アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

過去の文明

過去の文明
PAST CIVILIZATIONS

 

私は最近レムリアとトリテリア民族の記事を読みなおしたので、読者がどのような興味を持たれるか知らないが、とにかくそれについてお伝えすることにしよう。
I have recently reread the accounts of Lemuria and the Triterian race, and will give them to you for whatever points of interest you may find in them.

 

他の惑星(複数)から来た友人たちが私に語ったところによると、現在彼らの惑星に住んでいる人々の多くはかつて地球上に住んだことがあるという。
My friends from other planets have told me that many of the people living on their planet at present have lived upon the earth.

 

よくアカシック・レコードといわれる宇宙の記憶の書には、無数の年月を通じて行なわれてきた活動の物語が収められている。
In the cosmic book of memory, often referred to as the Akashic Records, there lies the story of action as it has passed through milleniums of time.

 

絶えず活動する意識の指は、あらゆる運動と現象の明白な破壊できない型を”宇宙の基本的な実体”の上に記している。
The ever-active fingers of consciousness have inscribed upon the Primal Essence of the Cosmos the indisputable and indestructible pattern of all motion and manifestation.

 

石碑や羊皮紙や紙などに書かれた人類の歴史は存在物の限りある記録にすぎず、そのため容易に失われて未来の世代の知識にならないのであるが、”宇宙の記録”は永遠の建造物であって、その必要な記録を読むことのできる人は生命の歴史における頁を失うことはないのである。
The history of man as written upon the tablets of stone or upon parchment or paper is but a limited record of existence and is easily lost to the knowledge of future generations, but the Cosmic Record is a permanent structure and he who is able to read therefrom need have no missing pages in the history of life.

 

万人に開かれるだろうと聖典がわれわれに語っているその”記憶の書”から、われわれは太平洋の暗黒の海底に沈んだあの謎の大陸レムリアの物語を読んでいる。
Out of the Book of Memory, which the scriptures tell you shall be opened unto all, we have read the story of Lemuria, that mysterious land which sank beneath the dark waters of the Pacific Ocean.

 

レムリアは太平洋の諸島──ハワイ、イースター諸島、ニュージーランド、フィリピン、その他小さな群島のほとんどを含む広大な大陸であった(訳註=レムリアはムー大陸と同じもの)。
Lemuria was a vast continent which included most of the islands of the Pacific - Hawaii, the Easter lslands, New Zealand, the Philippines and other smaller island groups.

 

これらの諸島は現在沈下しているかつての大陸の最高の山々の峰であった。
These islands were at one time the highest mountain peaks of the now submerged land.

 

レムリアはかつて世界の文明国であった。その住民は高い教養を持ち、原因と結果についてすぐれた知識を有していた。
Lemuria was at one time a civilized part of the world; her people were highly cultured and possessed advanced knowledge of cause and effects.

 

彼らは自我のためでなく”全体”のために生き、万物を”宇宙の英知”の表現とみなした。
They lived not for self but for the All, recognizing each form as the expresser of Cosmic Intelligence.

 

各人は自分自身が宇宙の力の召使いであることを知っていた。
Each individual knew himself as a servant of the universal force.

 

彼らは一個人が他人よりもすぐれているとか、ある仕事が他の仕事よりも重要であるというような考えを持つことなしに、おだやかな態度で自己の義務を遂行した。
They went about their duties in a peaceful manner without thought of one man being greater than another, or of one piece of work being more important than the rest.

 

彼らのあいだに嫉拓や貧欲は存在しなかった。すなわちレムリア大陸は不和を知らず、平等のゆきわたった幸福な一大家族の家であったのである。
No jealousy or greed existed among them - Lemurian land was the home of one happy family where discord was unknown and equality reigned.

 

レムリア人は褐色の皮膚をもつ人種で、その平均身長は約一六〇センチであったが、ときには巨人もあらわれた。
The Lemurians were of the brown race and their average height was about five feet three inches, while here and there a giant would appear.

 

現代のアラスカ人は他のいかなる民族よりもレムリア人に似ている。
The Alaskans of today resemble them more closely than any other race.

 

彼らはきわめて勤勉で活動的な人種であり、高度の感受性と直感力とを持っていた。
They were a very industrious and active people, highly sensitive and intuitive.

 

彼らはメンタル・テレパシーの方法によって互いに会話を交わすことができたし、後らの活動は主として自己の実体の有するより大きな英知によって導かれたので、驚くべき業績をあげることができた。
They were able to converse with each other through a form of mental telepathy and their actions were mainly guided by the greater intelligence of their being so they were able to obtain marvelous results.

 

また宇宙の科学において高度に進歩していた。そして活動の諸法則に関する理解によって、地球の諸元素にたいする素晴らしい支配力を持っていたのである。
They were highly advanced in the science of the cosmos and through their understanding of the laws of action they had a remarkable control over the elements of the earth.

