アダムスキー「テレパシー」 第2部 超能力開発の練習法 対訳

テレパシーの三つの要素

テレパシーの三つの要素

 

 

あなたが想念波動を受けとる能力をテストしようと思うならば、多くの簡単な実験がありますから試みてごらんなさい。
If you wish to test your ability to receive impressions, there are many simple experiments you may try.

 

しかしこれを行なうときには、次の三つの大切な要素を常に心にとどめなければなりません。
But while doing so, always bear in mind these three important facts.

 

(1) フィーリング(触覚)ヘ自由に想念波動を接触させるとき、自分の心と通信しようとする相手の心のあいだに分離はない。
First, when you allow the feeling to give the impression freely, there is no division between your mind and the mind of the one with whom you wish to communicate.

 

(2) 万物は生きものであって、
Second, all objects are living forms.

 

各自の構造においては、いずれもその個別化された形を保つために自分に必要な要素を持つばかりでなく、すべての細胞はあなたに生命を与えているのと同じ”英知”を宿している。
In their structure, besides the elements necessary for them to maintain their individualized form, each cell contains the same Intelligence which gives you life.

 

特殊化された各細胞は印象を受けることができ、細胞自身の体験を送信することができる。
Each particularized cell can receive impressions, and is capable of transmitting its experiences.

 

(3) 自分の各惑覚器官の反応を注意深くコントロールすること。
Third, control your sense reactions carefully.

 

どの感覚器官もまったく中立の状態にしておかねばならない。
They must remain completely neutral.

 

「これまでにまだ体験していないから、こんなことは不可能だ」というような言葉を自分の各感覚器官に語らせてはならない。
Do not let your senses tell you anything is impossible simply because they have not had experienced it previously.

 


 


 


「超能力開発の練習法」<< Prev | Next >>「練習1 二人の人間による送受信実験」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)