アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

激しい感情は肉体を破壊する

激しい感情は肉体を破壊する

 

 

私たちの体内にいる小さな細胞化学者たちは、自然から与えられたある正確な原型にしたがって各自の義務を果たしています。
The little cell chemists within us perform their duties according to an exact pattern laid down by nature.

 

しかし、もし恐怖、気苦労、怒りなどのために、心が肉体内の各種の腺を刺激しすぎてこの原型をゆがめますと、体の”流れ作業”全部が混乱におちいります。
But if through fear, anxiety, or anrger, the mind distorts this pattern by overactivating certain glands in the body, the whole "assembly line" is thrown into confusion.

 

あらゆる状況を予想している”主なる建設者”は、肉体が危険な状態になると、この腺をひどく刺激し、超越的な力、思わぬ敏速さなどをすぐ呼び出す能力を、動物と人間の両方に与えているのです。
The Master Builder, anticipating all situations, has provided both animals and humans with the ability to summon super-strength, unaccustomed agility, etc., when the body is in danger, by over-stimulation of these glands.

 

これが自己保護の法則の働きです。
This is the law of self-preservation in operation.

 

しかし、コントロールされない感情によって私たちの多くは日常ほとんどこの腺を働かせすぎていて、
However, through our uncontrolled emotions many of us keep these glands over-active a great part of the time;

 

そのために肉体の化学作用がバランスを失っています。
thereby throwing the chemistry of our bodies out of balance.

 

だからこそ各感覚器官をコントロールする必要があるわけです。
This goes back to the need of controlling the senses;

 

というのは、破壊的感情を刺激したりこれに耐えたりするのは、センスマインド(感覚器官の心)であるからです。
for it is the sense-mind that arouses and tolerates these destrcutive emotions.

 

そこで、この破壊的感情をもっと注意深く調べてみることにしましょう。これをおろそかにすると、この感情が私たちの生活の大部分を作りあげてしまいます。
So it might be well for us to take a closer look at these emotions, which, unless guarded against, make up so much of our lives.

 

人間が心の中にどんな想念を起こしても、それは肉体細胞のすべてに影響を与えるという明らかな証拠があります。表面にあらわれる表情がこの証拠を充分に示しているからです。
We have ready proof that whatever thought a man holds in his mind affects every cell in his body, for his outward expression gives ample evidence of this.

 

怒りは呼吸を早め、血圧を高くして卒中さえ起こし、体の筋肉を震わせて顔の表情をゆがめます。
Anger quickens the respiration, raises the blood pressure - even to the point of apoplexy - causes the muscles of the body to tremble, and distorts the features.

 

だから影響をこうむるのは脳だけではないということがはっきりします。
So it is obvious that it is not the brain alone which is affected;

 

肉体細胞のすべてがその激しい感情に反応するからです。
for every cell in the body reacts to the violent emotion.

 

そればかりでなく、肉体から発する波動が部屋に充満します。
What is more, emanations radiating from that body can fill a room.

 

このような精神波動は、二人の人がケンカをしている部屋の中ヘ入ったときに感じることができます。
We are given a good illustration of the tangibility of these emanations when we walk into a room where two people are quarreling.

 

こちらが中ヘ入ると、二人は急にケンカをやめて、嬉しそうなそぶりを見せながらこちらヘ挨拶するでしょう。
Upon our entrance the quarrel will stop abruptly, and both parties will turn to greet us with a false heartiness.

 

二人とも何事もなかったのだというような顔つきをしようとしますけれども、彼らの目はなおも怒りに燃えていて、顔はこわばっており、微笑はわざとらしく見えます。
Though they are trying to pretend that everything is normal between them, their eyes will still be bright with anger and their features tense, making their smiles appear fixed.

 

そして、こちらが部屋を横切りますと、まわりの雰囲気は強烈な怒りの想念で震えています。
And as we cross the room, the atmosphere around us will be vibrant with the strong thoughts of wrath.

 

相手二人の感情が静まるまでは、そこにいる人はみなまったく困ってしまいます。
All present will be acutely embarrassed until the participants are able to bring their emotions under control.

 

二人のあいだに憎しみが深く根ざしていないならば、雰囲気は明るくなって、親しみの感じがよみがえってくるでしょう。
Unless the animosity between these two people is deep-rooted, the atmosphere will clear and a feeling of friendliness will return.

 

しかし、二人がていねいな言棄で自分たちの感情をどんなに気をつけて隠そうとしたところで、たがいにひそかに敵意を持ちつづけるならば、触覚経路を通じて私たちもそれに気づくようになります。
However, regardless of how carefully they try to cover their true feelings with polite conversation, if the enmity between them continues under the surface, we can become aware of it through the feeling channel.

 

ここでもまた、肉体細胞からくるテレパシックな印象すなわち”感じ”によって、目前の状態の真相を感受したのです。
Here, again, we have received the true picture of existing conditions through telepathic impressions, or feeling, from the body cells.

 

というのは、たとえこちらが盲目であったとしても、室内の不調和な波動がそれ自体をこちらにしるしますし、相手がいかにこころよい言葉を語ったところで、その波動は言葉と一致しないのです。
For even though we were sightless, the discordant vibrations in the room would impress themselves upon us, belying any honeyed words which might be spoken.

 


 



 


「感情が肉体細胞におよぼす影響」<< Prev | Next >>「悔みの念の恐ろしさ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)