アダムスキー「テレパシー」 第1部 第1章 対訳

テレパシー現象の意味

テレパシー現象の意味

 

 

人間の行動を支配するパワー(力)、つまり”理性の神”は、熱心な探究者にたいしてしばしば寛大であり、
Ofttimes, the Power which rules mortal action - the God of Reason - is kind to the eager searcher;

 

人間に特別なヒントを与えては謎の解明をめざす人々を力づけてくれることがあります。
and will vouchsafe an additional hint to spur him on toward the unraveling of the mystery.

 

人間の理性のはるか上位にあるこのパワーは、ときおり個人の意識になにかの真実を印象づけて、よりいっそうの探究にかりたてたりします。
Occasionally, this Power, which is so far above man's reason, impresses a truth upon an individual consciousness; driving him to seek further.

 

こうして人間は知識を積み重ね、一歩ごとにより高度なものに近づいてゆきますが、
So man grows in knowledge, each step leading to something a little higher;

 

謎が完全に解明されることはありません。
but no mystery can ever be completely solved.

 

あらゆる分野の現象の背後にはすべて”宇宙の英知”がひそんでいるからで、しかもそれを完全に理解する力は人間に与えられていないのです。
For back of all apparent or deduced phenomena, lies the Cosmic Intelligence ... full understanding of which is not given to mortal mind to comprehend.

 

数千年ものあいだ、人間の精神の問題を扱ったその謎の書棚に埋もれて朽ちかけていた書物の一冊に読みとれる文字、それは『テレパシー』です。
One of these volumes, which has been mouldering for centuries in the Mental Library of mystery, is labeled ... Telepathy.

 

現代文明のさなかに生きる人でも、未来の出来事の映像を感知したり、遠い場所で発生する事件の印象を得たりするような、ある種の人々にそなわっているこの能力には、いつも驚異の念を起こします。
Our present civilization has always been awed by the ability of certain of its members to receive visions of forthcoming events, or mental impressions of incidents occurring at a distance.

 

しかもこの謎も一八八五年までは科学的な研究の対象としてとりあげられませんでした。
Not until 1885 was this enigma labeled and placed in the scientific files for investigation.

 

この年にPRS(物理学会)はこの分野の権威者マイヤーズ氏の名でもって次のような声明を発表しました。
In that year, the Physical Research Society through Mr. Myers, an outstanding figure in that field of investigation, issued the following statement:

 

「既知の感覚器官の正常な働きによらないで遠隔地の出来事を感知するような事例をすべて『テレパシー』と呼ぶことにする」
"We venture to introduce the word 'Telepathy' to cover all cases of impressions received at a distance without the normal operation of the recognized sense organs."

 

だが少しのあいだは関心の高まったこの問題も、ついには未解決の分野に入れられてしまいました。
Interest ran high for a short time, but the subject was eventually relegated to the shelf of unsolved problems.

 

しかし第一次大戦の終結後、一〇年を経て初めて数ヵカ所の一流大学の研究所が、科学的研究の価値あるものとしてテレパシーを重視するようになりました。
It was not until ten years after the termination of World War I, that science considered telepathy important enough to incorporate it into the work of the research departments of several of our leading universities.

 

そして古代には魔法か妖術と考えられたテレパシーも、
In olden times, telepathy was attributed to black magic or witchcraft;

 

諸大学で行なった実験の結果、研究にあたいする明確な事実であることが決定的に立証されてきたのです。
but through actual experiments carried out by the universities, it has conclusively proved itself to be a definite fact with which to be dealt.

 

しかしPRSの最初の声明も科学界がこんにちもがいている危険な障害になってきました。
However, that first statement made by the Psychical Research Society has been a dangerous snag upon which science is now floundering;

 

というわけは、テレパシーは既知の感覚器官の”正常な働き”とは別物だという仮説にもとづいて研究をすすめるうちに、テレパシーなるものを実際的な分析よりもむしろ神秘的な仮定の分野に入れることになったからです。
for working from the hypothesis that telepathy is outside the "normal" operation of the recognized sense organs has caused science to place the subject in a field of mystical assumption; rather than of practical analysis.

 

その結果、テレパシー研究は、最初の動機はよかったけれども価値のないものだということになってしまいました。
This has resulted in a well-meant but worthless foundation upon which to build.

 

いまこそテレパシー研究を周囲の混乱から救い出し、”宇宙のどこでも通用する言語”として真の基礎の上にもう一度おき返してやらなければなりません。
It is now time to lift telepathy out of the confusion surrounding it, and place it once more upon its true foundation as the cosmic universal language.

 


 



 


「テレパシーとは宇宙語」<< Prev | Next >>「メンタルテレパシーこそ万人の共通語」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)