アダムスキー「テレパシー」 第2部 超能力開発の練習法 対訳

練習1 二人の人間による送受信実験

練習1 二人の人間による送受信実験
Exercise 1.

 

二人の人が互いに無言の言葉を送信したり受信したりして実験を行なうことができます。
Two people can experiment with sending and receiving messages.

 

初めは同じ部屋の中でこれを試みて、しだいに二人のあいだの距離を遠くしなさい。
Try this while in the same room, then at a distance;

 

ただし最初の試みは簡単な印象だけに限るべきです。
confining your attempts to simple impressions at first.

 

あなたが”送信者”である場合は、あなたの心の中に伝達しようと思うもののイメージを明瞭に描いて、それからそれを放ちなさい。
When you are the "sender," form the mental picture clearly in your mind, then release it.

 

精神を集中してはいけません!
Do not concentrate!

 

精神集中(訳注= concentration 精神の集中)はあなたの想念に力を加えることなく、むしろその集中が心の中に作り出す緊張のために想念を妨害するのです。
Concentration does not add power to your thought, but rather interferes with it through the tension it creates in your mind.

 

このことは第V部に詳述してあります。
This is fully explained in Part III of this course.

 

受信者はゆったりした状態でいて、自分の想念を自由に流れ出させておきます。
The recipient should remain relaxed, allowing his thoughts to flow freely.

 

最初の試みで、あなたが五つの印象のうち三つをうまく交換できれば成績は上位です。
It is considered a good average if at first you can successfully exchange three out of five impressions.

 

どの実験もゲームのように気楽に行なわねばなりません。かたくるしい態度は緊張を生み出しますので、
All experiments should be conducted as a game, for a serious attitude will produce tenseness;

 

そのためにうまくゆかないのです。
thereby defeating your purpose.

 

人間本来の性質は自然のままの状態にありますから、あまりに真剣にやろうとするとかならず緊張してきます。したがって最初の実験は短時間にとどめなければなりません。
Human nature being what it is, tension from trying too hard is bound to enter, so your first attempts should be for short periods only.

 

疲れが出始めたら実験を中止してください。疲労すると積極的なことは全然達成できないからです。
These experiments should be discontinued at the first sign of fatigue, for nothing constructive can be accomplished then.

 


 


 


「テレパシーの三つの要素」<< Prev | Next >>「練習2 物品、手紙、トランプなどを用いる実験」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)