アダムスキー「テレパシー」 第3部 第3章 対訳

催眠術を素人が安易に応用するのは危険

催眠術を素人が安易に応用するのは危険

 

 

ここでちょっと話をかえて催眠術を簡単に説明しましょう。
Let us digreas for a moment and discuss hynotism briefly.

 

多くの人が過去世を思い出そうとして近ごろ催眠術に熱中しています。
Much publicity has been given lately to the practice of hypnotism for the purpose of recalling past lives.

 

この方法を用いれば”記憶の書”を読むために潜在意識を逆もどりさせることができると信じている人が多数あります。
Many believe that by using this means, they can send the subconscious back to read the Book of Memory.

 

しかし、催眠術は実際には何を行なうのでしょうか。
But what does hypnotism really do?

 

だれでも催眠術をかけてもらうには、自分の意志を術者の意志にすすんでまかさなければなりません。
In order for anyone to be hypnotized, he must voluntarily give up his will to the will of the hypnotist.

 

これをあまりたびたびやりますと、極端に危険になることがあります。個人の意志が弱められるからです。
This can be extremely dangerous if repeated too often, for the will of the individual is weakened.

 

センスマインド(感覚器官の心)は催眠術によって静められ、そのために術者の暗示にかかりやすくなります。
The sense-mind is stilled by hypnotism, and thereby opened to suggestions from the operator.

 

感覚器官の反応力は全く弱められていますから、被験者にむかってこのアンモニアはバラからとった香料のようににおうのだと暗示をかけますと、被験者は実際にそのビンを鼻の近くに持ち上げて深い息をします。
The sensory reactions are so subdued that you can suggest to a hypnotized person that ammonia smells like essence of roses, actually holding a bottle of it close enough for him to take deep breaths.

 

催眠状態のもとで被験者は芳香がすてきだといい張りますが、しかし覚醒状態にあるときにアンモニアの臭気の刺激に平気でいられないことはだれでも知っているとおりです。
Under hypnosis the person will insist the aroma is pleasing, yet you will find that it is impossible not to recoil from the pungency of ammonia fumes while in a natural state.

 

催眠状態にあるあいだに被験者の口から出るいわゆる記憶なるものは、普通二つの状態のどちらかによるものです。
The so-called memories revealed while under hypnosis are usually due to one of two conditions.

 

一つは、術者の個人的体験を被験者の心に無意識に暗示することができるという点です。
One, it is possible for the hypnotist unknowingly to suggest personal experience he has had to your mind;

 

すなわち術者の意識に深く刻みつけられていた、術者がかつて見たり読んだりした物事に関する強い想念を被験者は感受するかもしれないという状態です。
or you may receive strong thoughts pertaining to something he has seen or read that has impressed itself deeply upon his consciousness.

 

もう一つは、被験者の心がすでに忘れてしまった、かつて被験者に起こった出来事をたんに思い出しているのかもしれない状態です。
Two, you may merely be recalling an incident that happened to you, which your sense-mind had forgotten;

 

つまり、それは被験者が幼年期に読んだり聞いたりして得た何かの知識であるかもしれません。
or it may be some information you read or heard in early childhood.

 

こんなふうにして、私たちは自分の記憶のなかに蓄えられた知識にびっくりするでしょう。
We would be astounded at the information stored in our memories in this fashion.

 

私たちの生活におけるいちじるしい出来事だけが現に働いている記憶のファイルの中に保存されます。
Only outstanding events in our lives are retained in our active memory files.

 

だれでも幼少の頃にさかのぼって重要な出来事を思い出すことはできますが、
Anyone can remember important happenings dating back to childhood;

 

しかし一年前のある日に重要な事が起こらなかった場合、あなたはその日のことをいま詳細に思い出すことができますか。
but, unless something momentous occurred on that day, can you remember the details of what happened to you one year ago today?

 

それとも一カ月前に起こった事をいまことごとく思い出せますか。
Or, for that matter, can you recall every detail of a month ago today?

 

しかし、その出来事の詳細な内容はあなたの記憶の中にすべて個条書きに分類されていて、それを思い出すことはできるのです。
Yet, these details were itemized and catalogued in your memory, and can be recalled.

 

あなたの両親または近所の人に起こった出来事(重大事にせよつまらぬことにせよ)で、しかもあなたが幼児であったころに面前で話されたその事件に関する記憶が長いあいだ潜在しているかもしれません。
Lying dormant through the years may be a memory involving some incident (either major or minor), that happened to your parents or to a neighbor, and which was discussed in your presence when you were very young.

 

この長く忘れられていた記憶のどれかに関連のある暗示が催眠状態のもとで与えられた場合、その記憶は被験者にとって容易に浮かびやすくなってきます。
When a suggestion relative to any of these long-forgotten memories is given under hypnosis, they become readily accessible to us;

 

被験者がかつて読み、聞き、見たものすべてが心の中に蓄積されているからです。
for everything we have ever read, or heard, or seen, is stored in the mind.

 

催眠術は正しい科学です。
Hypnotism is an exact science.

 

能力ある術者の手にかかれば、苦痛を除くのに催眠術にまさるものはありません。
In the hands of a competent person it is unsurpassed for the relief of pain.

 

それは心理学者や精神病学者が、患者に精神的な動揺を引き起こしていた混乱した印象を分析して解法するのに測り知れないほど役立つことがわかっています。
It has proved invaluable in aiding psychologists and psychiatrists to untangle confused impressions that have been causing mental disturbances to the patient.

 

しかし催眠術は客間のゲームではありません。
But it is not a parlor game!

 

ゲームとして応用しますと心の中に激変を生じることがあります。
When used as such, it can create drastic upheavals in our minds.

 


 



 


「過去一万年の出来事を思い出すことも可能」<< Prev | Next >>「宇宙の記億「アカシックレコード」」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)