アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

弛緩(リラクセーション)

弛緩(リラクゼーション)
RELAXATION

 

肉体的精神的な安らぎを得るための最良の方法の一つは、心身をリラックスさせる(くつろがせる)能力を発達させることである。
One of the most ascribed methods of attaining physical and mental well-being is the development of the ability to relax.

 

心理学、医学、スポーツなどのすべては、肉体が緊張していない場合に得られる有益な結果(複数)を認めている。しかし一般人は意のままにリラックスすることを困難に感じている。
Psychology, medical science, athletes, etc., all acknowledge the beneficial results obtained when the body is not tense, but the average individual finds it difficult to relax at will.

 

弛緩に関しては誤った考え方が行なわれていると思う。
I believe that there is a misconception regarding relaxation.

 

それは不活動の状態だとよく考えられていて、人々は次のように言う。「私はからだを休める時間がない。
It is often thought of as a state of inertia, and people will be heard to remark, "Oh,I haven't time to relax;

 

仕事のために絶えず忙しいのだ」
my work keeps me busy every minute."

 

もし弛緩がほんとうに理解されれば、右のような人はいわゆる休息しているときよりも仕事中のほうにもっと大きな弛緩があることに気づくだろう。
If relaxation were truly understood such ones would realize that there is ofttimes much greater relaxation in work than in so-called periods of rest.

 

自然の法則は目的ある行為を要求している。もし人が自分の仕事に大きな関心を持つならば、本人は、用いられるのを常に持っているエネルギーの自由な表現にたいして開いた径路になるのである。
The law of nature demands purposeful action and if a person is intensely interested in his work he is making of himself an open channel for the free expression of energy which is always waiting to be used.

 

言いかえれば、何か特別な仕事に夢中になっている人は、自由に流出するエネルギーにたいする通常の肉体の抵抗を起こすことを忘れており、それゆえ自分をその恩恵にたいして自動的に開いているのである。
In other words, a person who has lost himself in some particular piece of work forgets to set up the usual mortal resistance to free-flowing energy and so opens himself automatically to its benefits.

 

弛緩は、調和した、抵抗のない活動を再開する過程として応用されねばならない。
Relaxation should be used as a process of reestablishing harmonious, non-resistant action;

 

それはキリストの次の言葉をあらわすほんとうの方法である。「私の意志ではなく父の意志が行なわれるのだ」
the true way of expressing those words of the Christ, "Not my will but Thy Will be done."

 

弛緩は不活動ではない!
Relaxation is not inertia!

 

人はきわめて平静になることはできるが、しかしそれはまだ弛緩ではない。
A person may be very quiet and still not be relaxed.

 

昏睡の状態になることはできるし、それが弛緩だと解釈されるかもしれないが、そのような状態は釣合を失うことによってひき起こされる結果にほかならないのであって、それは肉体細胞の振動を低下させて細胞を中途半端な昏睡状態にするのである。
It is possible to be in a state of lethargy which may be interpreted as relaxation but such a condition is no more than the effect produced by loss of equilibrium which lowers the frequency of the body cells and puts them in a state of partial coma.

 

このような状態は実際には破壊的であるから避ける必要がある。
Such a condition is to be avoided for it is actually destructive.

 

弛緩は心の真空状態をつくり出すことや活動の中止を意味するものではない。
Relaxation does not include the creation of a mental vacuum or the cessation of action.

 

それは宇宙のより大いなる活動にたいして肉体の意識が自らを解放する手段であり、ゆえに肉体のいかなる部分にも休止の状態を起こしてはならないし、起こすこともできないのである。
It is the means by which the mortal consciousness releases itself to the greater action of the Cosmos and therefore should not and cannot produce a dormant condition in any part of the body.

 

もし人が自己の内部に起こっているもっと精妙な激しい活動に気づかなければ本人はリラックスしているのではなくて、ただ無関心の状態におちいっているということになるのである。
If a person is not aware of a finer and more intense activity taking place within his being he can assure himself that he is not relaxed but has merely dropped into a state of indifference.

