アダムスキー「テレパシー」 第2部 第4章 対訳

自分をコントコールすること

自分をコントコールすること

 

 

人間の目が天空を見あげ、その手が”生命の階段”のより高い段のほうヘたえず伸ばされているのは、万物にたいするよき理解を得ようとする”人間”の本能的な生来の欲求です。
It is the instinctive, inborn desire in Man for a better understanding of all he sees about him, that keeps his eyes raised heavenward and his hand ever reaching for a higher rung on the Ladder of life.

 

そうでなければ、人間は類人猿のごとき存在で満足し、
If this were not so, he would have been content with a sub-human existence;

 

”太陽神”が毎日上空を通過する理由や、嵐を防いでくれる保護者である巨大なカシの木が小さなドングリからどうして生長するのか、といったことなどをけっして詮索しないでしょう。
never seeking the answer to why the Sun God rode through the sky each day, or how his protector from the storm, the mighty oak, sprouted from a tiny acorn.

 

せっかちな人にとっては、人類の発達が情けないほどすすまないように見えますが、
To the impatient mind, man's progress seems discouragingly slow;

 

しかし”生ける魂”は常に発現し展開しつつあるのです。
but the Living Soul is ever unfolding and expanding.

 

そして、ときには一歩すすんだところで二歩すべって逆もどりしたように見えるかもしれませんが、ゆっくりと、しかし勝ち誇って人間は”父”の家にある多くの館(訳注=惑星)の別な一軒の住人になろうとして準備しているのです。
And though at times we may appear to have slipped back two steps where we have taken one, slowly but triumphantly man is preparing himself to become an occupant in another of the many mansions in the Father's house.

 

しかしこれをなしとげるには、人間は、自分の感情、感覚器官の反応、利己的欲求などをコントロールすることをまず知って、
But to accomplish this he must first learn to control his emotions, his sense reactions, his selfish desires;

 

自分が万物と一体であることを理解しなければなりません。
and to understand that he is one with all creation.

 

また現在の肉体中で振動している原子が、物質の創造に際して幾度も利用されており、
He must comprehend that the atoms vibrating in his present body have been used and reused throughout creation;

 

そのためにその原子が最低の段階の物から大昔に空間ヘ吸収し返された巨大な惑星の地殻に至るまで、あらゆる物質界の形成に参加したことがあるということを知る必要があります。
therefore, they have participated in every phase, from the lowest conceivable form, to immense planetary bodies that ages ago were absorbed back into space.

 

人間が自分で作りあげた分裂以外に真の分離というものはありません。
There are no divisions execpt those man has imposed upon himself.

 

コントロールされない感情が私たちの生活におよぼす影響を私はこれまで説明してきました。
We have shown earlier the influence uncontrolled emotions play in our lives;

 

すなわち不機嫌な状態がどんなに自分を友人たちから離してしまって人々に自分を避けさせるか、
how bad temper can separate us from our friends and cause people to avoid us;

 

気苦労が自分や周囲の人々すべてにどんなに不幸をもたらすものであるか、といった問題でした。
how anxiety can bring unhappiness to us and to all around us.

 

ですから、私たちの第一番の仕事はこのような破壊的感情を克服するにあることはまったく明らかです。
Therefore, is it not clear that our first task should be the conquering of these destructive emotions?

 

他人が自分の身代わりにこれを行なうことはできません。
No one can do this for us.

 

自分だけが自分の習慣的な考え方を変ええるのです。
Only we can change our thinking habits.

 

しかし、すでに私たちは肉体と心の働きについてだいぶわかってきましから、この目標に到達するのは以前よりはやさしくなったことと思います。
However, now that we have a clearer understanding of the workings of our bodies and minds, this should be an easier goal to reach.

 


 


 


「霊媒は死者と通信しているのではない」<< Prev | Next >>「第2部の要約」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)