アダムスキー「テレパシー」 第2部 第1章 対訳

人間と無生物とのテレパシー現象

人間と無生物とのテレパシー現象

 

 

人間と無生物とのあいだのテレパシーによる意志伝達については、いわゆる植物栽培の名人といわれる人々に見られます。
Another good example of telepathic exchange between human and inanimate nature, can be found in people who possess what we call a green thumb.

 

あらゆる植物が豊かに生長するのは、彼らは植えつけているあいだに土や苗木と無意識に語っているからです。
Everything grows abundantly for them, for while they are planting they unconsciously commune with the soil and the seedlings.

 

この人たちは生い茂る樹木を誇りたかくさし示したり病樹の状態を心配したりしますので、彼らがどの樹木をも親しく知っていることがわかります。
You will notice these people know each plant intimately, pointing with pride to those which are thriving, and feeling concern for the plight of the sickly.

 

この場合、この人たちはテレパシーを応用していることに自分では気づいていませんけれども、意識を持たないように見える植物でさえも人間の心からそそがれる愛情にははっきりと応えているのです。
Though the person is not aware of using telepathy in this instance, the inanimate manifestations of the plant world definitely respond to the love pouring out from the mind of the individual.

 

この種のテレパシーは人間にほとんど理解されていませんし、全然といってよいほど地球人には意識的に応用されていません。それを応用するには人間が自然と一体であることを徹底的に知る必要があるからです。
This phase of telepathy is little understood and almost never used consciously by Earthlings, for its application calls for a thorough knowledge of man's unity with nature.

 

他人と心の印象を交換するのが容易であるのと同じように、植木、野菜、樹木、鉱物などと印象を交換するのは容易なことです。
It is just as easy to exchange mental impressions with plants, vegetables, trees, minerals, etc., as it is with another human being.

 

説明をすすめるまえに、細胞の波動が私たちの生活で果たしている重要な役割を検討するのもよいだろうと思います。
Before going further, I believe it would be well to discuss the importance cell impressions play in our lives.

 

このためには、触知できるものとできないものとの両方にわたってその物質的構成をある程度理解しておく必要があります。
To do this, we should have some understanding of the physical composition of both tangible and intangible manifestation.

 


 


 


「細胞は各種の波動を放つ」<< Prev | Next >>「物質は力を持つ微粒子でかこまれた空間」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)