 

彼らの鋭敏な感覚のために地中の鉱物は発見されたし、元素のすべては利用された。
Because of their alerted feeling the minerals in the earth were not hidden from them and they made use of all of the elements.

 

彼らの建築様式と芸術作品は構造と美において素晴らしいものであった。
Their architecture and works of art were magnificent in structure and beauty.

 

彼らの寺院は礼拝用というよりむしろ彼らが日常の活動で奉仕した”全能の力”にたいして棒げられた美の記念碑であった。
Their temples were not so much for worship as they were a monument of beauty dedicated to the All-Power whom they served in their daily actions.

 

この古代の民族は中ヘ入って礼拝すべき寺院というものを必要としなかったためである。すなわち、彼らは自己の内部や地上の生きものすべての内部に宿る”全能の実体”を認識していたのである。
For these ancient people needed no temple in which to worship - they recognized the All-Being dwelling in themselves and in every form of life upon the earth.

 

当初彼らの理想主義は人間のなかにあらわれているとされた神の徳であった。そしてこの理想主義のために彼らは現代人に知られていない力(複数)を与えられていた。
Their idealism in the beginning was the virtue of God which was meant to be expressed in man, and because of this idealism they were bestowed with powers unknown to man today.

 

レムリア人は自然の諸法則を濫用したり誤用したりはしなかった。そして彼らがその帝国を建設していたあいだ、それは地上における実際の天国であった。
The Lemurians did not abuse or misuse the laws of nature and while they were building up their empire it was an actual heaven upon earth.

 

しかし事実上あらゆる文明と同様に、彼らはやがて没落したのである。
But like practically all civilizations they had their downfall in time.

 

徳性は貧欲と利己主義のなかに失われてしまい、その末期は現代の文明と異ならなかった。
Virtue became lost in greed and selfishness, and towards the end of their existence they were no different than the present civilization.

 

ついに自然が介入してその大陸は太平洋の海底に沈んだのである。
At last nature took a hand and sunk the land beneath the waters of the Pacific ocean.

 

レムリア人の黄金時代はほぼ三〇〇〇年続いている。
The Golden Age of the Lemurians lasted for approximately three thousand years.

 

この期間中にレムリア人はエジプトおよびアジア各国のすべてと接触したが、レムリアが世界の他の国々から来た利己的な民族によって侵略されたのはその一〇〇〇年単位の歴史の第四期になってからである。
During this time they were in contact with Egypt and in fact all of the Asiatic countries but it was not until the fourth of the thousand year periods that their country was invaded by self-seeking individuals from other parts of the world.

 

当時、ギリシャ、ローマとして知られている地域から来た人々がいて、レムリアに定着したのである。
At that time there were people who came from the territory that is now known as Greece and Rome and settled in Lemuria.

 

この人々は軽薄な種族だったが、レムリア人の信用を得て互いに結婚し合い、しだいにこの幸福な民族の清純な思想を汚していった。
These people were of the lighter races; they won the confidence of the Lemurians, intermarried with them and gradually perverted the pure thought of the happy people.

 

この異分子はゆっくりとレムリアの支配権を握ったのである。
This foreign element slowly took upon themselves the rulership of Lemuria.

 

彼らは無情な恐ろしい支配者で、富と権力を求めて貧欲であった。
They were hard, fearful rulers and greedy for wealth and power.

 

彼らは偏好を示しはじめ、レムリア人の心に不平等の思想をしみ込ませ始めたのである。
They began to show favoritism and to instill in the minds of the Lemurians the thought of inequality.

 

その民族がかつては活動を愛したがために互いに奉仕しあった土地で、今や彼らは少数者を富ませ、それに権力を与えることを強いられた。
Where the people had once served each other for the love of action they were now forced to serve to enrich and empower the few.

 

彼らは謀反と利己主義と貧欲の意味を知った──これらはそれまでけっして彼らのあいだに存在しなかったものである。
They learned the meaning of rebellion and selfishness and greed - those things which had never before found place among them.

 

彼らは範を支配者に仰ぐことや”全体”のかわりに自我のために働くことを知った。
They learned to follow the example of their rulers and work for self instead of the All.

 

彼らは自己の創造主の導きにたいして自己を閉ざし、肉体という表現径路に方向を転じたのである。
They closed themselves to the guidance of their creator and turned into the mortal channel of expression.

 

これは数百年間続いたが、ついに自然の力は彼らのアンバランスな状態にたいして代償を要求した。苦痛という代慣である。
This went on for several hundred years until at last the forces of nature demanded payment for their unbalanced conditions - the payment of suffering.

 

もしこのアンバランスな状態を続けるならば未来に破壊が起こるという警告を与えられたが、彼らはそれを心に留めなかった。そこで自然力は彼らにそむいたのである。
They were given warnings of their future destruction if they continued in their unbalanced state but they heeded them not, so the elements turned against them.

