アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

異星人は日常生活でテレパシーを用いている

異星人は日常生活でテレパシーを用いている

 

 

私がこれまでに会った異星人たちは日常生活でテレパシーを用いています。
The space people I have met use telepathy in their daily lives.

 

かりにあなたが彼らの惑星を訪れたとすれば、そこの住人たちは表面上は無言のままで微笑して挨拶しているとあなたは思うでしょう。
If you were to visit their planets, you would find the people smiling and greeting each other in apparent silence.

 

しかし彼らは、私たちが言葉を口に出して話すのとまったく同じように、心の通信によって実際に話し合っているのです。
Yet, they are actually conversing by mental communication, much the same as we use the spoken word.

 

異星人のあいだには個人的な名前は必要でないという説明(『第2惑星からの地球訪問者』参照)を多くの地球人は疑問視していますが、
Many Earthlings have questioned the statement that personal names are not necessary among them;

 

テレパシーの自由な応用が何を意味するかをちょっとでも考えてみれば、あの説明はおのずから明らかになってきます。
but a moment's consideration of what the free use of telepathy would mean, makes the statement self-explanatory.

 

心が心に語りかけるとき、それは心の中に描かれた絵の投影なのです。
When mind talks to mind, it is the projection of mental pictures;

 

それでたとえば異星人たちが共通の一友人のことを伝えようとする場合、彼らは心の中にその人のイメージを描きます。
so, for example, when space people want to refer to a mutual friend, they form a mental image of that person in their mind.

 

私たちはだれもこの便利さがわかると思います。
I am sure we all can see the advantage of this;

 

というのは、だれかの名前を思い出そうとして幾度も考えたがやはりだめだったとか、その名前が口の先まで出かかっていながらも、どうしても思い出せなかったというような例を何度も体験しているからです。
for how many times have we tried in vain to recall someone's name, and although it was right on the "tip of our tongue," the name eluded us?

 

その人の顔はこちらの心にはっきりと描かれています。このような場合に、話の相手がもしテレパシーを受信し得る人だったとすれば、その人にはただちに描かれた人がわかるでしょう。
The person's face was pictured clearly in our mind and in a case like this, had we been talking to an individual able to receive telepathy, he would have recognized the person immediately.

 

いかなる想念でもそれを口に出そうと思えば、まず心の中にはっきり思い浮かべる必要があります。
Every thought to which we give audible expression must first be clarified in the mind.

 

したがって、異星人と同じように私たちもテレパシーの応用を幼児の頃から訓練されていたならば、私たちは言葉を聞かなくても想念波動を感受することができたでしょう。
So if, like the space people, we had been trained from infancy in the use of telepathy, we could receive thought frequencies without a word being spoken.

 

科学者のなかにはテレパシーは未来の言語であると言明している人もあります。
Some of our scientists now tell us that telepathy is the language of the future.

 

人間が自分の心をもっと深く理解するようになれば、それは普通の通信の手段になるだろうと彼らは言っています。
They say that when man has a better understanding of his mind, it will be the common means of communication.

 

彼らは言語の障壁を打ち破ることの重要性を認めているのです。なぜなら、ひとたび世界の人々が想念を自由に交換できるようになるならば、永遠の平和がついには地球を訪れるからです。
They recognize the importance of breaking the language barriers, for once the peoples of the world are able to exchange ideas freely, lasting peace will finally come to Earth.

 

この考えは地球という制限を超えて押し広げることができます。
This concept can be expanded beyond the confines of our own planet.

 

私たちがテレパシーに熟達するならば異星人にとっては私たちの多くの言語を知る必要はなくなるからです。
For if we were conversant with telepathy, it would not be necessary for the space visitors to learn our many languages.

 

心の印象は境界というものを知らないので、私たちはテレパシーを用いて他の惑星からくる人と容易に想念を交わすことができるでしょう。
We could exchange ideas with ease with dwellers from other worlds by using telepathy, since mental impressions know no boundaries.

 


 



 


「想念波動」<< Prev | Next >>「遠隔透視、透聴、未来予知、その他の超能力」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)