アダムスキー「テレパシー」 第2部 第4章 対訳

霊媒は死者と通信しているのではない

霊媒は死者と通信しているのではない

 

 

これをもっとわかりやすく説明しましょう。たとえば、あなたが空想にふけっているとき、かつてプラトンが存命中に放った偉大な想念波動の一つを感受する幸運にめぐまれたとしても、それは”霊界”のプラトンから送られたメッセージを受信したのではありません。
To make this illustration more understandable, should you, while daydreaming, have the good fortune to receive one of the great thought-frequencies Plato set in motion while he lived on earth, you would not be receiving a "message" from Plato in the "spirit world."

 

あなたは彼の生存中に空間に刻まれたその想念波動をただとらえたにすぎないのです。
You would merely be picking up that thought vibration which was imprinted in space during his lifetime.

 

多くの霊媒はこのワナに落ち込んでいて、実際に死者と通信しているのだとばかり思い込んでいます。
Many mediums are caught in this trap, and never escape from the illusion that they are in actual contact with the person.

 

霊媒自身の心の働きや自分の肉体細胞から発せられる波動を理解することなく、自分が住んでいる想念波動という大海に気づかないで、自分の周囲にある無数の波動に含まれる”予言やメッセージ”を霊媒たちは熱心に受け入れているのです。
Not understanding the workings of their own minds or the impressions coming from the cells of their bodies, and having no comprehension of the vast sea of thought vibrations within which they live, they eagerly accept the "prophecies 2nd messages" contained in the innumerable frequency levels around them.

 

真の透視は知覚作用の自然の発達なのですが、それは第V部で説明することにしましょう。
True clairvoyance is a natural unfolding of the perceptions, which will be discussed in Part Three.

 

しかし強烈な破壊的感情または低劣な惑星からくる波動を傍受することよりも、日常生活でもっと重要なことは、たえず私たちの周囲に浮動している想念波動によってこちらが影響を受けるときのその微妙な受け方です。
But of more importance to us in our daily lives than either the strong, destructive emotions, or the interception of vibrations from the lower planets, is the subtle manner in which we are influenced by the waves of thought floating around us at all times.

 

全宇宙は想念を生み出す働きでなりたっているのですから、人体も他のあらゆる物もひとしく外部の源から一秒間に数十億の想念をあびせられているばかりでなく、それ自身からも数十億の想念を作り出していることが容易にわかるはずです。
Inasmuch as the total universe is composed of thought-producing action, we can easily perceive that the human form a swell as every other type of manifestation, is not only bombarded with billions of thoughts per second from outside sources, but is also creating billions of thoughts pertaining to itself.

 

大抵の場合、外部からこちらヘやってくる想念を生み出した人々は、現象の世界だけしか理解していません。
In most cases, the thinkers who gave birth to those thoughts coming to us from the outside, were limited to an understanding of the world of effect.

 

したがって、その人々の想念は分裂、不和、個人的な好き嫌い、その他利己主義の表現などをともなっているのです。
Therefore, their thought emanations are steeped in divisions, discriminations, personal likes and dislikes, and other expressions of the ego.

 

これらの波動は、強烈な感情と接触する普通人の意識に直接の衝撃を加えませんけれども、たえず警戒していないと、それらは個人的意見、非難、俗物根性として普通人の想念の中にスキをみてはずるずると入り込んできます。
While these will not have the immediate impact upon our consciousness that contact with the strong emotions registered, unless guarded against constantly, they will insinuate themselves insidiously into our thinking pattern as opinions, criticism, snobbishness, and so forth.

 

激怒は心に瞬間的に強い影響を与えますが、本人がそのあとずっと不気嫌を静めてゆきますと、心はしだいに普通の均衡状態をとりもどして、
A flare of anger impresses the mind momentarily, but unless the person develops into a perpetual grouch, the mind will gradually regain its normal equilibrium;

 

それまで従っていたのと同じ古いおきまりの想念の追求をふたたび始めます。
and once again resume its pursuance of thoughts in the same old rut it has been following.

 


 


 


「価値のない宇宙人メッセージ」<< Prev | Next >>「自分をコントコールすること」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)