 

人は一種の自己催眠によって肉体を静めることはできるが、これは弛緩ではない。これは肉体の諸要素の自由な活動を破壊するからである。
A person may quiet the body through a form of self-hypnosis, but this is not relaxation, for it destroys the free action of the body elements.

 

肉体は微小な細胞から成っていて、各細胞には無限に放出できる潜在エネルギーの生気がある。
The body is composed of tiny cells in each of which there is a spark of potential energy capable of unlimited radiation.

 

この生気すなわち核は肉体に活気を与えるエネルギーであるが、この中心をかこむ分子(複数)が大体において緊張した状態に保たれているために、それらは内部のエネルギーにたいする障壁または抵抗器として作用する。
This spark or nucleus within each cell is the animating energy of the body, but because the particles surrounding this central force are generally held in the tense state they act as barriers or resisters to the energy within.

 

ところがこの緊張状態が解き放たれると、各細胞を構成しているその外側の物質は中心のエネルギーにたいして受容的となり、透過力の作用によって高振動化するのである。
When this tense condition is released the outer substance composing each cell becomes receptive to the energy at its center and is set into a higher frequency through the action of the interpenetrating force.

 

弛緩は細胞間相互の抵抗を除くことによって、肉体内の摩擦を滅少させるのである。
Relaxation reduces the friction within the body by eliminating the resistance of one cell-form to another.

 

たとえば多数の魚が非常に小さな鉢のなかに入れられると、魚たちのあいだに避け得られない接触が起こるために絶え間のない摩擦が生じ、鉢のなかの混雑した状態によって各魚の活動は互いに妨害される。
For instance, if a large number of fish were placed in a very small bowl there would be constant friction due to the inevitable contact between them, and the action of each would be retarded because of the congested condition existing within the bowl;

 

しかしこの魚たちを大きな池のなかヘ放ってやれば、それらは互いに衡突することなしに楽に泳ぎまわる。
but if these same fish were released into a large pool they would swim about easily without interference with one another.

 

魚たちは自分らが持っている潜在エネルギーを放出する状態におかれたわけである。
They would be in a position to use the potential energy which they possess.

 

肉体の細胞群もこれと同様に作用する。そして細胞の目的を自由に遂行するようにその細胞群を解放するのは”肉体”の心なのである。
The cells in the body act in the same manner and it is the mortal sense mind which must release them for free execution of their purpose.

 

一般の人は自分が自分自身の意見によっていかに完全に束縛され、制限されているかという事実に気づいていない。
The average individual does not realize how completely he is bound and limited by his own opinions.

 

緊張は全く個人的なエゴによってひき起こされる状態である。
Tenseness is wholly a condition caused by the personal ego;

 

すなわち所有欲、貪欲、恐怖、野心などのすべてが肉体的に固定した強情な状態を生み出すのだ。
possessiveness, greed, fear, covetousness and self desires all produce a set and unyielding condition within the body.

 

きわめて頑固な性質の人は弛緩を最も困難なことだと感じるが、それは弛緩が解放と無抵抗から成っているからである。
The person who is of a very positive nature finds relaxation a most difficult accomplishment, for relaxation consists of releasement and non-resistance.

 

それは常に保たれねばならない自然の状態であるが、利己的な利害のみに熱中している人はその状態を保つことはできない。
It is a natural state of being which should be maintained at all times but cannot be held by one who is absorbed in self interest only.

 

最初、人間は満足と弛緩の状態で生きていた。人間は”汝のもの”と”わがもの”の区別を知らなかったからである。人間は”父”によって完全に導かれていた。そして人間の意識的な想念のいずれもその純粋な知覚の状態で自由に完全に遂行された。
In the beginning, man dwelt in the state of contentment and relaxation for he knew no "thine and mine"he was guided totally by the Father and his every conscious thought was executed freely and perfectly in its pure state of perception.

 

ところが人間が緊張するようになったのは自由な活動にたいする抵抗をつくり上げたときであった。
It was only when man set up resistance to free-action that he became tense;

 

その結果起こるのは苦痛、病気、および死である。
the results of which are pain, disease and death.

