アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

悔みの念の恐ろしさ

悔みの念の恐ろしさ

 

 

私たちの心と肉体を荒らすこの望ましくない感情について述べるついでに、ここで恨みの念をいだくことの危険性を指摘するのもよろしいかと思います。
While we are discussing these undesirable emotions which play such havoc with our minds and bodies, it would be well to point out the danger of holding a grudge.

 

人間が憎しみの想念をいだき、仕返しをしてやろうという顧いでそれをたえずあおりたてますと、口から毒薬を飲むのとまったく同じほどに心と肉体を毒していることになるのです。
When we nurse thoughts of hatred, feeding them constantly in our desire for revenge, we are poisoning our minds and our bodies as surely as if we were taking a noxious drug by mouth.

 

こちらが憎んでいる相手はこちらの態度に全然気がつかないかもしれません。
The target of our hatred may be totally unaware of our attitude;

 

もし気づいているとすれば、相手はこちらの想念を感受するのをこばむことによって、かわすことができます。
or if he is aware, he can turn these thoughts aside by refusing to allow them entry.

 

いいかえれば、相手はこちらの精神の未熟さを認めて、こちらから発するこの低い想念を拒否することもできるのです。
In other words, he can recognize our mental immaturity and not accept these derogatory thought vibrations from us.

 

そうなるとさらに敗北の怒りがこちらの憎しみに加わって、自分になおいっそうの害を引き起こすことになります。
This adds frustration to our hatred, and causes us still more harm.

 

そこで明らかなのは、このような環境にあっては自分自身だけが苦しむということです。
So it is apparent that we, alone, suffer in these circumstances.

 

そして、この状態が長くつづけば自然は恐しく高い代価を強要するでしょう。その理由は、自分を取りまいている雰囲気を汚濁させて、結局は、友人連を自分から遠ざけるのみならず、終始自分の肉体をひどく傷つけるからです。
And if prolonged, nature will exact a terrible price, because we not only keep the atmosphere immediately surrounding us polluted with our discordant thought vibrations, which will eventually alienate us from our friends, but all the while we are inexorably poisoning our physical bodies.

 


 


 


「激しい感情は肉体を破壊する」<< Prev | Next >>「他人の有害な想念を防ぐ方法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)