アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

”感じ”を生み出す触覚は基本的生命力

”感じ”を生み出す触覚は基本的生命力

 

 

そうすると、いわゆる第五感とは何でしょうか?
But what of the so-called fifth sense?

 

私たちが視覚、聴覚、嗅覚などでやったように、もし人間から触覚を取り除いたら、だだちにどんな結果になるでしょうか?
If we deprive man of feeling, as we have done with sight, hearing, taste and smell, what is the immediate result?

 

その人は無意識になり、触覚が回復するまでその状態をつづけるでしょう。
He lapses into unconsciousness, and will remain in that state until feeling is restored.

 

この状態にあるあいだも、各感覚器官は肉体の中にあって完全な状態を保っています。
While he is in this state, the organs of sense are still in the body and in is completely with drawn from the body that personal condition.

 

こうして目、鼻、口、耳などは無傷のままにあるにもかかわらず、それらは見たり嗅いだり味わったり聴いたりしません。
The eyes, nose, palate and ears are uninjured, yet they do not see smell taste or hear.

 

そして、もし触覚が完全に肉体から取り除かれたら本人は死にます。
And if feeling is completely withdrawn from the body then person dies.

 

ですから、四つの感覚器官のどれもその存在を触覚に頼っていることはまったく明らかです。
Therefore, it is quite apparent that each of the four senses is dependent upon feeling for its existence.

 

さて、四つの感覚の一つ、たとえば視覚を取り除いたとしましょう。
Let us now deprive man of one of his four senses, such as sight.

 

これは肉体内の生命力に影響を与えるでしょうか。
Does this affect the life force in the body?

 

まったく与えません!
Not at all!

 

これをさらにふやして二つ三つ、または四つの全部を取り除いたとしても、
We can go further and deprive him of two, three, or even all four;

 

その人はなおも意識ある生き物です。
yet he will still be a conscious, living being.

 

実際の感覚器官は機能を果たしていないのですが、本人は喜び、悲しみ、安らかさ、苦痛などを意識していて、さまざまの精神的な波動を感じたり、それらを完全に描いたりできます。
Though the actual organs of sense are not functioning, he is conscious of knowing joy or sorrow, peace or pain, and he is able to receive mental impressions and visualize them perfectly.

 

テレパシーが働くのは、このいわゆる第五感(触覚)なのです。
It is through this so-called fifth sense that telepathy works;

 

したがって私たちが触覚なるものは肉体的感覚だという考えに固執するならば、テレパシーの定義はまちがっており、科学は軌道をはずれていたということになります。
so if we continue to cling to the idea of feeling as a bodily sense, the definition of telepathy is incorrect, and science has been sidetracked.

 

想念伝達、透視、予知、その他不可視の知覚作用にたいしてどんな言葉を用いても、これらの働きは心の協力によって脳を通じてあらわれる触覚要素のまったく正常な機能なのです。
The act of thought-transference, clairvoyance, premonition, or whatever term you choose to use for invisible perception, is a perfectly normal function of the feeling element expressing through the brain, with the cooperation of the mind.

 

一般に理解されているように、第五感とは触覚から起こる感じではなく、接触によって起こる感じであると多くの人が私に注意してくれましたが、
It has been brought to my attention by many individuals that the fifth sense, as it is generally understood, is not the sense of feeling, but that of touch.

 

これは以上に述べた理論を変えるものではありません。四つの感覚器官のどれもこの触覚の能力、すなわちそれなくしては知覚性のない意識的接触の要素を持っているからです。
This does not change the theory, as each of the four senses possesses this faculty of feeling, or element of conscious-contact, without which there would be no awareness.

 

触感というものは肉体の神経反応ですが一方、触覚は基本的な”生命力”です。
Touch is a bodily nerve reaction, while feeling is the cardinal Life Force.

 

”感じ”というものが生み出されるのは、この”生命力”の意識的接触によるのです。
It is through the conscious-contact of this Life Force that sensation is produced.

 


 



 


「基本的感覚としての触覚」<< Prev | Next >>「接触の法則で知覚が生じる」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)