アダムスキー「テレパシー」 第2部 第1章 対訳

人間の魂は真実の記憶を運ぶ

人間の魂は真実の記憶を運ぶ

 

 

ところで細胞の真実の記憶について話をもどしますと、
But to return to the true cell memory;

 

万象は原子からなり立っていて、その原子は形態物の創造や改造のために何度も利用されていますので、万物の相互関係はきわめて明らかです。
because all manifestation consists of atoms, which, through creation and recreation are used and reused to make forms, the interrelationship between all things is self-evident.

 

現在あなたの肉体を作りあげている原子は、かつては無数の他の人体や形態物を構成するのに役立っていました。
The atoms which now make up your physical body, previously contributed to the construction of innumerable other bodies and forms.

 

そして前述しましたように、居住者が放った想念波動のしみ込んでいる家屋の細胞と同様に、肉体の細胞も人体になるごとに本人から放たれる記憶を持ち運ぶのです。
And like the cells of the dwellings mentioned earlier which were impregnated with the vibrations received from the occupants, the cells of the body will carry memories received from each manifestation.

 

創造主が人間の鼻に生命の息を吹き込んだとき、人問に与えられた”生ける魂”は”真実の記憶の書物”を運びますが、
The Living Soul, given to man when the Creator breathed the breath of Life into his nostrils, does carry the True Book of Remembrance;

 

しかしかつて生きた人または現在地上で生きている人で、この記憶の書物が読めるほどの高い理解力を持つ人間に進化した人はほとんどいません。
but few who have lived, or are now living on earth, have as yet evolved in understanding to the place where they may read.

 

たしかに、ごくまれな機会に人間はこの記憶の書のあちらこちらで一語だけをチラリとのぞき読みすることがあって、理解力でこの語の意味を正しく解釈することもあるでしょう。
True, on rare occasions we may be given a glimpse of a word here and there, and with understanding can interpret these correctly.

 

しかし、大多数の地球人は心を思うようにコントロールすることをまだ知っていませんから、ほんのちょっとのぞき読みするくらいのことしか許されないのです。
But since most Earthlings have not yet learned sufficient control over the sense-mind, more than a brief glance cannot be vouchsafed them.

 


 


 


「人間が過去世から記憶を運ぶ理由」<< Prev | Next >>「肉体細胞は想念波動を放つ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)