アダムスキー「テレパシー」 第2部 第4章 対訳

宇宙の混合と融合の実態

宇宙の混合と融合の実態

 

 

さて”宇宙”の混合と融合についてもっとくわしく説明することにしましょう。
Now let us return to a fuller explanation of the blending and interblending of the Cosmos.

 

惑星が自転と公転の両方にわたってすさまじいスピードで回転しながら宇宙空間を運動するとき、それは球体の一部をチリ、ガスなどの形でたえず空間に放っています。
As a planet moves through space, traveling at awe-inspiring speeds both on its axis and in the orbit it follows around the sun, it is eternally depositing portions of its body in space as dust, gases, etc.

 

ところが、これらの微粒子を形成している原子はすべてその惑星から放たれた想念波動をおびているのです。前述したように家屋の細胞が居住者の想念波動で満たされているのとまったく同じようなものです。
The atoms forming these particles are all impregnated with thought frequencies from that planet - just as were the cells of the dwellings mentioned earlier impregnated with the thought vibrations of the occupants.

 

このガスやチリは宇宙空間という大海の波をただよい、他の惑星から舞いあがった同じようなチリやガスといっしょになり、もとの惑星からそれらを自由に放出したのと同じ運動によって別な惑星に集められます。
These gases and dusts will travel the waves of the sea of space, mingling and intermingling with similar dusts and gases from other worlds, until eventually they are gathered unto another planet through the same motion that cast them free from their home body.

 

長いあいだ人類は地上に降りそそぐこの宇宙塵に気づいていて科学者はそれを克明に研究しました。
For centuries man has been aware of this star dust falling to earth, and science has studied it closely.

 

この宇宙塵は無数の他の惑星から篩にかけられたように落ちてくるのですけれども、一方この地球も自身の体から宇宙の彼方ヘチリの微粒子やガスを放っています。
While this cosmic dust sifts down from countless other worlds, our planet, in turn, is broadcasting dust particles and gases from its own body into space.

 

このチリやガスにしみ込んでいる想念波動は、それらが宇宙空問を動きまわっても変化しません。
The thought frequencies pervading these dusts and gases are not altered by their trip through space.

 

したがって、他の惑星からやってきてこの大気中を現に動いているこれらの波動の一つを私たちが感受しても、それは私たちが他の惑星の住人と連絡しているということにはなりません。
So when we intercept one of these vibrations that has come from another world and is now moving in our atmosphere, it does not mean we are in contact with a dweller on that planet.

 

ただそこから放たれた想念を拾ったというだけで、その想念はこの地球人類によって放たれた無数の想念と同じ程度の価値しかもっていないのです。
It can mean we have merely picked up a discarded thought from there, which contains no more value than any of the billions discarded by our own Earthlings.

 

宇宙にはあらゆる段階の精神の発達の状態が存在している事実を常に記憶すべきです。
It must always be borne in mind that all levels of mental development exist throughout the Cosmos.

 

近年になって他の惑星から人類が飛来しつつあるという説が一般でとなえられるようになり、特にある神学者たちは、聖書の中に書かれている神秘的な訪問者は疑いもなく宇宙人を意味するものだといっていますので、他の惑星の人類といえばすべて地球人よりもはるかに進歩しているのだと考える人が多いようです。
Since in recent years so much publicity has been given to the coming of visitors from other worlds, and particularly since some theologians now recognize that the mysterious visitations spoken of in the Bible undoubtedly referred to space people, many Earthlings are inclined to think that all dwellers on other planets are more advanced than ourselves.

 

しかしこれはまちがっています。
This is not true.

 

宇宙のあらゆる惑星は”宇宙の生命の学校”の教室みたいなもので、
All planets are class rooms in the Cosmic School of Life;

 

地球よりもずっと発達の遅れているものから、最高のもの──地球人の現在の理解を趣えた惑星──に至るまで、いろいろの学年があるのです。
and there exist many grades, from those far below us in development, to the very highest ... which are beyond our present comprehension.

 


 


 


「他の惑星からくる想念波動と地球人の習慣的な想念」<< Prev | Next >>「宇宙にはさまざまな段階の惑星がある」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)