アダムスキー「テレパシー」 第2部 第2部の要約 対訳

(2)受け入れるべき想念波動

(2)受け入れるべき想念波動

 

 

宇宙的想念波動の第一の経路は”宇宙の因”、すなわち真の”生命力”から、私たちの内部にある純粋なる因すなわち生命力ヘきます。
The first channel of Cosmic impression comes from Cosmic Cause, or true Life Force, to the pure cause, or life force within us.

 

”英知”あるこの”力”は万物にゆきわたり、非難や分裂をもたらさないことを私は示してきました。
We have shown that this Force in Intelligence permeates all manifestation, carrying no judgments or divisions.

 

これは”相関関係の法則”であり、この法則のもとに助けあうことによって、純粋な知識が謙虚な態度で求める人たちに近づいてきます。
This is the Law of Relativity wherein, through interrelationship, pure knowledge is accessible to those who seek in humility.

 

なぜなら私たちが自分の個性を超越するときに、”宇宙”は開かれた書物になるからです。
For the Cosmos can become an open bock when we overcome our personality.

 

宇宙的な価値はないにしても、現在生存している近親者や友人から想念を受けとるとき、あなたはそれを感受できます。
While not of Cosmic value, when you receive a thought from a relative or a friend who is now living, you can accept it.

 

この通信は自然のもので、しばしば愛する人から大切なメッセージを伝えます。
This communication is natural, and will often carry an important message from a loved one.

 

しかし分裂、不和の想念に注意しなさい。あなたが最もよく知っている人からくる想念でさえも──。
But guard against thoughts of discrimination or dissension - even from those we know best.

 

というのは、親しい人から受けとる不調和の想念も、全然末知の人からくる場合と同じく有害であるからです。
For a discordant thought is just as harmful when received from someone dear to us, as it is from a total stranger.

 

宇宙的想念波動の二番目の経路は、低い段階にある惑星から想念波動をもたらすのと同じ宇宙の融合を通じてきますが、
The second channel of Cosmic impression, comes from the same interblending of the Cosmos which brings the thought frequencies from the lower planets;

 

この場合の想念波動は地球人よりも高い進化をとげた人類からくるのです。
but in this case the thought frequencies are coming from people of higher development than those on earth.

 

この人々からくる想念波動は私たちにとって偉大な価値を持っています。なぜならその想念波動は私たちが世界の状態をさらに改善するのに役立つからです。
Impressions from them can be of great value to us, since they can help us better conditions in the world.

 

たとえば、『第2惑星からの地球訪問者』をお読みになった方は、この書の中に出てくる異星人たちがその生活態度をまったく公平に地球人の生活態度と比較しているのに気づかれるでしょう。
For instance, those of you who have read INSIDE THE SPACE SHIPS, will notice that the space people mentioned in the book compared their way of life to ours quite impartially.

 

彼らは地球人を非難したり裁いたりしてはいません。
They did not criticize or pass judgment upon us;

 

ただ二つの生活の面を分析しただけです。
they merely analyzed the two phases of life.

 

彼らは私たちがしたがわねばならない兄弟愛の道を示しましたが、地球人の利己的な欠点をとがめはしませんでした。
They pointed out the path of brotherhood we should follow, but they did not condemn us for our selfish shortcomings.

 

それどころか、わがままな年下の弟にたいして同情に満ちた理解ある態度を示したのです。
Rather, theirs was an attitude of compassionate understanding for a wayward, younger brother.

 

このような高い進化をとげた人々こそ、私たちが光明と啓発を仰ぐべき唯一の人々です。
These more highly evolved people are the only ones we should look to for enlightenment and help.

 

彼らの想念波動は低劣な惑星からくる印象と同じく私たちにある影響を与えるのですが、
Their thought freqeuncies are as accessible to us as the impressions from lower planets;

 

ここでふたたび申しますと、その波動は私たちの普通の想念の型に同調しませんから、私たちはそれに気づかぬままに心の中を通過させているのです。
but here again, because they do not conform to our normal thought patterns, we allow them to pass through our minds unnoticed.

 

宇宙的な想念波動の三番目の経路は細胞から細胞ヘの通信です。
The third channel of Cosmic impression, is the cell to cell communication.

 

記憶すべきは、宇宙のあらゆる原子はそれぞれ宇宙語を話しており、他の原子のすべてと通信ができるということです。
Remember, that every atom in the universe speaks the cosmic language, and is capable of communicating with every other atom.

 

創造のときに”母性原理”が現象を生み出すために、異なる割合で振動している原子を集めることによって物質を形成していることをこれまでに述べてきました。
We have shown that the Mother principle in creation forms matter by gathering together atoms vibrating at different rates to bring forth manifestation.

 

この”母性原理”は神すなわち”父性原理”と等しいものです。
This Mother principle is equal to the Divine, or Father principle of creation;

 

したがってその中に非難や不和は見い出せないでしょう。
therefore, you will find in it no judgment or discrimination;

 

見い出せるとすればそれはみずからを差別しているということになるからです。
for this would be discriminating against itself.

 

自然界は人間を平等なものとみなしていますが、
Nature respects man equally;

 

宇宙すなわち”自然の法則”もまたそうなのです。
so does Cosmic, or Natural law.

 

太陽が正しい者にも不正な者にも等しく輝き、生きものを非難したりしないのとまったく同じように”宇宙の物質”も自分を万象に公平に与えているのです。
As the sun shines alike on the just and the unjust, judging no form-life, so does Cosmic Matter lend itself impartially to all manifestation.

 

私たちがあらゆる生きものをながめてその本来の姿を見ることができるとき、”自然”は自身の秘密を解き明かし、喜んでそれを私たちに伝えてくれるのです。
When we can look upon all form-life and see it in its true light, Nature unlocks her secrets, and gladly shares them with us.

 


 



 


「(1)避けるべき想念波動」<< Prev | Next >>「不和、非難の想念は絶対にダメ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)