アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

第3章
CHAPTER III

 

基本的感覚としての触覚
Feeling - The Cardinal Sense

 

一般人が信じているところによれば、人間は五つの感覚、すなわち、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を持っているといわれており、
According to popular belief we possess five senses - sight, hearing, taste, smell and feeling;

 

そのいずれも他の感覚から独立して働く能力を持つことを私たちは知っています。
each of which, we know, has the ability to act independently of the others.

 

私たちは聴覚、味覚、嗅覚などを用いないで物を見ることができますし、
We can see objects without using the senses of hearing, taste or smell.

 

酸っばいものと甘いものを区別するのに聴覚、視覚、嗅覚は必要ありません。
We do not need hearing, sight or smell to decern sweet from sour.

 

耳、目、口などの助けをかりなくても鼻はりっぱに働きますし、
Our olfactory organs work admirably without the help of ears, eyes, or palate;

 

音声は聴覚器音によって感受することができますので、他の三つの感覚は不要です。
and sounds can be received through the auditory canal exclusive of the other three senses.

 

以上はみな四つの感覚器官がそれぞれ独立して働くことを立証しています。
This all goes to prove that the four senses work independently of each other.

 


 


 


「人間は四つの感覚器官しか持たない」<< Prev | Next >>「”感じ”を生み出す触覚は基本的生命力」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)