アダムスキー「テレパシー」 第3部 第1章 対訳

強力な波動に引きよせられる実例

強力な波動に引きよせられる実例

 

 

次のように説明してみましょう。
Let us use an illustration such as this:

 

ありふれた灰皿を一枚用意して、その底に微細な鉄粉をごく薄くまき、その皿を室内の片隅におきます。
We will take an ordinary pie tin, sprinkle a very light layer of fine steel dust over the bottom, then place it at one end of the room.

 

そして反対側の隅に立って、バイオリンで音を出してみます。
Standing at the opposite end of the room, we will play a note on a violin.

 

楽音というものは空気中にその音の高さに応じた波動を生み出すことはよく知られた事実ですから、もしその音を正確に出しつづけていますと、鳴り響いているその音を一種の絵模様であらわそうとして鉄粉が動きまわるのがわかります。
Since it is a recognized fact that a musical note creates a certain vibratory wave in the atmosphere relative to itself, if the note is held steadily we will find that the steel particles have moved about to form a picture of the note played.

 

この鉄粉は無抵抗な状態にありますので、したがって容易に移動し、波動が鉄紛の層にあらわれるのですが、
Because these particles are in a state of non-resistance, therefore easily moved, waves will appear in the layer of steel dust.

 

この無抵抗な状態は、原子が空間で自由なままにあって、それが”宇宙の因”をあらわしながら調和して振動する場合にたとえることができます。
This non-resistant state is comparable to the atoms when they are free in space, vibrating in harmony as they express Cosmic Cause.

 

この状態においては原子は”宇宙力”と一体であり、その”力”に依存していることを原子が認識しているのです。
In this state they recognize their oneness with, and dependency upon, Cosmic Force.

 

さて、鉄粉をとりのぞいてそれをもう一度皿の上に軽くまくことにします。そして皿の中心に磁石をおいてみましょう。
Now let us take the steel dust, sprinkle it lightly over the tin once more, and place a magnet in the center of the vessel.

 

何が起こるでしょうか。
What happens?

 

鉄粉はたちまち磁石に応答して集中した形でそのまわりに集まってきます。
The particles immediately respond to the magnet, and gather around it in a concentrated form.

 

ところが、今度は、バイオリンでどんな高さの音を出しても、どんなに長く弾いてもだめなのです。
It makes no difference what note we play on the violin now, nor how long we hold it.

 

鉄粉はその弱い波動に動かされません。それは別な強大な力──磁気の力──に大変な関心を持っているからです。
The particles will not be moved by the lesser vigration, because they are so intensely interested in another and stronger force ... the force of magnetism.

 

このことがまさに私たちの肉体内にも起こっているのです。
This is exactly what happens within our bodies.

 

私たちは宇宙と一体ですから、私たちの正しい状態というものはあらゆる波動を感受できるような自由な状態なのですが、
Since we are one with the Cosmos, our rightful condition is a free state so that we might be receptive to all vibrations.

 

しかし内部の個人的エゴを高めているために、私たちはエゴに与えている誤った磁気に普通は執着しているのです。
But, due to the exaltation of the personal ego within us, we are usually adhering to the false magnetism with which we have endowed it.

 

それにもかかわらず、細胞の活動を自由な状態にさせるのはまったく可能です。
It is quite possible, nevertheless, to bring about a free state of cell activity.

 

私たちはこの状態をリラクゼーション(くつろぎ)といっています。
We speak of this state as relaxation.

 

それで、テレパシーによる通信のすぐれた受信者になる秘訣は、肉体をたえず積極的なくつろぎの状態に保つ能力にあるのです。
And the secret of being a good recipient of telepathic communication is the ability to keep the body in a state of active relaxation at all times.

 


 


 


「細胞群は自我に感心を持ちすぎる」<< Prev | Next >>「くつろぎ、感心、感受性」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)