アダムスキー「テレパシー」 第1部 第1章 対訳

メンタルテレパシーこそ万人の共通語

メンタルテレパシーこそ万人の共通語

 

 

近年は民族や国家相互間にいっそうのよき理解ともっと永続する関係を望む気運が一段と高まっています。
In recent years there has been a greater trend, than ever before known during this present civilization, toward the advancement of ideas that would produce a better understanding, and a more enduring relationship, between men and nations.

 

ラジオ、テレビ、無電などの発達により、世界を結びつけようとする動きが大きくなってきました。
The advent of radio, television, wireless telegraphy, etc., has done much to unite the world.

 

当然のことながら、このために万国共通語を発達させる可能性が学者間でいろいろ論議されるようになりました。
Naturally, this has led to discussions among learned men as to the feasibility of evolving a universal language;

 

共通語があれば諸国民の交流はもっと容易になるからです。
for they know it would further facilitate intercourse between the peoples of different nations.

 

エスペラント語またはロー語など、いわゆる共通語は二、三考案されていますが、全人類が等しく認める言語システムはまだ発達していません。
Although several so-called universal languages have been compiled, such as Esperanto and Ro, to date no word-system has been developed which will meet with the approval of all nationalities.

 

われわれは言語というものを、文字または音声というかたちで描き出す絵図のようなものだと大体に考えています。
We generally think of a language as being a system of wordpictures, either in the form of the written symbol or vocal sound;

 

したがって知識を交流するための満足のゆく方法を求めるにあたっては、当然これまでに親しんできた表現法に目をむけていました。
so in seeking an acceptable means for the exchange of knowledge, we have naturally turned to these familiar methods of expression.

 

しかし音声や文字に頼っていたのでは、人間はきわめて狭い範囲の分野しか扱えないのです。
However, with either the spoken word or written character, we are dealing with decidedly limited fields.

 

万国共通語というアイデアを最初に考えついた人たちは、自分たちのインスピレーションを大自然界から得たということを知れば驚くかもしれません。
The men who first conceived the idea of a universal language might be astonished to learn they had received their inspiration from the pages of Nature's own handbook.

 

この事実に気づいている人はほとんどいませんが、宇宙そのものと同じほどに遠い昔から一つの共通語は存在していたのです。
For although few people are aware of the fact, there exists, a universal language as ageless as the Cosmos itself.

 

これこそ人間だけでなく生きものすべての表現手段を包含し、しかも生まれたばかりの子供にも理解できる、きわめて簡単な言語なのです。
This is the language which includes not only the expressions of man, but the expressions of every living thing; yet it is a language so simple that even a new-born child can understand it.

 

このように容易に感受され、理解できて、しかもたやすく意味が読みとれる通信方法とは何でしょうか?
What is this medium of communication which is so easily received, and, with understanding, so readily interpreted?

 

真の共通語とはただ一つ存在します。それは”宇宙の力”として万象をつらぬいて流れている、目に見えない、創造的な感覚インパルス(感覚を起こさせる衝動または刺激)である”宇宙の英知”そのものです。
There is only one true universal language ... the invisible, creative, feeling impulse, which is Cosmic Intelligence, flowing as Cosmic Force, through all manifestation.

 

この”宇宙の因”すなわち”宇宙の力”は常に活動しています。
This Cosmic Cause, or Universal Force, is ever in motion.

 

それは必然的に一物体から他の物体に作用し、それ自体を伝達しているにちがいありません。
It must, of necessity, act upon, or transfer itself, from one object to another.

 

したがって、われわれがメンタルテレパシー(精神感応)と呼んできたこの感覚インパルスこそ、偉大な宇宙語(万国共通語)なのです。
So the feeling impulse, which we have called mental telepathy, is the great, universal language.

 

この宇宙語が全人類に理解されるとき、民族や主義という人間のつくり出した障壁はくずれるでしょう。
One day, when it is understood by all people, it will break down the artificial barriers of race and creed.

 

うぬぼれ、欺まん、虚栄は宇宙語の前で消え去り、
Before it, self-pride, deception, and vanity will fall;

 

その普遍性によって人間と人間、人間と大自然は調和するでしょう。
and by its very universality, humanity will be united - Man with Man - and Man with all Nature.

 

この宇宙語こそ宇宙のあらゆる原子が語りあい、理解できる一つの言語であるからです。
For this is the one language that every atom in the universe is able to speak and understand.

 

人間の意識的な想念というものは意識のあらゆる状態で知られています。
Conscious thought is known on all planes of consciousness.

 

やさしいささやきも、芝居がかった声による話しぶりも、文字の綾による巧妙なごまかしも、本人の想念の性質や意味を隠すことはできません。
Its character cannot be hidden either by soft whispers, or dramatic inflections; nor can its meaning be concealed by the clever manipulation of chirographic symbols.

 

宇宙的な想念は真理そのものであって、
Cosmic thought is stark truth;

 

それをゆがめることは不可能です。
it cannot be distorted.

 

それは活動の法則であり、いかなる物がその法則の接触点になろうとも、公平に作用と反作用とを生じさせるにちがいなく、またそのようにやっているのです。
It is the law of activity which must, and does, indescriminately produce action and reaction in whatsoever form becomes its point of contact.

 


 



 


「テレパシー現象の意味」<< Prev | Next >>「テレパシーは自然界の法則の一つ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)