アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

想念波動

想念波動

 

 

想念波動の交換については電話を例にあげますときわめて理解しやすい説明ができると思います。それはもちろん実行できるテレパシーです。
I believe the telephone makes a very understandable illustration for the exchange of impressions ... which, of course, is operable telepathy.

 

広い受容的な心を持つことが大切だと私がこれまでに強調したことを思い出してください。
Remember, we have stressed the importance of an open, receptive mind;

 

そして、電話と同様に心も両道通話の道具です。
and mind, like the telephone, is a two-way instrument.

 

私たちの心が意識的に想念を放送することでたえず占められていますと、こちらヘ入ってくる波動はどれも「話し中」の信号を受けてしりぞけられることになります。
If we keep our minds continually occupied with consciously sending out thoughts, any impressions coming to us will receive the "busy signal" and be turned away.

 

心と心のあいだの連絡はうまくゆきません。入ってくる印象の波動はこちらの心が放送している想念波動を通り抜けることができないからです。
The connection between mind and mind cannot be completed, because the frequencies of the incoming impression cannot get past the thought vibrations our own mind is broadcasting.

 

したがって私たちは少なくともそのときだけでも広い受容的な心を保つように努力する必要があります。
So let us make an effort to keep an open, receptive mind at least part of the time;

 

そして、私たちの心の電話のベルが鳴るときには、受話器を静かに持ちあげて、はいってくる波動を無我な気持で受け入れることです。
and when our mental telephone bell rings just lift the receiver quietly, and impartially accept the impressions coming to us.

 

といってこれは瞑想してぼんやりと座り、宇宙の宝庫からこちらヘやってくる偉大な想念を腕を組んだままじっと持っていることを意味するのではありません。
This does not mean sitting idly in meditation, waiting with folded hands for some great thought to come to us out of the universal storehouse;

 

私たちの日常生活はあたりまえにつづけなければならないのです。
but that we should continue normally about our daily lives.

 

すでにあなたは恐怖、心配、怒り、気苦労などの想念を起こすのがまちがっていることがわかり、いまや万物を静かにながめて、
I am assuming that by now you have seen the fallacy of tolerating thoughts of fear, worry, anger, anxiety, etc., and are viewing all things calmly;

 

あなたの生命の中のこの新しい均衡によって、あなたが本当に”父”の仕事にとりかかっておられることと思います。
knowing that through this new balance in your life, you are truly about the Father's business.

 

だから、あなたの日常の雑務はもはや苦役とはならないでしょう。
Therefore, your daily chores will no longer be a drudgery;

 

そして、あなたは落ち着いた受容的な心で雑務を行なうことができます。
and you can perform them with a composed, receptive mind.

 

自分の心を注意深く観察するならば、あなたが安んじて肉体的に仕事に従事しているあいだも多くの真実の宇宙的想念がくることがわかるでしょう。
If you watch your mind carefully, you will find many of the real universal thoughts come while you are contentedly, physically occupied.

 

イエスの言った次の言葉がこのことを意味しています。「あなたがたも準備していなさい。
This is what Jesus meant when He said, "Be ye therefore ready also;

 

人の”子”は思わぬときにくるからです」(ルカ)。
for the Son of man cometh at an hour when ye think not" Luke 12:40.

 

彼は自分が肉体としてあらわれることを言ったのではなく、心と宇宙的知識との交りを言ったのです。
He did not refer to His appearance in the physical body, but to a communion between the mind and universal knowledge!

 

受信者たることは、波動を意識的に放送するよりもはるかに困難なことです。それは私たちの生命のこの小面を発達させるのに必要な抑制法をこれまでにけっして教えられていなかったからです。
Being the recipient is much more difficult than the conscious sending of impressions, because we have never been taught the necessary restraint to develop this facet of our lives.

 

記憶に残らないほどの大昔から人間の四つの感覚器官はたがいに喧嘩をし、争ってきました。
Since time immemorial, our four senses have quarreled and bickered amongst themselves;

 

しかも、このために肉体の内部に起こっていた不均衡な状態を人問は意識していなかったのです。
yet we have not been conscious of the unbalance this was causing within our being.

 

変えることのできないさまざまの状態を人間は心配し、いらいらして、
We have worried and fretted over conditions we could not change;

 

暗黒と不運の想念をなすがままに受け入れていました。これらの波動は人間の肉体に激しく襲いかかるからです。
and we have unquestioningly accepted the concepts of gloom and doom because these strong vibrations impinge themselves on our bodies.

 

しかし次の点がすでに明らかになったと思います。すなわち、自制という方法と、万象に存在する本来の姿の生命に実際に接近することによって、人間はこれらの有害な習慣的想念を投げ捨てて、”宇宙の計画”における人間の正しい位置をもっと明瞭に理解するほどに、人間は意識を広げることができるのです。
But I believe it has been made apparent that with a measure of self-control, and a practical approach to life as it really exists throughout all manifestation, we can cast off these detrimental thought-habits and expand our consciousness to a clearer understanding of our rightful place in the Cosmic Plan.

 

しかしこれを成就するには”小さな静かな声”を聞くようにしなければなりません。
To accomplish this, however, we must learn to listen to the "small, still voice."

 

これは真のテレパシーに絶対に必要なことです。
This is a vital necessity in true telepathy.

 

たとえば、友人がこちらヘ電話をかけてくる場合、こちらが受話器を持ちあげるが早いか相手が電話を切ってしまうまで大急ぎで独り言をしゃべりつづけるようなことはしません。
When a friend calls us on the telephone, for instance, we do not lilt the receiver and rush into a monologue that lasts until the other party finally hangs up.

 

私たちはたがいに会話の交換をつづけます。
We carry on an exchange of conversation.

 

テレパシーを練習しているときにもまったく同じことがあてはまります。
The same holds true when we are practicing telepathy.

 

私たちが進歩しようと思うならば、聞く、答える、また聞く、というふうにしなければなりません。
If we expect to advance, we must learn to listen - answer - then listen again, etc.

 

そして聞くことが上達すればするほど、こちらヘやってくる波動はますます深く公平になってくるのです。
And we will discover that the more we learn to listen, the more profound and impersonal will be the impressions coming through to us.

 



 



 


「距離は障壁にならない」<< Prev | Next >>「異星人は日常生活でテレパシーを用いている」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)