アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

おわりに(結論)

おわりに(結諭)
CONCLUSION

 

世界中の人々の古くさい思想は急速に変化しつつある。
The old accepted thought patterns of people all over the world are changing rapidly.

 

恵まれない人々は平和と、生活のよき物事を楽しんでいる人たちとの平等の権利を主張している。
The underprivileged are crying for peace and equal rights with those who have enjoyed the good things of life.

 

地球という天体すらもその姿勢を変えつつあり、この惑星上に種々の影響を与えている。
Even the orb of earth is shifting her position and yielding to the influences that are playing upon her body.

 

この変動にはなにも恐るべきものや不可思議なものはない。それはあらゆる周期の変わり目において、地球や住民が感じる一つの衝動なのである。
There is nothing awesome or supernatural in this change, it is an urge that is felt by the earth and the inhabitants upon it at the change of every cycle.

 

われわれは宇宙時代にいる。それで太陽系家族の一員としてのわれわれの場所を設けるために、自分勝手な意見は立ち去って席をあけなければならない。
We are in the Space Age and many of man's egotistical opinions will have to go to make room for our place as a member of the interplanetary family.

 

もろもろの説は事実に置きかえられ、われわれの知覚力は種々の可能性や生命の目的をわずかながらも把握するように広げられるだろう。
Theories will be replaced with facts, and our perception will be broadened to encompass, to even so small a degree, the possibilities and purpose of life.

 

他の惑星群から人間が地球ヘ来ているという事実を認めてきた人々は、この惑星人たちにしきりに会いたがっていて、ニセ宇宙人とホンモノとをどうして見分ければよいのかと迷っている。
Those who have accepted the reality of visitors from other planets are most desirous to meet these people and wonder how they can tell the real ones from the imposters.

 

実際、人々は迷うかもしれない。はるかなる他の惑星から来るわれらの新しき友は、非個人的な感覚を意識的に知覚する人によってのみ感知されるからである。
And the people may truly wonder, for our new friends will be recognized only by those who are consciously alerted to impersonal feelings;

 

彼らは街路で見られる一般地球人と似ているために、個人的な外観では見分けがつかない。しかし全く非個人的な、他人にたいする非難を含まない彼らの言葉によって見分けがつくかもしれない。
they will not be recognized by their personal appearance for they will be as any other person upon the street, but they may be known by their words which will be totally impersonal and without judgment of any condition or person.

 

外観! それは何と人を惑わすいたずら小僧だろう!
Appearances! what imps of deception they are!

 

相手が演ずる奇跡によって異星人だとわかるというのか。
Shall we know the space people by the miracles that they perform?

 

ヤケドをしないで火の中を歩いたり、一きれのパンをふやして群集に食べさせたりしたというので、歓呼の声をあげてその人を救世主と称してよいのか。
Shall we acclaim a man Messiah because he may walk through fire unscathed or multiply a loaf of bread to feed a multitude?

 

ちがう。どこから見ても肉体の感覚器官にとって右と同じ事を行なう多くの魔術師がいるからだ。
No, for there are many magicians who can to all appearances to the physical senses do the same;

 

キリストは世の終わりについて次のように言っているではないか。「ニセ者のキリストたちやニセ予言者たちが立ち上がって大いなる奇跡としるしを行ない、できれば選民をも惑わそうとするであろう」
and did not the Christ say of the latter days of his dispensation, "False Christs and false prophets shall rise and shew signs and wonders to seduce if it were possible even the elect."

 

だからわれわれは、ある人間が他人の心をひそかに読みとったり、魔法を演じたりする能力があるからといって、その人の真の価値を云々することはできないのである。
So we cannot tell a man's true value by his ability to read our mind or perform works of magic.

 

異星人は実際的な生活に関することしか話さない。地球は宇宙のなかの欠くべからざる一部分であるから地球上に確立される生活、すなわち、天国を実現させようとするなら地球上にこそ確立されなければならないのだから、いまこの地球上ですごせる生活である。
The space people will speak of nothing but the practical life ─ a life that is established upon earth, for earth is an integral part of the universe ─ a life that is livable here and now, for if there is to be heaven it must be established upon earth.

 

他の惑星から来た人々は、この世界で実行するのが困難であるような教えを伝えたことはない。
No visitor from another planet has yet given any teachings that were impossible to live in this world;

 

彼らはみな実際的な宇宙の法則にしたがって働いているのである。
they all work according to the law of the Cosmos which is itself practical.

 

これまで出現した種々の指導者がやったような神秘的、熱狂的な指導をすることはないし、人々を感激させるような物事を演じることもない。
They, as the wayshowers who have come before, will teach nothing that is mysterious or fanatical nor will they deal in emotionalism.

 

彼ら異星人は、”母なる惑星”の物質から作られた物体を通じてあらわされる”宇宙の父の息”によるあらゆる生命の一体性について語るのである。
They will speak of the unity of all life by the Breath of the Cosmic Father expressing through the forms made of the substance of the Mother Planet.

 


 



 


「リンゴの木の寓話」<< Prev | Next >>「自己訓練法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)