アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

想念の観察と記録を行なうこと

想念の観察と記録を行なうこと

 

 

私の次の段階は、各感覚器官の訓練と、心によって感受される波動類の観察でなければならないことに気づいて、私はある一定の計画に従うことに決めました。つまり一種の精神手帳を作るのです。
Fully realizing that my next step must be the discipling of my senses and the observation of impressions received by my mind, I decided on a definite plan to follow, a sort of mental ledger.

 

すなわち、一日を通じて感じた想念で個人的性質をおびているすべてを片方の頁に記入し、
On one side I placed all thoughts received throughout the day that were of a personal nature;

 

他方の頁には私の行動のもととなった宇宙的な想念を記録しました。
and on the other side I recorded the universal thoughts upon which I had acted.

 

こうして毎日の終わりに、偏狭な個人的意見か、または宇宙的な洞察力のいずれがその日を支配したかをきめるために、得点数を集計していったのです。
At the end of each day I would tally my score to decide whether limiting, personal opinions, or universal insight had governed the day.

 

これにはまったく大変な忍耐を要しましたが、
This called for a great deal of patience;

 

ついに私の各感覚器官に聞き耳をたてさせ、外部からくる印象(波動)をはっきりと感受し得るように馴らすことができました。
but I was finally able to train my senses to listen so they could receive impressions without question.

 

だが実際にはこれを行なうのは最も困難なことでした。古い考えがしつこく顔を出して私の心にその解釈を与えるからです。
Admittedly, this was most difficult to do, for the old thought-patterns insistently reappeared and gave their interpretations to my mind.

 

しかし自分のセンスマインド(感覚器官の心)をコントロールしつづけるうちに、私が受ける印象(波動)類は明瞭になってきて、
But as I continue to gain control over my sense-mind, my impressions became more distinct;

 

しだいに多くの宇宙的性質をおびた想念を含むようになり、個人的意見は少なくなってきました(訳注=想念観察手帳の作り方は本全集第4巻『宇宙哲学』の巻末に出ている)。
containing an increasing number of thoughts of a universal nature, with less involvement in personal opinions.

 


 


 


「宇宙の感覚の意志に従うことが大切」<< Prev | Next >>「印象とは意識的な想念」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)