アダムスキー「テレパシー」 第1部 第4章 対訳

想念が伝達される実態

想念が伝達される実態

 

 

この伝達法を説明するために、テーブル上にドミノ牌を一列に立てて並べてみることにします。各牌のあいだには牌の長さの三分の二ばかりの間隔をおきます。
To demonstrate this relay, let us set up a row of dominos on a table, leaving a space between each one two-thirds the length of a domino.

 

さて指を用いてエネルギー化した軽い圧力を加えてやりますと、最初の牌は二番目の牌にむかって倒れかかり、
Now, using our finger to exert a slight pressure we energize, or propel into action, the first domino, which falls forward striking the second;

 

そのためにその牌ヘ得られたエネルギーを伝えます。
thereby imparting its acquired energy to that domino.

 

二番目も倒れながら三番目にエネルギーを伝え、こんなふうにして最後の牌はテーブル上に倒れて、
The second, as it falls, imparts its energy to the third, and so on until the last domino strikes the table;

 

それらの全エネルギーは音と熱とに変えられてしまいました。
their total energy now having been transformed into sound and heat.

 

ここで最初の動作は二つの物体すなわち指と最初の牌との力のこもった接触によって生み出され、中継のシステムによって他の物体群に伝えられたのです。
The initial action here was produced by the forceful contact of two objects, our finger and the first domino, then conferred to the other objects by a system of relays.

 

このようにして想念も一点から別な一点ヘ伝えられます。
This is the way thought is transferred from one point to another.

 

二つまたはそれ以上の単位(想念が化学作用であることを忘れないように)の接触によって作られる、荷電微粒子以外の何物でもない、エネルギーを持つ想念放射線は、他の微粒子に圧力を加えることによってそのエネルギーを伝えながら放射されるのです。
A thought-ray of energy, which is nothing more than a charged particle created by the contact of two or more units (remember, thought is a chemical action), is shot out imparting its energy to other particles by exerting pressure upon them.

 

この力が一度発生して、その性質を変える能力のある何かの媒体に拾われるまでは、これは無限につづきます。
This continues indefinitely, or until this force once generated, is picked up by some instrument capable of changing its character.

 

いかなるタイプのエネルギーといえども破壊されることはありません。
Energy of any type cannot be destroyed;

 

ある形から他の形に変えられるだけです。
it can only be transformed from one form to another.

 

一タイプのエネルギーである想念も、何かに利用されるまでは宇宙空間を進行するのです。
Thought, being a type of energy, will travel through space until it is put to some use.

 

このことからわかるのは、宇宙には中心がなく、
From this we can see that there is no center to the universe;

 

あらゆる知識を放つ”王座”もないということです。
no Throne from which all knowledge is broadcast.

 

行動の一つ一つがそれ自体にたいして宇宙の心になるのです。
Each action is the center of the universe unto itself;

 

なぜなら行動から放射された放射線はあらゆる方向に進み、宇宙空間を満たすからです。
for radiations going out from it travel in all directions, and fill space.

 

触れることのできるものと触れることのできないもの(この場合は想念を意味します)との両方にわたって、すべてのものが一つの”宇宙の因”から生まれ出ていますので、およそ宇宙的でない行動は存在しないということを私たちは容易に考えることができます。
Since everything, both tangible and intangible (in this case we are speaking of thought), comes out of the one Cosmic Cause, we can safely assume that there is no action that is not universal.

 


 


 


「心とは想念を運ぶ媒体」<< Prev | Next >>「真理を述べている創世記」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)