アダムスキー「テレパシー」 第2部 第1章 対訳

人間が過去世から記憶を運ぶ理由

人間が過去世から記憶を運ぶ理由

 

 

”基本的物質”すなわち創造の”母性原理”が物質に先立つのであって、しかもこれは不滅です!
Primal Matter, the Mother principle of creation, preceded form ... and is indestructible!

 

吸引と反発の法則によって、物質を構成している小さな原子は形態物を作るために集結せしめられていますが、
Through the law of attraction and repulsion the tiny atoms composing matter are gathered together to build a form;

 

結局その形態物は崩壊し、原子は解放されてふたたび別な物をあらわすために利用されます。
but eventually that form will disintegrate and the atoms will be set free, to be used again in manifesting yet another form.

 

 

For, "dust thou art, and unto dust shalt thou return." Gen. 3:19.

 

この法則の働きについては庭を見ればよくわかります。
Our gardens furnish a very understandable example of this law in operation.

 

花は成熟してその種子をばらまき、それから死滅します。
The flower matures, broadcasts its seed, then dies.

 

分解作用によってその植物はもとのチリにかえり、
Through decomposition, the plant will return to the dust from whence it came;

 

かつてその花を形成していた原子を土と空気の中に解放するのです。
thereby releasing into the soil and the atmosphere, the atoms which once formed its body.

 

今度はその苗床にまったく別な花の種子をまいたとしましょう。
Let us now sow a totally different species in the bed.

 

この新しい種子は、以前の植物の分解によって肥えていた土から自分の養分をとり、そのようにして、かつて以前の花を作りあげていた原子そのものを利用します。
These new seeds will draw their sustenance from the soil enriched by the decomposition of the first plant, and in so doing they will use the very atoms that once made up that plant.

 

したがって、この同じ原子がいまや新しい形態物を現象化させているのですが、根本的にはその原子は全然変化していません。
Therefore, these same atoms are now bringing a new form into manifestation, yet basically, they have in no way been changed.

 

人間の場合もこれと同様です。
So it is with Man.

 

その肉体──”チリ”すなわち物質の原子から作られたもの──の原子は永久に何度も利用されています。
The atoms of his physical body - made from the "dust," or atoms of matter - have been used and reused throughout eternity.

 

こうして、この宇宙(人間)は肉体を形成するごとに得た体験について消すことのできない記憶を運ぶのです。
Thus, these miniature universes carry an indelible memory of the experiences they have participated in during each manifestation.

 

これはいわゆる”過去世の記憶”のほとんどの例を説明するものです。
This accounts for most of the so-called memories of previous lives.

 

自分はかつて地上でジュリアス・シーザーとして生きていたという感じをもつ人があるかもしれません。そしてその人のエゴは得意になっています。
A person may receive an impression that he once lived on earth as Julius Caesar, and his ego will be inflated.

 

しかし、実際にはその肉体の少数の細胞がかつてシーザーの肉体の中に存在した原子からなり立つこともありうるのです。
But in reality, a few cells of his body may be composed of atoms which were once present in the body of Caesar.

 

この”記憶”に関して私は長いあいだ興味ある観察をつづけてきました。
Over the years I have made an interesting observation regarding these "memories."

 

「自分は過去世においてただの一市民であったことを思い出した」という人はめったにいません。
It is indeed rare to find an individual who claims to remember being just plain Mr. Average Citizen.

 

この過去世の記憶なるものには──多くの場合きわめて真実らしくみえますが──大ピラミッドの落成式で司祭をつとめた高僧であったというのから、もっと近代の有名な歴史上の人物に至るまで、普通は偉い人ばかりが出てきます。
These memories - which in many instances can seem very real - usually involve illustrious persons; everyone from the high priests who officiated at the initiation ceremonies in the Great Pyramid, to more recent characters of history familiar to us all.

 

しかしこんな記憶例のほとんどは細胞の記憶ではありません。そんなのはただ自分のエゴを高めている人にすぎないのです。
The vast majority of these are not even cell memories ... they are simply man exalting his ego.

 


 



 


「物質は力を持つ微粒子でかこまれた空間」<< Prev | Next >>「人間の魂は真実の記憶を運ぶ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)