アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

大宇宙に語りかけるためのカギ

大宇宙に語りかけるためのカギ

 

 

以上の説明は、波動は物から物ヘ伝わるものであることを示す少数の例にすぎません。
These are but a few examples of what I meant when I referred to impressions as being from effect to effect.

 

人間は想念をほとんど無限に広げることができますが、
This thought can be enlarged upon almost indefinitely;

 

その上におかれる唯一の制限は私たちの空想力に限界があるということです。
the only limitation placed on it is the scope of our imaginations.

 

だれもが自分の日常生活を慎重に調べて、以上のような実例をできるだけ多く見つけては分析する必要があります。
Each person should search thoughtfully into his daily life, recognizing and studying as many of these examples as possible.

 

大宇宙に語りかけようという意識を開くためのカギは、心の徹底的かつ公平な分析と理解にあります。
The key to opening the consciousness to commune with the Cosmos, is a thorough, impartial analysis and understanding of ... mind.

 

なぜなら心は人間があらわす意識に通じているからです。
For it is through consciousness man expresses;

 

それゆえ肉体の内部と宇宙自体の両方から、心に影響を与えることのできる万物のすべての面をよく理解すればするほど、人間の”宇宙の因”にたいする理解も向上してくるのです。
so the better his understanding of the many pases of creation which are capable of influencing his mind - both from within the body, and from space itself - the more comprehensive will be his understanding of Cosmic Cause.

 


 


 


「子供は大人の想念の影」<< Prev | Next >>「他の惑星からくる想念波動と地球人の習慣的な想念」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)