アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

他人の有害な想念を防ぐ方法

他人の有害な想念を防ぐ方法

 

 

前にも述べましたが、想念は習慣になることがあるということを思い出してください。
Remember, we have shown earlier that thought can become a habit.

 

私たちは利己主義、不平、貪欲などの心を発達させることができますが、
We can develop thought-patterns of selfishness, discontent and greed;

 

また謙虚、穏和、寛大などの心を養うこともできます。
or we can cultivate thought-habits of humility, serenity and generosity.

 

そのどちらをとるかは自分自身できめるべきです。
The choice is ours.

 

そして、実際に分析をしてみますと、私たちの生活は環境よりもむしろ自分の習慣的な想念に支配されていることがわかります。
And if a true analysis were to be made, we would find our lives are governed less by circumstances than by our thought habits.

 

私たちがぜいたくに暮らしているかそれとも貧乏かは問題ではありません。
It does not matter whether we live in luxury, or in poverty;

 

ただ私たちは自分の想念の型を選ぶ権利をもっているのです。
we have the right to choose our thought-patterns.

 

私たちの肉体はこれまでに地上で建てられている誤った経済的な障壁の奴隷になっているかもしれませんが、しかし心は自由です。
Our bodies may be enslaved by the false economic barriers that have been raised on earth, but our minds are free.

 

肉体と心をよく理解すれば私たちも自分で想念をコントロールできるようになります。
Thoughts are ours to control, when we better understand our bodies and our minds.

 

私たちが日常出会う人々はこちらの生活に影響をおよぼすでしょうが、
Those with whom we come in contact daily, will affect our lives;

 

それはこちらが相手に許す程度にとどまります。
but only to the extent we permit them.

 

たとえば、不機嫌な人に会ってその人が厭世哲学を語るのを聞くとき、もしこちらが警戒していないならば、こちらも憂うつな感じにつつまれて、その状態は数時間または数日間もつづくかもしれません。
For example, when we meet a disgruntled person and listen to him expound his philosophy of gloom, unless we are on guard, a feeling of depression will envelop us which may last for hours or even days.

 

これは相手の肉体と心から放射される憂うつの波動によって生じたのであり、それが絶望の感じをこちらの心と肉体に与えるのです。
This is caused by the melancholy vibrations emanating from his mind and body, affecting our mind and body cells with a feeling of despair.

 

しかしこちらに理解力があれば相手の態度を受け入れるのをこばむことができますし、相手の言葉を聞いているあいだに、こちらの心を平静に保つこともできます。
But when we have understanding, we can refuse to accept his attitude, and keep our minds serene while listening to him.

 

なにかの有害な精神波動がどんな具合にこちらヘ影響しようとしても、このバランスのとれた心がそれをさまたげるのです。
This balance of mind will counteract any harmful radiations that might otherwise influence us.

 


 


 


「悔みの念の恐ろしさ」<< Prev | Next >>「善意な楽天的な人と接することが大切」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)