 

弛緩の状態になると、頼ろうとするすべての人を符ち受けている無限の意識的エネルギーにたいして人は柔軟になり受容的になる。
When relaxed one is flexible and receptive to unlimited conscious energy which is free to all who draw upon it.

 

生命とエネルギーは無限なものであるが、われわれは自分が受け入れようとするだけの生命とエネルギーを受け入れているにすぎない。
Life and energy are limitless but we can have only as much as we are willing to accept.

 

金星の人々はこの法則のもとに生きているので、われわれが地上で耐えねばならないようなさまざまの不愉快な状態に直面することはない。
The people on Venus live this law and thereby do not have to endure the unpleasant conditions that we must contend with on earth.

 

人間は生命の充実を表現することはできるが、それを自分を通じて表現させたいのなら宇宙のエネルギーにたいして無抵抗の状態にならねばならない。
Man is capable of expressing the fullness of life but he must become non-resistant to cosmic energy if he would have it express through him.

 

人間は個人のエゴを高めることによって行動のほんとうの針路を失っている。
He has lost the true course of action by exalting the personal ego;

 

あらゆる物事の成就は個人的な努力によって達成されると思い込む習慣を身につけてしまったのである。
he has created the habit of believing that all accomplishment is brought about through the exertion of personal effort.

 

本来ならば全く自然の有様で起こってくる状態(複数)を、力づくめで起こそうとすることによって、自分を不必要に疲れさせるのである。
He fatigues himself unnecessarily by trying to force conditions which will come about perfectly in a natural way if allowed to do so.

 

個人の優越的態度のために多くのエネルギーが浪費されている。
Much energy is wasted because of personal dominance.

 

非個人的な無抵抗がエネルギーの自由な流出を起こさせるということや、平安さのなかにこそ、摩擦の場合よりももっと激しい活動があるということなどを、肉体人間が理解するのはむつかしいのである。
It is difficult for the mortal to understand that impersonal non-resistance allows a free flow of energy, that in peace there is more intense activity than in friction.

 

人間は全く低次な粗雑な振動に気づくようになってしまったため、精妙な、もっと静かな平安な状態における活動に気づくことはできない。
Man has become so aware of the coarser frequencies that he cannot realize action in its finer, more quiet and peaceful state.

 

無抵抗な受容的な態度で生きる人は真実の幸福の道を見い出している。本人は疲れや苦痛や失望などを知らないからである。
One who does live the nonresistant, receptive attitude has found the highway of true happiness, for he knows no fatigue, no pain, no disappointment.

 

肉体的な活動を行なう際は奮闘しなければならないとか、すぐれた物事を達成するためには個人的なものすごい努力の跡を見せねばならないといった考え方は誤った信念である。
The idea that one must become strenuous in outward action or must display an appearance of great personal effort in order to accomplish outstanding things is a false belief.

 

最高の達成の高所に到達する人とは、自己の諸活動のすべてを静穏な安らかな状態にとどめて、自分は英知の扇動者または投影者なのではなくて、その英知を現象の世界に流出せしめるための”もの”にすぎないという事実を認める人である。
The person who reaches the greatest heights of accomplishment is he who holds all of his actions in a serene and peaceful state, recognizing the fact that he is not the instigator or projector of intelligence but only the form through which it flows into manifestation;

 

活動にたいして感受者が清澄になればなるほどその活動は大きくなるのである。
and the more fully the recipient is cleared for action the greater the action will be.

 

われわれの生活により多くのエネルギーと知恵をもたらすのは、個人的な意志の行使ではなくて個人を非個人的な意志のほうヘ解放することである。
It is not the exertion of the personal will but the releasement of the personal to the impersonal will which brings increased energy and wisdom into our lives.

 

われわれは”利己”主義なる障壁を取り除きさえすればよいのだ。そうすれば理解の大波がわれわれ自身に流れ込んで来て、やがてわれわれはその大波の活動のなかに浸るようになるのである。
We need only to remove the barrier of "self"-ishness and a tide of understanding will flow in and through our being until we become immersed in its activity.

 




 




 


「自由意志か自己催眠か」<< Prev | Next >>「宇宙の言語」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)