アダムスキー「テレパシー」 第1部 要約 対訳

(3)習慣的な考えを捨てて、想念を観察し、記録すること

(3)習慣的な考えを捨てて、想念を観察し、記録すること

 

 

あなたは自分の感情を支配し、コントロールしなければなりません。
You must master and control your emotions.

 

あなたの習慣的な考え方が、真の状態における物事を見ようというあなたの願望に反対しようとしても失望してはいけません。
Do not be discouraged when your habitual thought-patterns try to oppose your desire to see things in their true state.

 

記憶すべきは、あなたはこれまでずっと自分の習慣的な想念を自分で作っていたということです。
Remember, you have been building your thought habits all your life.

 

忍耐によってあなたは周囲に見るすべての物と自分が一体であることに気づくことができ、人間の作った分裂というものが誤っていることを悟るでしょう。
Perserverance will enable you to realize your oneness with all you see about you, and recognize the fallacy of the man-made divisions.

 

次の段階に入る前に、あなたは自律トレーニングをする必要があります。
Self-discipline is necessary before you can take the next step.

 

それで私がおすすめしたいのは、日記帳を用意して、一日中あなたに影響を与えた想念や感情をチェックしつづけることです。
Therefore, I suggest you keep a daily ledger to check on the thoughts and emotions that have influenced you during the day.

 

わき起こる想念と感情の一つ一つを(善、悪の両方とも)注意深く書きとめて評価し、それらがその日のあなたの生活におよぼした影響を調べてごらんなさい。
Note and evaluate each one carefully (both good and bad), then weigh its effect upon your life that day.

 

第U部は練習によって”宇宙の英知”の表現であるあなた自身に関するより大いなる自覚をあなたに起こさせるでしょう。
Part Two, with its exercises, will give you a greater realization of yourself as an expression of Cosmic Intelligence.

 


 


 


「(2)自然界との一体化が重要」<< Prev | Next >>「細胞から細胞へ伝わる想念波動──記憶は不滅」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)