アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

自我に対する激しい集中をやめること

自我に対する激しい集中をやめること

 

 

自然な、無我のくつろぎの状態にある人体はあらゆる波動を感受します。
The human form, in a natural state of impersonal relaxation, is receptive to all vibrations.

 

もちろん、それには習慣の作用にとらわれず、感覚器官をコントロールし、自我すなわち人体の基本的な波動にたいする激しい集中をゆるめる心要があります。
Of course, it must be freed from habit action, the sense-man must be controlled, and the ego, or intense concentration upon its basic vibrations, must be relaxed.

 

テレパシーは触覚経路を通って一つの印象としてやってきます。
Telepathy comes as an impression through the feeling channel;

 

それで、推理する心(すなわち自我)をコントロールするとき、私たちは現象のあらゆるものから印象を感受することができるのです。
and when we control our reasoning mind (or the ego), we can receive impressions from all phases of manifestation;

 

というのは、私たちは万物の一単位であるからです。
for we are a unit with them.

 

なにかの不気味なテレパシー通信しか感受できぬ人もあれば、
Some individuals find they receive only telepathic communications of a dire nature;

 

もっと宇宙的発現の美しいイメージを感受する人もあります。
while others receive beautiful visions of a more universal expression.

 

この感受性の性質の相違は、各人の相対的な波動が異なっているという事実によって説明することができます
This difference in quality of receptivity can be explained by the fact that the relative vibrations of each person is different.

 

(ここで相対的な波動という場合、それは個人の習慣的な想念を意味します)。
(In speaking of relative vibrations here, I mean to denote the thought-habit of the individual.)

 

調子を合わせていない波動を感受することはできませんから、私たちは自分の習慣的な想念に共鳴する波動を引きよせるのです。
And since it is not possible to receive a vibration to which we are not attuned, we will attract those sympathetic to our habitual thought pattern.

 

忘れてならないのはバイオリンが正しく調絃してないとそれは他方のバイオリンの音波に共鳴しないという事実です。
Remember, when the violin is not properly tuned it will not respond to the sound frequency of the other instrument.

 

人間の楽器、すなわち心は、それ自体の習慣的な想念に一致する想念波動を感受することはできますが、
The human instrument, or mind, may receive thought vibrations corresponding to its own thought-habit;

 

異なる性質の波動はまったく忘れがちです。
but may be totally oblivious of vibrations of another nature.

 

こうして私たちにわかるのは、私たちがかりにも無限のテレパシー受信者になろうとするならば、宇宙的な関心を高める必要があるということです。
Thus, we perceive, it is necessary to develop a universal interest if we are to become unlimited telepathic recipients.

 


 


 


「テレパシーで波動を共鳴させる」<< Prev | Next >>「テレパシーの個人的送信の秘訣」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)