 

大地は彼らの足元で揺れはじめた。
The earth became unsteady beneath their feet;

 

津波は沿岸を洗い流し、最後に大地震が全レムリアを襲った。
tidal waves swept their shores and eventually a steady trembling took hold of the entire Lemurian country.

 

約七カ月のあいだこの地震は続いて次第に大陸は沈み始めた。
For approximately seven months the earthquakes continued and gradually the land began to sink.

 

海水が押し寄せて、かつての天国のごとき王国を覆い、こうして一つの文明が失われたのである。
The waters rushed in and covered the one-time Heavenly kingdom and another civilization was lost."

 

この地震と大陸の沈下は自然の諸原因によるものであった。
The earthquakes and the sinking of the continent were due to natural causes.

 

地表の変化が一定の期間ごとに来たけれども、レムリアの人々は有限の結果の世界にひたりきるようになっていたため、自然界から与えられた警告に注意を払わなかったのである。
A shift or change of the surface of the earth comes at certain intervals, but the people of Lemuria had become so emersed in the mortal world of effects that they paid no attention to the warnings given by nature.

 

もし彼らがその徴侯に気づいていたならば、安全な地帯ヘ移動することができたであろう。
Had they been alerted to these signs they could have moved to safer territory.

 

いかなる民族のバイブルのなかにも、一つの創造の物語と人間が完全な状態で生きたという一種のエデンに関する示唆とがある。しかしそれは結局示唆にすぎず、人類はそれを現在の状態における人間の進歩に何らの影響もない一篤の美しい神話だとしか考えなかった。
In the bible of every race there is an account of creation and the suggestion of an Eden where man dwelt in the perfect state of being, but there is little more than the suggestion and it has been accepted by humankind as a beautiful bit of mythology that has an indifferent effect upon the progress of man in his present state of being.

 

しかし意識という年代記のなかには、神のごとき人々とそのエデン的な国を持った、ある種族に関する事実が秘められている。
In the annals of consciousness, however, is revealed the truth concerning a race of God-men and their Edenic homeland.

 

この文明人はトリテリア民族と呼ばれた。そしてこの局族の記憶から古代ギリシャのトリトン神なるものが生じたのである(訳註=ギリシャ神話に出て来る海王ポセイドンの子で、ホラ貝を次いて波を静める半人半魚神。後には海神たちに仕える半人半魚の小神をさしていった)。
This civilization was called the Triterian race and from the memory of those people rose the Triton God of the early Greeks.

 

このギリシャの神は半人半魚として描かれたが、それはトリテリア族を”波の人々”と語っている宇宙の記録と一致するものである。
This Grecian god was pictured as half man and half fish, symbolically corresponding with the cosmic record which speaks of the Triterions as the "people of the waves."

 

もちろん彼らは半人半魚ではなくて水と大地の両方の支配者であった。
They were not, of course, half man and half fish but they were the masters of both the waters and the earth.

 

理想主義者はときとして完全な人間を霊的な実体として描き、天上の栄光の世界にのみ住んでいて、自然の法則に釘ち勝つ力を持っていると考えてきた。しかし、われわれにはトリテリア族が肉体を持って地上に生きた人間で、自然の法則に完全に協力した人々であることがわかっている。
Idealists have ofttimes visualized the perfect man as an etheric being who dwelt only in the planes of celestial glory and had powers to overcome the Jaws of nature, but we find the Triterians to be dwelling on the earth in physical bodies and cooperating fully with the laws of nature.

 

彼らは体の大きな人々で、その皮膚はわれわれの銅またはサビ色にたとえてよいだろう(訳註=黒人の一種)。おそらく当時地上に降り注いだ太陽光線の激烈さによってそのような色になったものと思われる。
These were large people and their color may be likened to our bronze or rust, which was probably caused by the intensity of the sun's rays which shone upon the earth at that time.

 

この偉大な民族は宇宙人であった。そして彼らが地球上の体験を得ながらすごしていたあいだ、彼らは自身を”全体”から分離させなかった。
These master-men were cosmic beings and during the time they spent in gaining their earthly experience they did not once separate themselves from the Totality.

 

彼らは現代人がやっているような地球の元素を研究したが、元素の現象化の原因を理解していた。
They worked with the elements of the earth as men work with them today but they understood the cause of their manifestations.

 

彼らは物質の知識を得るためにこの太陽系ヘ派遣されて来て、”因なる英知”の指導のもとにこれをなしとげたのである。
They were sent to this solar system to partake of the knowledge of matter and this they did under the guidance of Cause Intelligence.

