまったのである。
His understanding of the universe has become limited to the effective world ─ his whole attention is given to the analysis of form and he has been blinded to the Cause back of form.

 

だから人間は自分の元の真自我に返ることができる前に、もう一度生まれ変わる必要があるのだ。──”全英知”の無限の知覚力に生まれ変わるのである。
So before he can come into his own original self, have to be born again ─ born into the unlimited perception of the All Intelligence.

 

最初の誕生は人間自身のような形あるものの世界についての理解力を人間に与えたので、二度目の誕生は現象化しない”因”の世界についての知覚力を広げることになるだろう。
As the first birth has given man an understanding of the form world like himself the second birth will expand his awareness of the unmanifested Cause world.

 

人間の義務は今や無知というかせを打ち砕くことにある。地上という子宮から脱出して”宇宙の因”の広大さを知覚することにあるのだ。
Man's duty now is to burst the bonds of ignorance ─ to emerge from the matrix of earth and perceive the vastness of Cosmic Cause.

 

第二の誕生は意識を持ついかなる物の死や肉体の死をも必要としない。
The second birth does not necessitate the death of any form of consciousness nor the death of the body;

 

それは意識の二つの面(感覚器官の意識と宇宙の意識)を結合させて一体性を知覚させることを必要とする。
it necessitates only the uniting of the two phases of consciousness into the awareness of oneness.

 

第二の誕生は無限の知覚力を生み出し、天と地とを一体化させるのである。
The second birth produces unlimited awareness, uniting heaven and earth.

 

感覚器官の意識とすべてを包容する意識は等しくバランスを保つようになり、人間は宇宙について知り始めるのだ。
The sense consciousness and the all inclusive consciousness become equally balanced and man begins to learn about the Cosmos.

 

教師たちはこのことを理解して初めて他人または自身を救い得るのである。
Not until the teachers understand this can they save anyone or themselves.

 

多くの科学者はいわゆる宗教家のだれよりもこの第二の誕生に近い状態にある。
Many scientists are closer to the second birth than is any so-called spiritual student.

 

最大の科学者の一人が次のように言ったことがある。「私が心の努力で疲れて問題を考えることをやめたときこそ、疑問の真相が私に最も明らかに啓示される時であることがわかる」
One of our greatest scientists made the remark, "When I am fatigued with mental effort and have ceased to ponder over a problem I find that is the time when the truth of the question is most clearly revealed to me."

 

これは第二の誕生をチラリとのぞき見したのである。すなわち、肉体人間の意識が広大な宇宙の意識の手のなかに解放されるとき、制限というベールは引き裂かれ、真理は生き生きと知覚されるのである。
This is a glimpse of the second birth - when the mortal consciousness is released into the hands of the vast consciousness the veil of limitation is rent asunder and truth is vividly perceived.

 

”父”の家のなかで幸福な子供になるのは人間の義務である。そしてこれをなすためには人間はその家に気づく必要がある。
It is man's duty to be a happy child in his Father's house, and to do this he will have to be aware of the house.

 

人間は自分が入ろうとして求めている天に今いるということ、自分の肉体のなかには常に存在してやまない、すべてを包容する英知があるということに気づかなければならない。
He must be aware that he is now in the heaven that he is seeking to enter and that within his form of self is the ever present all-inclusive intelligence.

 

活動の原因や目的ばかりでなく、物体の構成についてもっと知ろうという、あらゆる人間の心のなかの絶え間なき衝動についての解答がここにある。なぜなら”父”が与えねばならないものすべてを人間が楽しむことができるように、果てしない可能事について”結果の子”にもっと多くを知らせようとしているのは”因なる両親”であるからだ。
Here lies the answer to the question as to the constant urge in the heart of every human to know more about the composition of forms as well as the cause and purpose of action, for it is the Cause Parent impressing the effective child to know more about the vast possibilities so that he may enjoy all that the Father has to give.

 



 



 


「信念」<< Prev | Next >>「感情のバランス」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)