アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

感情のバランス

感情のバランス
EMOTIONAL BALANCE

 

誰もが知っているように世界中には大きな不安が存在している。
As we all know there is a great unrest all over the world.

 

国家、家庭、個人の生活などに存在するさまざまの状態は、すべていま存在する均衡を失った有様をきわめて明らかに示している。
The conditions existing in the national, home, and personal life all display quite clearly the loss of equilibrium which now exists.

 

誰もが生活の保障の必要を感じていて、地球人はもっと安定した状態を生み出してくれるものを求めている。
Each individual feels the need for security and the people of the earth are demanding something that will bring about more stable conditions.

 

平等、バランスおよび生活が保障されたという気持ちを持ちたいという望みはある人々を教会ヘ復帰させ、新しい神の定めに関する解答のすべてを知っていると称する教師たちに多くの人々は追従している。
The desire for equality and balance and some feeling of assurance have caused some people to return to the churches and many to follow the teachers who profess to know all of the answers concerning the new dispensation.

 

しかし不幸にしてこの種の知識をそなえている人はほとんどいないのである。
Unfortunately there are extremely few individuals who are equipped with this type of knowledge.

 

われわれは、一人か二人の教師のもとに学んだ人たちはきわめて迷っていて、彼らが家庭と呼ばなければならないこの世に関して不満足の状態に生きていることを知っている。
We find that students who have studied under one teacher or another are very confused and living in a state of dissatisfaction concerning the world they must call home.

 

彼らは別な惑星の住人になる特権が与えられる日をあてにしている。
They are looking to the day when they will be privileged to become the inhabitant of another planet.

 

彼らはこの世界で美を見ることはできず、存在する苦痛と不幸だけを意識しているのである。
They can see no beauty in this world, being conscious only of the pain and misery which exists.

 

教師と学生たちは天と地とを分離させるという過失をおかしており、それゆえ一つの間違ったバランスから別な間違ったバランスヘと運ばれてきている。
Teacher and students have made the mistake of separating heaven and earth and so have been carried from one false balance to another.

 

しかし非個人的な人は天と地とを一体化させ、
The impersonal man will unite heaven and earth;

 

観念論と実際主義とを結合し、
will incorporate idealism and practicality;

 

天空の平安と美とを地上の物質主義にもたらすのである。
will bring the peace and beauty of the celestial into the concrete materialism of the earth.

 

現在この世界で楽しい有益な生活を送ることのできない人は、別な進歩した惑星ヘ行っても同じだということがわかるだろう。
Anyone who cannot live a happy useful life here in the present world will find it no easier in another world.

 

その息によってわれわれが生きている”父”とは、万物を支配している一つの”法則”だけを持っている。
The Father, by whose breath we live, has but one Law that governs all things.

 

”父”は万物を創造したようにこの地球をも創造した。そして同じ原理が地球の活動を支配しているのである。
He created this planet as He created all others, and the same principle directs its action.

 

宇宙のすべての惑星は原理に関して等しく、そして”法則”にしたがって生きる人にとって完全なるものの分裂はない。
All worlds in the cosmos are alike in principle and to one who lives according to the Law there is no division of perfection.

 

マタイによる福音書第五章三四節および三五節には分裂にたいして率直に述べられた訓戒がある。
In Matthew 5:34-35 is the admonition against division plainly given:

 

「しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。
"But I say unto you, Swear not at all;

 

天をさして誓うな、そこは
neither by heaven;

 

神の御座であるから。
for it is God's throne;

 

また地をさして誓うな、
nor by the earth;

 

そこは神の足台であるから。
for it is His footstool;

 

またエルサレムをさして誓うな、
neither by Jerusalem;

 

それは『大王の都』であるから」
for it is the city of the great King.

 

因の揚である天、結果の場である地、および地球の住民をあらわすために象徴的に用いられた言葉エルサレムなど、これらは一つだけが他よりも偉大だとはいえないのである。
Neither heaven, the place of cause, nor earth, the place of effects, nor Jerusalem; symbolically used to represent the earth's inhabitants, can be called one greater than the other.

 

この教えは差別したり、または一部を全体よりもすぐれていると称したりすることにたいして与えられたものである。
These instructions were given against discriminating or calling one part better than the whole.

 

天と地とは二つのものではなくて一体なのであり、その一方が他方を表現しているのである。
Heaven and earth are not two but one, each expressing the other;

 

人間は弱小なものではない。人間はこの両者であり、”全体”のなかの欠くべからざる一部であるからだ。
man is no lesser for he is both, an integral part of the Whole.

 

分裂というのは人間が甲を乙よりも偉大だと称する意見のなかにのみ存在する。というのは、そうすることにおいて人間は他を裁いていて自分を”創造主”の上位に置いているからだ。
Divisions exist only in man's opinions when he calls one greater than the other, for in so doing he is judging and setting himself above the Creator.

 

天から原因と創造の力が来る。そして”父”の御座である地は”父”が立つための土台である。
From the heavens comes the cause and power of creation and yet the earth, being the Father's footstool, it is the foundation upon which He stands.

