アダムスキー「テレパシー」 第1部 第1章 対訳

人間は最高の理解カを持つ存在

人間は最高の理解カを持つ存在

 

 

性格は人によってみなちがいますから、だれにもあてはまるようなはっきりした規準を設けることはできません。
We cannot lay down a definite pattern for everyone to follow, as there are no two humans alike;

 

ここでは法則を提示できるだけです。
we can only present the Law to you.

 

これは各自の理解力や実行の程度に応じて有効となるでしょう。理解力や実行法も人によって相違があるでしょうが、
It will work according to each individual understanding and application, and these will differ from person to person.

 

ここに述べる原理はすべての人に等しく応用できるものです。
The principle we give here applies equally to all.

 

このレッスンがあなたにとって多少とも有益だとお考えになったら、自分で実行し始めてください。
If this lesson is to be of any value to you, you must begin with yourself.

 

必要なのは、自分の肉体の各部をよく知って、各部がなぜそのような働きをしているのか、自分の思考をコントロールしているのは何か、内部の自我と周囲の世界とのあいだになぜこのような摩擦があるのか、などを知らねばなりません。
You must learn your component parts, why each part works as it does; what controls your thinking, and why there is such an apparent conflict between your inner self and the world about you.

 

充実した生命の表現者になるには、まず自分の感情の反応を理解する必要があります。
You must understand your emotional reactions before you can be the expressor of the fullness of life.

 

常に留意しなければならない、きわめて重要な真理があります。
There is one vitally important truth we must always bear in mind.

 

それは「宇宙には始めもなく終わりもない。
The Cosmos has no beginning - and it has no ending.

 

宇宙は過去、現在、未来にわたって存在するすべてであり、永久の運動である」ということです。
It is all that ever was - is - or ever will be ... eternal activity.

 

人間は万象のなかで完全な表現物であるように創造されました。
Man was created to be the perfect expression of all expressions;

 

そして現象の世界のあらゆる面を理解できるかもしれないと考える能力を与えられました。
and he was endowed with the ability to reason that ho might understand each effect in the scheme of life.

 

人間は最低のものから最高のものに至るあらゆる段階の宇宙的な表現を理解することが本来できるのです。
He is innately capable of comprehending all states of Cosmic expression; from the very lowest, to the highest.

 

しかし無知のために人間はこの神からの贈り物を悪用し、
But through ignorance he has prostituted this Divine gift;

 

いまや自分の周囲に見えるものを裁き、非難しています。
and now judges and condemns that which he sees about him.

 

気づくか気づかないかにかかわらず、裁くことによって自分を創造主よりも高い地位に置いて、
Whether he realizes it or not, by his judgments he exalts himself above the Creator;

 

そのために自分と”あらゆる生命の与え手(創造主)”との分離感を持つに至りました。
thereby causing a feeling of separation between himself and the Giver of all Life.

 

しかし人間は自分の肉体の心が作りあげた足かせをはずすならば、”知る者”となり、
But when he casts off the fetters forged by his carnal mind, he becomes the Knower;

 

そのとき万物の背後にある”宇宙の因”と一体になるのです。
and is then one with the Cosmic Cause of all creation.

 

万象は、それを生み出した”至上なる英知(創造主)”と調和して働いていますが、
All nature works in harmony with the Supremo Intelligence which gave it birth.

 

人間だけは孤立し、
Man stands alone;

 

法則の曲解者になっています。
the sole distorter of the Law.

 


 


 


「テレパシーは自然界の法則の一つ」<< Prev | Next >>「異星人と地球人には大差がある」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)