アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

常に喜びながら生活すること

常に喜びながら生活すること

 

 

私たちは遂行しなければならない一定の日常の仕事を持っていますから、どんな仕事でも喜びをもって行なわなければならないことに気づくのは賢明です。
Since we all have certain daily routines we must follow, it is advisable to learn to do everything with joy.

 

自分にとって果たさねばならない仕事があるということをまず喜びなさい。そしてその仕事を自分が遂行できることに感謝することです。
Be happy there is a task for you to do, and be thankful you are able to do it.

 

私たちが自分をいらいらさせる力を仕事に与えないかぎり、どんなにつまらなさそうな仕事にしても退屈な仕事というものはありません。
No task is irksome, regardless of how menial, unless we give it the power to irritate us.

 

あなたの心が生活の苛立ちに占められて肉体の細胞の機能を台なしにしないようにすることです。この状態は感受力ヘの戸口を閉じるからです。
Do not allow the little vexations of life to control your mind and upset the functioning of the body cells, for this closes the door to receptivity.

 

私たちの日常の態度の重要さをどんなに強調してもしすぎることはありません。
I cannot stress too strongly the importance of our daily attitudes;

 

習慣的な考え方が作られるのは日常生活の長い時間のあいだなのですから──。
for it is during the long hours of routine living that our thought-habits are formed.

 

毎日の一定時間を勉強についやすのは称賛にあたいすることですけれども、もし書物を閉じると同時に心が気苦労という古い考え方に逆もどりするならば、その勉強から得られた成果は水のアワとなってしまいます。
While it is an admirable practice to devote a specified number of hours each day to study, if, with the closing of the book, the mind reverts to the old thought-pattern of worry, the benefit gained from study is nullified.

 

破壊的な感情が生活におよぼす有害な影響をこれまでに述べてきました。
We have shown the detrimental influence destructive emotions have in our lives;

 

しかもその感情の威力がどんなにたやすくくずれるものであるかを示す簡単な証拠があります。
yet, there is a simple demonstration to prove how easily their hold can be broken.

 

怒っている人に楽しい想念を吹き込んでやりますと本人の強烈な破壊的感情は急速に消えます。
If we can get an angry person to accept a pleasant thought, his strong, destructive emotion will quickly fade.

 

人間が楽しいときには、怒り、気苦労、心配などの想念その他自分にわざわいするような破壊的感情を心は保つことができません。
The mind cannot retain thoughts of anger, fear, anxiety, worry, or any of the other destructive emotions which plague it, when one is happy.

 

この均衡のとれた状態にあっては、人間は”自然”の調和の法則を応用しているのです。
In this balanced state, we are using Nature's law of harmony;

 

そしてその法則が心をゆったりとさせ、肉体の緊張をとき放ち、自由なテレパシーの感受力ヘの道を開くのです。
which relaxes the mind, releases tension in the body, and opens the way for unhampered telepathic reception.

 


 


 


「喜びに満ちた想念がテレパシー感受の基本」<< Prev | Next >>「子供は大人の想念の影」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)