アダムスキー「テレパシー」 第2部 第2章 対訳

心配と不安を捨てること

心配と不安を捨てること

 

 

ここでちょっとあなた自身を公平に調べてごらんなさい。
Stop and study yourself impartially.

 

たえず落ち着かないで、体は緊張してぶるぶる震え、神経は大騒ぎしてはいませんか。
Do you rush about, your body a quivering mass of taut, jangling nerves?

 

あなたの心は、やりとげねばならないと思っている物事すべてのほうヘ大急ぎで走ってはいませんか。
Is your mind racing ahead to all the things you feel you must accomplish?

 

もしそうだとすれば、あなたの肉体のあらゆる筋肉が緊張していることがわかるでしょう。
If so, you will find every muscle in your body is tense.

 

一日の終わりにあなたの肉体と心は疲れているでしょう。
At the end of the day your body and mind will be fatigued.

 

心が安まっていなければ睡眠さえも休息とはならないでしょうし、そして、自然の基本法則の一つにたえずそむいていれば、自然もいつかはあなたにそむくでしょう。
Even sleep will not bring repose if the mind is not at rest, and in time nature will rebel against your continuously breaking one of her fundamental laws.

 

なぜなら、あなたの肉体と心が緊張し心配していれば、細胞は正しく機能を果たさないからです。
For when your body and mind are tensed and worried, the cells will not function properly.

 

肉体細胞の自然の状態は、ゆったりとした、しかもたえず生命ヘ接近している状態です。
The natural state of the body cells is a relaxed, yet busy approach to life.

 

あなたが緊張して細胞群の正常な発現状態をゆがめてしまうと、それらはあなたの周囲全体にこの不調和の念を放つのであって、
When you distort their normal expression through tenseness, they broadcast this inharmony to all about you.

 

私たちは日常生活でこの多くの例を体験しています。
We have many examples of this in our daily lives.

 

あなたがいらいらして気分がすぐれないで、だれかに激しく怒鳴り返すならば、普通の場合、鋭い返答が返ってくることに注目すべきです。
Notice that when you are tense and out of sorts, and lash out at someone with a sharp retort, you will usually receive a sharp answer.

 

これは相手の肉体細胞にたいしてあなたの肉体細胞が不満の感じを印象づけたためです。
This is caused by the cells of your body impressing their feeling of discontent upon the body cells of the other person.

 

そして、強烈な破壊的感情をあなたがあらわしている場合、大抵の人はこれを警戒することを知らないために、相手の肉体細胞も同じように応えるのです。
And because you are expressing a strong, destructive emotion that most people have not learned to guard against, their body cells respond in like manner.

 

したがって、あなたが自分の周囲の人々のために生活を幸福にしようと思うならば、このような感情に注意しなければなりません!
So if you want to make a happy life for yourself and those around you ... watch those emotions!

 

どんな小さなことにでも、またどんな大きなことにでも、すべて心配することはやめなさい。
Stop worrying over every little thing - and over every big thing, too.

 

心配が問題を解法したり環境を変えたりすることは絶対にないのです。
Worry has never yet solved a problem or changed a circumstance.

 


 


 


「想念は肉体に強い影響を与える」<< Prev | Next >>「心配したために重病になった婦人の例」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)