 

それで、人間はどこか他の場所で生きることを望むかわりに、地球上にあるすべての物は現在の地球という家庭に関して知るためのものであることを悟り、そしてその家庭を美しい神聖なもののある庭、”父”の真の庭として認めなければならない。
So instead of desiring to live elsewhere one should learn all there is to know concerning his present earth home and recognize it as a garden of beautiful, heavenly things, the actual garden of the Father.

 

生まれつきあらゆる人間は自分が見い出そうと努力しているある理想的な生活を意識している。しかも各人はその天国のような生活が自分の設計図通りにあってほしいのだ。
Innately every human feels an ideal life that he is seeking to find but each individual wants this heaven to be according to his specifications.

 

多くのグループが高い理想をかかげて出発しているが、そのメンバーたちのだれかのエゴによって出された個人的な意見が認められなかった場合は、その理想は感情の相違という霧のなかに失われるのである。
Many groups have started with high ideals but when the personal opinions prompted by the ego of some of its members have not been accepted the ideal was lost in the fog of emotional differences.

 

人間を形あるものとして表現させている絶え間なき生命の火花は、”宇宙の因”からけっして分離してはいない。
The everlasting spark of life which allows man to express as a form is never separated from Cosmic Cause;

 

人間が皮相的な現象を超えて考えようとしてその肉体の心をコントロールするときに、人間は生命の目的を理解し始め、感情のバランスという利益を得るのである。
when man controls his mortal sense mind to think beyond apparent effects he begins to understand the purpose of life and gain a margin of emotional balance.

 

個人の意志が他人の意志によって邪魔されるときに心に起こる感情の力はきわめて破壊的である。というのはその力が本人をアンバランスな行為の渦巻きのなかヘ引っ張り込み、本人は真実にたいして盲目となるからである。
The emotional force which rises in the mind when one's will is crossed by another's is very destructive for it draws the actor into a whirlpool of unbalanced action, and he is blinded to reality.

 

人間が現実に人間として存在するすべては、本人がチラリと意識的に知覚する想念である。
All that man is in reality - is the thought that he is consciously aware of for the moment.

 

各瞬間はその前の瞬間に続くのである。そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである。そうすればその次の想念は、自分の心という家屋のなかに安心して住まわせることのできるような想念になるだろう。
Each moment follows the preceding moment and the key, if there be one, is to keep constant vigil over our reactions so that the next thought will be one that we can enjoy entertaining in our mental house.

 

個人的な意見の上ではあまりに多くの口論が行なわれているが、それが人間にどれほどの利益をもたらすだろう。
There is so much bickering over personal opinions, and what does it profit man?

 

何にもなりはしない。それは時間と労力の消費なのだ。
Nothing, for it is a consumer of time and energy.

 

このことはある問題について知的な討論があってはならないというのではなく、肉体の心が静まってその感受性が鋭敏になるとき、心は状態を明瞭に見ることができるという意味である。
This does not mean that there should not be an intelligent discussion about a subject but when the mortal sense mind is quiet and receptive it can see the picture clearly.

 

もし人間がいつまでも楽しく健康でありたいならば、あらゆる状態のもとで保たれる感情のバランスが重要なものとなる。
Emotional balance maintained under all conditions is essential if one wishes to have lasting happiness and good health.

 

感情が極端になればそれはいずれも肉体の化学物質の正常な振動作用を妨害する。
Any emotional extreme disturbs the normal frequency action of the chemicals of the body.

 

興奮というものは、それが極端な喜び、恐怖、期待のいずれによってひき起こされるにせよ、血液中に入るある物質の正常な量を変化させ、
Excitement, whether it be caused by extreme joy or fear or anticipation, allows the normal amount of certain chemicals that go into the blood stream to be changed;

 

それによって心臓の正常な働きを変化させるのである。
thereby changing the normal action of the heart.

 

これはさらに神経系統や肉体細胞にも影響をおよぼし、本人に衰弱または病気を感じさせることになるのだ。
This in turn affects the nervous system and the cells of the body and causes one to feel weak or ill.

 

この変化は、正しく同時運動が行なわれない場合に、部品のすべてに摩擦によって摩滅状態を起こす高精密モーターの場合に似ている。
This change is similar to a high precision motor that causes a frictional deterioration on all of its parts when it is not properly synchronized.

 

肉体の感覚器官の知性がその狭い破壊的な影響に気づくようになり、その個人的なエゴを”宇宙の生命力”ヘ譲り渡すまでは、感情のアンバランスのいずれも、自由な生命が溢れ出るのをせきとめて、肉体に損傷を起こすのである。
Each emotional unbalance curtails the free life flow and causes damage to the body, until the mortal sense intelligence comes to the realization of its limited and destructive influence and releases its personal ego to the Cosmic Life Force.

 



 




 


「真の生まれ変わり」<< Prev | Next >>「自由意志か自己催眠か」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)