 

彼らにとってこれをなすのは容易なことであった。あらゆる活動を支配する自然の法則を知っていたからであり、また悪用することなしに自らの知識を応用できるほどに賢明であったからである。
This was easy for them to do for they were aware of the natural laws governing all action and they were wise enough to use their knowledge without perversion.

 

”親和の法則”はこの人々に何らの神秘感をも起こさせなかった。そして諸元素は完全に彼らの命令にしたがったのである。
The Law of Affinity held no mystery for these people and the elements obeyed their commands to the fullest.

 

地球はエデン的な美の完全な表現であった。
The earth was a perfect expression of Edenic beauty.

 

トリテリア人は現代に行なわれているような宗教を持たなかった。彼らは科学者の民族であった。
The Triterians had no religion as it is accepted today ─ they were a race of scientists, for they worked not on supposition or myth but on facts.

 

想像や神話でなく事実にもとづいて活動したからである。彼らは神々を持たず、”全英知なる力”を認めて、自身をその表現者とみなした。
They had no gods but recognized the all-intelligent force and themselves as expressers of it.

 

また彼らは原因と結果を理解していたために肉体の心が創造主を裁くような誤りを犯すことはしなかった。
They did not make the mistake of allowing their mortal mind to judge the creator for they understood cause and effect.

 

自分たちと宇宙の意識のあいだに分裂感を起こすこともなかった。
They gave no thought to any division between themselves and the cosmic consciousness;

 

彼らは自由と成就の確信とをもって活動したのである。
they acted with a freedom and assurance of results.

 

それゆえ生活は平安で調和に満ちていた。
Therefore life was peaceful and harmonious.

 

彼らは神々や悪魔に縛られることはなかった。彼らの唯一の知覚の状態は宇宙の意識と一体化した知覚状態であったからである。
They were not bound by gods or devils for their only state of awareness was that of interblended action.

 

創造における二元性の必要性を認めたが、その力を善と悪とに分けることはしなかった。
They recognized the necessity of duality in creation but they did not separate the force into good and evil.

 

生命力にたいする摩擦や抵抗がなかったために彼らの肉体は常に若さを保ち、われわれが知っているような死は存在しなかった。
Due to the lack of friction or resistance to the life force their bodies remained always youthful and death as we know it did not exist.

 

地球のこの”修士”たちのあいだには貧欲や利己主義はなかった。
There was no greed or selfishness among these masters of the earth.

 

(今日の言葉でいえば、彼らはあらゆる学科において修士の学位を得ていたといえるだろう)
(In our terms of today we could say that they had achieved their Master's Degree in every subject.)

 

彼らは宇宙の物質は制限がなく破壊もできないこと、だからあらゆる必要を満たすには常に充分であることを知っていた。
They knew that the substance of the universe is unlimited and indestructible and that there would always be sufficient to meet every need.

 

物質的な富の蓄積にふける者もいなかった。
No man among them engaged himself in the accumulation of material wealth.

 

現在トリテリア人の子孫はいない。彼らはこの地球上で一定の期間奉仕した後、他の太陽系ヘ宇宙船で運ばれたからである。
There are no descendants of the Triterians, for they served their destined time on this planet earth and were transferred by space craft to another solar system.

 

これは聖書時代に先立って地上に住んだ種族である。
This is the race which dwelt upon the earth prior to the Biblical records.

 

人類の堕落はレムリア人の出現までは起こらなかった。
The fall of man was not brought about until the advent of the Lemurian race.

 

トリテリア人は純潔な状態で地球を去って行き、より大いなる奉仕に近づいていったが、彼らのあとに出現した各種族のすべては現在に至るも宇宙の生得権を取り返すために努力しているのである。
The Triterians left the earth in a virgin state and went on for greater service, but all of the races who followed them are still endeavoring to regain their cosmic birthright.

 

トリテリア人は直感力と従順さとによって宇宙を探究したが、
The Triterians worked with the cosmos through intuition and obedience;

 

他の種族は苦痛と結果(現象)の観察とによって自己の知覚力を得ることを選んできた。
the other races have chosen to gain their perception through suffering and the observation of effects;

 

そして肉体人間としての考え方の束縛のなかに生きているのである。
living in the bondage of mortal concepts.

 

われわれがもう一度あらゆる生命の一体性に目覚めるならば、われの天性ヘの復掃は人のそれと同様に栄光あるものとなるだろう!
Our return to our natural heritage shall be as glorious as that of the Triterians if we allow ourselves to awaken once more into the unification of all life!

 

異星人が私に語ったところによると、地球上の諸文明に関する記録が彼らの惑星に保存してあり、またレムリアとトリテリアに関する右の説明は正しいということである。
The Brothers have told me that they have records that have been kept on their planet regarding the civilizations on the earth, and that these accounts of Lemuria and Triteria are correct.

 





 






 


「古代の知恵か現代の進化か」<< Prev | Next >>「リンゴの木の寓話」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)