アダムスキー「テレパシー」 第3部 第3章 対訳

テレパシーで悪事を見抜く

テレパシーで悪事を見抜く

 

 

米国東部のある大会社の社長であった私の知人に右の例が発生したことがあります。
An example of this occurred involving an acquaintance of mine who was the head of a large concern in the east.

 

西部に自分の家を建てようとして、この人は、手腕のある一見信用できそうな支配人に事業をまかせました。
Wanting to make his home in the western part of the country, this man had left his business in the hands of a capable and apparently trustworthy manager;

 

この男もたまたまその会社の大株主だったのです。
who also happened to be a large stockholder in the company.

 

年度報告とときおり二人のあいだに交わされる手紙以外には、社長は事業の運営状況を気にかけていませんでした。支配人の才能と正直さに全幅の信頼をよせていたからです。
Except for the annual reports, and occasional correspondence between the two, the head of the company was not worried with the operational arrangements of the business, for he had utmost confidence in his manager's ability and honesty.

 

友人の関心が東部にあることは私にわかっていましたが、その当時、経営上のくわしい内容を私はよく知りませんでした。
I knew that my friend's interests lay in the east, but at that time, I was not familiar with the managerial details.

 

しかし、支配人が事業を乗っ取って社長を欺こうとたくらんでいるという印象を私は受けましたので、
However, I received the impression that the manager was planning to gain control of the business and defraud the owner of his holdings.

 

このことを友人に知らせたところ、彼はその真実性を疑いましたけれども、会社の事業内容についてひそかに調査を始めました。
I conveyed this information to my friend, and although doubting its veracity, he started a quiet investigation into the company's affairs.

 

すると彼が入手した情報は私が彼に知らせていた状況とまったく同じ状態を示していて、圧倒的な確証を伝えてきたのです。
The report he received carried overwhelming confirmation of these conditions, just as I had revealed them.

 

友人はただちに東部ヘ掃り、自分の利権を守るための必要な処置をとって会社の支配権をとりもどしました。
My friend returned east immediately and took the necessary steps to protect his interests and regain control of the company.

 

この体験は偶然のテレパシーの一例です。
This experience was a case of unintentional telepathy.

 

たしかに支配人は自分の邪悪な想念を放つ意志はありませんでしたし、
Certainly, the manager had no intention of broadcasting his dishonest thoughts;

 

世間から気づかれないように自分の考えを注意深く隠しとおしてきたと思い込んでいました。
and undoubtedly believed them carefully guarded from the world.

 

責任を託しておいた男の識実さを信じきっていたため、その事件に最も関係のある社長は支配人の不始末の想念を感じなかったのです。
Because of his perfect assurance in the integrity of the man he had left in charge, the head of the firm, the person most closely concerned in the affair, was not receptive to the thoughts of mismanagement.

 

しかし非個人的な態度のままにあらゆる想念波動にたいして感受的であった私はその想念を感じました。
But I, who was receptive to all thought vibrations in an impersonal way, received the thought.

 

それが私の心にやってきたとき、その波動は友人に関係があることに気づいて、
As it came to my mind, I recognized it was pertaining to my friend;

 

そのため未来に起こるべき災難から彼を救ったわけです。
and thereby saved him much future difficulty.

 

これと同じ想念を無数の人々もとらえていたのですけれども、関係者のいずれも見知っていなかったために無意味なものとして捨て去ったのです。
These same thought frequencies were intercepted by innumerable people, but because they did not recognize any of the participants they discarded them as being meaningless.

 

以上の実例は、常に大切なのは人間が世間にたいして示している偽った態度ではなく、真実の表現者は心であるという事実のよき証拠となります。
This is further proof of the fact that it is not the pretentious front we show to the world that is of lasting importance, but it is the inner man who is the true expressor.

 

周囲の人々に正直者の模範らしく見せかけることはできますが、しかし心の中に不正な想念をいだいているならば、その想念はいつでも他人に感知され、結局は世間にたいして自己の本性を暴露することになります。
To those around us we may appear a paragon of honesty, but if we harbor dishonest thoughts in our minds they can be intercepted at any time, thus unmasking us before the world.

 

真実は早晩あらわれるものです。
Truth has a way of revealing itself;

 

というのは本人がそれを好もうが好むまいが人間の想念は宇宙に属しているからです。
for whether we like it or not, our thoughts belong to the universe.

 


 



 


「未来予知が可能な理由」<< Prev | Next >>「過去一万年の出来事を思い出すことも可能」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)