アダムスキー「テレパシー」 第3部 第1章 対訳

自律訓練が不可欠

自律訓練が不可欠

 

 

古代においては、哲学の教師たちは弟子をひきとる前に肉体と心のある種のトレーニングをきびしく行なうように要求しました。
In olden times, teachers of philosophy demanded strict adherence to certain disciplines of body and mind before they would accept a pupil.

 

これは、もし自分の感覚器官の心と肉体の習慣とをコントロールすることができなければ、その人は高い教えを受ける準備がまだできていないということを教師たちが知っていたからです。
They did this because they knew that if a man could not control his sense mind and body-habits, he was not yet ready to receive higher instruction.

 

一部の偉大な指導者たちに至っては教えてみようとも決めぬうちから五年間の完全な無言の行を弟子入り希望者に命じたりしました。
Some great teachers demanded a five-year period of absolute silence from the pupil before they would even consider the possibility of instructing him.

 

こんな修行は現代の私たちにはひどいように思われますが、しかしそれは二つの目的を果たすのに役立ったのです。
This may seem drastic to us today, yet it served a two-fold purpose.

 

弟子は一同の会話に加わることができないために自制することを知りましたし、
The student learned self-control through not being able to participate in conversation around him;

 

やむを得ず傍聴者の立場にたつことになると、一同の中で取り交わされる質問の両面を研究し評価することもできました。
and the enforced role of an impartial listener made it possible for him to study and evaluate both sides of every question.

 

大昔のこのような教師の要求をよく考え、それを現代の私たちの生活に少しあてはめてみるのもよかろうと思います。
We would do well to ponder this ancient requirement, and incorporate a little of it into our lives today.

 

大抵の人は自分の意見を他人に押しつけるのに忙しいため、他人の言い分に耳を傾けようとはしません。
Most of us are so busy imposing our opinions upon others, that we really do not listen to what they have to say.

 

相手が問題について自分の立場を述べているにもかかわらず、相手がまちがっていることを証明しようとしてやたらに自分の持論を並べたてるものですから、相手の言葉などはほとんど耳にはいらないのです。
While others are presenting their side of the subject, our minds are so busy marshalling our own arguments to prove them wrong, that we do not hear more than a fraction of what is being said.

 

したがって、人間が自分自身を訓練するまでは本当の向上はできないことを知っていた過去の偉大な指導者たちは、進歩が期待できそうにもない場合、自分の時間も弟子の時間も浪費したくなかったのです。
So the great teachers of the past, comprehending that real development cannot come until man has disciplined himself, refused to waste either their time, or that of the pupil, where growth would be doubtful.

 

”宇宙の進化の法則”によって、自分自身、自分と万物との関係を正しく評価する必要があることを、弟子はやがて心の底から気づくようになることが教師たちにはわかっていました。
They understood that the Cosmic Law of Progression would in time inspire the person to realize the necessity of an honest evaluation of himself, and of his relationship to all creation.

 

弟子はそのとき自制なるものが根本的な要件であることを知るにちがいないのです。
He would then know that self-control was a prime requisite.

 

テレパシーはその”法則”のあらわれです。
Telepathy is an expression of the Law;

 

それは宇宙と同様に永遠なるものです。
which is as ageless as the Cosmos.

 

人間が理解力を身につけてそれを応用したいと思うなら、自律トレーニングの実行がいかに重要であるかを知らねばなりません。
If man hopes to use it with understanding, he must recognize how imperative it is for him to practice selfdiscipline.

 

自分自身の内部に分裂感をもちつづけるかぎり、感受力はその人の心が働いている程度にしか作用しません。
As long as he allows dissension to continue within himself, his receptivity will be confined to the level upon which his mind works.

 

”宇宙の諸法則”は不変です。そして、いつか人間は自分に内在する能力に気づくようになるのです。
The Laws of the Cosmos are immutable, and in time man will awaken to his potential;

 

人間におしかかっている唯一の制限は、自分の無限の能力に気づかないために自分で勝手につくり出した制限にすぎないからです。
for the only limitations placed upon man, are those his unawareness imposes.

 


 


 


「エゴをコントロールすること」<< Prev | Next >>「意識と英知の相違とは」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)