アダムスキー「テレパシー」 第2部 第1章 対訳

物質は力を持つ微粒子でかこまれた空間

物質は力を持つ微粒子でかこまれた空間

 

 

一般の人はだいたいにおいて宇宙空間の構成にほとんど関心を持っていません。宇宙とは惑星間に存在する広大な真空状態だと思っているのです。
The average person is generally little concerned with the composition of space, for he conceives it to be a vast void existing between planets.

 

目に見える太陽、惑星、小惑星などを形態物として認めますが、
The suns, planets and planetoids visible to the eye, he recognizes as form;

 

これらの天体間の空間には何もないように見えます。
but the space between these bodies appears to him as nothingness.

 

しかし宇宙は常に活動している能動的な吸引力と反発力の海であることを科学者は知っています。
However, our scientists know that space is a sea of activated attracting and repelling force, always in motion.

 

人間が物質を思い浮かべるとき、物質は硬いものだということに固執する”目”といういい加減な器官によって自分に与えられたイメージを描きがちです。
When man gives any thought to material substance, he is very likely to accept the image given to him by those organs of deception, the eyes, which hold to the solidity of matter;

 

したがって人間は物質と空間のあいだに根本的な相違があるように思っているのです。
so he believes a vast difference exists between matter and space.

 

しかし研究の結果わかっているのは、形あるものは硬いものではなく、
Yet, in the laboratory we have discovered that form is not solid;

 

ある作家が表現したように、それは石けんの泡のかたまりにたとえることができるということです。
but may be likened, as one writer expressed it, to a mass of soap bubbles.

 

形態物はすべて、エネルギー化された微粒子によってかこまれた、一定の容積を持つ空間から成りたっています。
Every form is composed of definite measurements of space, surrounded by energized particles of force.

 

あらゆる物質は私たちが原子と呼んでいるこの微小な構成単位で作られています。
All substance is made up of these tiny units, which we call atoms.

 

一個の原子は、中心に太陽のある、周囲の一定の軌道に負の電気を持つ電子の回転している極小型太陽系のようなものです。
An atom may be compared to a miniature solar system containing a central sun, around which, in definite orbits, revolve negative electrical charges, or units of force.

 

中心の太陽、すなわち原子核は正の電気を持つ粒子で、
The central sun, or nucleus of the atom, is a positive charge;

 

周囲をまわっている電荷の総計を完全に等しくしています。
equaling perfectly the total number of electrical charges revolving about it.

 

現象の世界の細胞はこの原子のいろいろな結合でできています。
The cells of manifestation are composed of manifold combinations of these atoms.

 

最も密度の大きいもの、すなわち私たちが鉱物といっているものから、物質のさまざまの段階にわたって空間自体にいたるまで、あらゆる物質は種々の振動を持つ、電気をおびたこの微小な原子で構成されています。
All matter, ranging from the most dense, or what we call mineral, through the varying stages of form until we reach space itself, is composed of these tiny electrically charged atoms vibrating at different rates.

 

そこでわかるのは、肉体の感覚器官で得られる知識に反して、物質は信じられないほどに小さな、力を持つ微粒子でかこまれた空間にすぎないということです。
So you see, contrary to the information received through the physical senses, form is merely space surrounded by inconceivably small particles of force.

 

そして目に見えると見えないとにかかわらずあらゆる現象を作り出しているのは、この小さな粒子の働きなのです。
Yet it is the action of these tiny units that produces all visible and invisible phenomena.

 

現象はこの潜在する力、すなわち原子の内部の基本的な振動から生まれたのであって、それが親和の法則によって原子を結合させているのです。
Manifestation is born out of the potential force, or basic vibration within the atom, which, through the law of affinity, forces the particles to unite.

 


 


 


「人間と無生物とのテレパシー現象」<< Prev | Next >>「人間が過去世から記憶を運ぶ理由」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)