アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

印象とは意識的な想念

印象とは意識的な想念

 

 

次に私は印象とは何かという問題の解明に転じて、その多くは私たちが意見として分類しているもの、
I then turned to analyzing what impressions were, and found many of them to be what we classifly as thoughts;

 

つまり私たちの心がたえず肉体の各部に伝達している命令と同じく、意識的な想念であることを発見したのです。
our conscious thoughts, as well as the commands our minds are constantly transmitting to the various parts of our bodies.

 

たとえばあなたは読書をしています。
For instance: you are reading.

 

一頁を読み終わると紙をめくってまた読みつづけますが、
When you reach the bottom of the page you will turn it and continue to read.

 

あなたの手が紙をめくろうとして動き出す前に、あなたの心がまず次のような考えを起こす必要があります。
Yet, before your hand made the slightest move to turn the page, your mind first had to formulate the thought,

 

「頁の終わりにきだ。
This is the end of the page.

 

紙をめくって次の頁を読みつづけよ」
Turn it and continue reading the next."

 

通常私たちはこんな考えを起こしたことに気づきません。
Normally, we are not aware of these thoughts;

 

どんな行動でも一つ一つこんなふうに意識的に表現されねばならないとすれば、それこそスローモーションの世界に生きることになります。
and we would indeed live in a slow-motion world if every action had to be expressed consciously in this manner.

 

しかし、あらかじめ設計図が描かれて命令が与えられないことには、いかなる運動や動作をも行なうことは不可能です。
Yet no movement or action is possible without first having a blueprint drawn and an order given.

 

肉体のあらゆる運動にたいする命令は、まず心の中に起こす想念でなければなりません。
The command for every physical move must first be a thought in the mind.

 

私たちは成長するにつれて脳からの命令が自動的にきます。
As we mature, orders from the brain come automatically;

 

しかし赤ん坊が歩く練習をするのをごらんなさい。
but watch a baby learning to walk.

 

その最初の試みは片足を他の足の前におこうという意識的な努力によってなされます。
His first attempts are made through the conscious effort of placing one foot before the other.

 

ところで、あなた自身の運動を分析してごらんなさい。
Analyze your own movements.

 

たとえば、髪を後ろヘ撫でつけようとして、あなたの手が額にちょうど届いたとします。
Say your hand has just reached up to brush a hair back from your forehead.

 

その動作を調べてみますと、まず皮膚の表面でくすぐったい感じに気づくでしょう。
You will find when you trace the action that you were first aware of a tickling feeling on the skin.

 

もっと注意深くこの動作を分析しますと、くすぐったい感じを伝えるメッセージが脳に送られ、次に脳が手にたいして「さらに上ヘ伸ばして髪を撫でつけよ」という命令をくだすことがわかります。
If you analyze this action carefully enough, you will discover that the message telling of the tickling sensation was sent to the brain, which then gave the order to the hand to reach up and brush the hair away.

 

習慣によってほとんどの動作は感覚器官の反応になっていますが、
Through habit, most actions become sense reactions;

 

私たちのいわゆる感覚器官の反応は知性的にコントロールされているのです。
but our so-called sense reactions are intelligently controlled.

 

現在私たちが意識的な想念を起こさないで行なっている物事は、私たちの発育においてかつては大仕事でした。
The things we do now with no conscious thought, were major projects at one time in our development.

 

これはもちろん印象類の中の一つの面にすぎませんが、人間が理解するのにひじょうに重要なものです。
This, of course, is but one level of impressions, yet one that is very important for man to understand;

 

 

for it illustrates the dependency of all life upon thought, or intelligence.

 

多くの肉体の心が自分のせまい偏見に満ちた考え方または習慣的想念を形成するのは、この面の印象類からです。
It is from this level of impressions that many carnal minds form their limited, opinionated, thought-patterns or habits.

 

自然界においては、動作をうながすこの衝動は万物を創っている”宇宙の因”から直接やってきます。
In Nature, this urge for action comes directly from the Cosmic Cause of all creation.

 

大自然はリンゴの種子から松の木をはやそうなどと気まぐれなことはしません。
She does not arbitrarily try to grow a pine tree from an apple seed, but follows the archetype set down by the Creator.

 

したがって宇宙は創造と改造の秩序あるあらわれの中に動いているのです。
Therefore, the universe moves in orderly manifestation of creation and recreation.

 

人間もこの法則のもとにあります。
We, too, are under this law.

 

だからこそ私たちは自分の現在の制限を超えて、より高度な理解をめざして努力しようという内部からの衝動にかられるのです。
That is why we are driven by an inner urge to strive beyond our present limitations toward a higher understanding.

 


 



 


「想念の観察と記録を行なうこと」<< Prev | Next >>「想念はエネルギーを持つ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)