アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

接触の法則で知覚が生じる

接触の法則で知覚が生じる

 

 

私たちは比較の法則によって物の動きを知ることができるのですが、これは実際には接触の法則、すなわち一つの現象面と他の現象面とのあいだの関係です。
We can only know motion through the law of comparison, which is actually the law of contact, or the relationship between one phase of expression and another.

 

私たちはある物体に指で触れるとき、その物体の印象を感受しますが、これは大きな振動と小さな振動の接触によって作り出される圧力のためです。
When we touch an object with our fingers, we receive an impression of that object because of the pressure created through the contact of a lesser with a greater vibration.

 

同じように、私たちは目の網膜または耳の鼓膜でもって光または音の波動と接触することにより、目に見える波動または耳に聞こえる波動を受けます。
Likewise, we receive visual impressions or auditory impressions through the contact of light or sound vibrations with the retina of the eye or the ear drum.

 

また大気の分子と肉体の細胞との接触により、大気の状態や温度の変化に気づきます。
We are made aware of atmospheric conditions and temperature changes through the contact of atmospheric cells with the cells of our body.

 

これらの例によって、触感というものは接触による神経反応にすぎないことがわかります。
All of this proves that touch is merely the nerve reaction to contact.

 

feeling と「touch は事実上同義語ですから、いわゆる第五感を意味する場合には(原書では)feeling という語を用いつづけることにしましょう。
Feeling and touch being practically synonymous, I will continue to use the word feeling to denote the so-called fifth sense.

 

この触覚の要素、すなわち自己表現のために意識的な状態において反応を示す能力をもつ英知ある力、いいかえれば、存在する波動の接触すべてを記憶する要素を四つの感覚器官のどれも持っているがゆえに、私たちが認めねばならないのは、テレパシーは確かにいわゆる感覚器官の正常な働き以外の何物でもないという点です。
Inasmuch as each of the four senses possesses this element of feeling, which is an intelligent force having the ability to react in a conscious state to expressions of itself, or in other words, the element that registers each contact of existing vibration, we must admit that telepathy is certainly not outside the normal operation of the recognized sense organs.

 

なぜなら受信経路の如何にかかわらず、想念が知られるようになるのは触覚が経路になっているからです。
For it is through the feeling channel, regardless of the avenue of reception, that thought becomes known.

 

疑問が起こるかもしれません。
The question may arise:

 

触覚を持たないで生まれたごくまれな人たちをどのように説明するか。
How do you explain those rare individuals who are born without feeling?

 

この人たちは肉体的苦痛を感じないで、重傷を負っても苦しまないではないか。
They suffer no bodily pain, even from severe injuries.

 

これは本人たちのテレパシーの能力を低下させることになるのではないかと。
Will this impair their telepathic ability?

 

絶対にそんなことはありません。
Not in the least.

 

これは神経組織が不完全なためにひき起こされたまったくの肉体的状態であって、
This is a purely physical condition caused by the malfunctioning of the nervous system;

 

その人が一本の指が欠けたまま生まれた場合と同様に、”生命力の働き”すなわち真実の触覚とは何の関係もないのです。
and has no more bearing upon the operation of the Life Force, or true feeling, than if the individual is born without a finger.

 

視覚、聴覚、味覚、嗅覚などの感覚器官は右のような人々にも正常に働いています。
The senses of sight, hearing, taste and smell, work normally in these people.

 

人間が苦痛を記録する度合は神経組織にかかっていますから、
The degree to which anyone registers pain is dependent upon the nervous system;

 

その組織が鋭敏であればあるほど苦痛はひどく感じられるのです。
the more sensitive the system, the more intense the pain felt.

 

この不幸な人々は、うらやましい存在というよりもむしろ哀れむべき存在です。
These unfortunate individuals, rather than being envied, should be pitied.

 

なぜなら、なにかの異常な状態が起こったとき、自然の配電盤である脳に警報を打電するために、肉体の全体を通じてたえず見張っている小さな歩哨(神経)たちは私たちの忠実な友であるからです。
For the little sentinels who stand guard constantly throughout the body to flash warnings to the brain - nature's switchboard - of any unusual condition, are our staunch friends.

 

たとえば手の中に破片が突き刺さったとしましょう。
Let us say we run a splinter in our hand.

 

この歩哨すなわち神経はたちまち大騒ぎを始め、周囲の組織に異分子が圧力を加えていることを脳に伝えます。
These sentinels, or nerves, immediately set up a clamor, informing the brain that a foreign substance is exerting pressure upon the surrounding tissue.

 

そこで破片を取り除いて圧力をなくしますと傷は治ります。
We then relieve the pressure by removing the splinter and the wound will heal.

 

しかし神経が正常な機能を果たしていないために脳がこの情報を受けとらなかったとしたら、肉体が異分子を追放しようとしてそのあたりを化膿させるまでは、本人は破片の存在に気づかないかもしれません。
But if the brain had not received this information because the nerves were not functioning properly, we would have been unaware of the splinter until the body, in trying to expel it, had caused the area to fester.

 

しかしそれは肉体の状態ですから、
But it is a physical condition;

 

この神経の感覚の欠乏はテレパシーの感受力とは何の関係もありません。それは瞳の色がどんな色であってもこの感受力との関係がないのと同様です。
and lack of this nerve feeling has no more to do with a person's telepathic receptivity than the color of his eyes.

 

人間は小宇宙です。
Man is a miniature universe;

 

したがってその見地から人間を分析してみることにしましょう。
so let us analyze him in that light.

 


 



 


「”感じ”を生み出す触覚は基本的生命力」<< Prev | Next >>「心に頼ってはダメ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)