アダムスキー「テレパシー」 第1部 第1章 対訳

テレパシーは自然界の法則の一つ

テレパシーは自然界の法則の一つ

 

 

金星から来たスカウトシップ(円盤)の乗員、すなわち別な惑星からきた訪問者と初めて会見したときに、私は意志伝達の手段としてテレパシーを用いました。
Telepathy was the means of communication I used during my first meeting with a visitor from another planet, when I conversed with the occupant of the scout ship from Venus.

 

(訳注=詳細は中央アート出版社刊・新アダムスキー全集第一巻『第2惑星からの地球訪問者』に掲載されている。)それは自然界の一つの法則、すなわち宇宙の諸法則の一つです。
It was partially explained in my second book, INSIDE THE SPACE SHIPS, as a Law of Nature, or one of the Universal Laws.

 

この想念伝達法には神秘的なものや不可知なものはまったくありません。なぜなら人間はテレパシーによって日々の生活を送っているからです。
There is nothing mysterious or unknowable about this means of thought-transference, for man lives by it daily.

 

いかなる想念も、まず心の中で組み立てられないことには口に出して表現することはできません。
A thought cannot be given audible expression without first being formulated in the mind.

 

このことは一般の人が自動的に行なっているのですが、通常、人間は次の事実にまったく気づいていません。人間の心は、
This is automatic with the average person, and he is usually quite unconscious of the fact that his mind is

 

(1) 肉体の外界にたいするあらゆる運動を指示する。
(1) directing every outward movement of his body;

 

(2) 音声による表現を与える前に、まず自分の想念の組み立てと整理を行なう。
(2) composing and arranging his thoughts before giving them audible expression;

 

(3) 外界からもたえず想念印象の流れを感受している。
(3) receiving a continuous flow of thought-impressions from the outside.

 

精神の未発達な人はこの印象の流れから、自分の心がすでに作りあげていた意見に合致する想念だけは取り入れますが、類似しない想念は拒絶してしまいます。
From this continuous flow of impressions the undeveloped mind rejects all that is not familiar, and retains only those thoughts which confirm the opinions his mind has already formed.

 

だからこそ人間は自分自身を理解するまでは、結果の世界(現象界)だけによって導かれるのです。
That is why, until man understands himself, he is guided only by the world of effect.

 

次のように言われてきました。「自然人(自然と調和した人)には聖霊の道がわかるけれども、自然と調和しない者にはわからない」
It has been said, "A natural man knows the way of the Spirit, while the unnatural man knows not the way of the Spirit."

 

これは、ひとたび人間が”宇宙の因”と一体であることを悟り、その法則を応用し始めるならば、もはやそれ以上の指導者は必要でなくなるという意味です。
This means, that once man recognizes his oneness with Cosmic Cause and begins to use its laws, he will have no further need of a teacher;

 

なぜなら”宇宙の法則”が人間に生命を与えたのであり、その法則が人間の指導者となるからです。
for the Law gave him life ... and the Law will be his teacher.

 

毎日使用しているにもかかわらず、われわれはその存在に気づいていませんが、その偉大な宇宙語はとどろく雷鳴のなかからもわれわれに語りかけるし、
The great universal language, which we use daily and know not, speaks to us in the deep reverberations of the thunder;

 

万象の最も深い休息の静寂の中からもわれわれに親しく話しかけているのです。
and communes with us in the silence of Creation's deepest repose.

 


 


 


「メンタルテレパシーこそ万人の共通語」<< Prev | Next >>「人間は最高の理解カを持つ存在」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)