アダムスキー「テレパシー」 第3部 第3章 対訳

宇宙の記億「アカシックレコード」

宇宙の記億「アカシックレコード」

 

 

催眠術師の助けをかりなくても自分の過去世は思い出せるのに、なぜ人はこんな危険な方法に興味を持つのでしょう。
Why should one delve into such a dangerous medium when he can recall his past without the aid of a hypnotist?

 

人間が”真実の自我”の不滅の中核に到達するとき、本当の意味で記憶を引き出すことができるのです。
When man gets to the eternal core of his real Self, this can be done in a true sense.

 

そのとき、人間が発達するにつれて通過してきた多くの状態と人間が創造された目的とが明らかになるでしょう。
Then will be revealed to him the many states through which he has passed in development; and the purpose for which the form of man was created.

 

まず第一に、人間は万物にたいして”父”と一体としての証人であったことに気づくでしょう。
For the first time, he will then realize that he was a witness as one with the Father to all creation;

 

創造の物語とその中で人間が演じた役割は宇宙全体に深く刻まれているのです。
for the story of creation and the part man played in it has been indelibly impressed throughout space.

 

したがって、人間は宇宙の産物であってしかも活動している”神の想念”ですから、たえず天性を引き出そうと努力しているのです。
Therefore, since man is the product of space, and he is a Divine Thought in action, he ever strives toward his natural heritage;

 

そしてそれこそ”最初の物語”を理解することになるのです。
which is an understanding of the Primal Story.

 

人間の生きている広大な想念の海から人間はあらゆる知識を吸収することができます。
All knowledge is available to man from the vast sea of thought in which he lives.

 

一動作の投射の中心部から放射される数十億の想念放射線のうちわずかに一〇ばかりの放射線しか人間の知能は捕捉できないのですが、
Out of the billions of thought-rays that radiate from the center of projection of one action, only ten may be intercepted by human intellects;

 

一方、残りの放射線は宇宙を進行しつづけます。
while the rest of the thought-rays will travel on through the universe.

 

しかし、それにたいして感受的な人はいつでもそれを感受することができます。
Yet, at any time they may be picked up by an individual who is receptive to them.

 

人間の書いた書物はすべて破壊されようともひとたび認められた何かの事実はけっして失われることはありません。
Though all the writings of man be destroyed, a truth once recognized can never be lost;

 

なぜなら、それは空間の”心という実体”にその印象を残して、宇宙の記憶となるからです。
for it has made its impression upon the mind-substance of space, and remains a universal memory.

 

古代の教えにおいては、これらのもろもろの想念の型すなわち動作の個別化された記録はアカシックレコードといわれており(訳注=古代インド哲学の”空”または”無”を意味するアカーシャという言葉からできたもの)、
In the ancient teachings these thought patterns, or individualized records of action, have been referred to as the Akashic records;

 

聖書には”記憶の書”として述べられています。
while the Bible speaks of them as the Book of Rememberance.

 

宇宙内のあらゆる知識は空間にみなぎる想念波動または振動であり、こうしてある種の圧力を生み出しているのですから、物体のすべてはかならずこの圧力の中に存在しているにちがいありません。
Inasmuch as all knowledge in the universe is thought vibration or frequency which permeates space, thus creating certain pressures, every form must of necessity exist within these pressures.

 

それゆえもし物体が個人的利害または無関心という硬い殻のなかにさほど閉じこもらないかぎり、それはいわば混合鉢となり、その中であらゆる想念波動は混和して、宇宙的性質をおびた具体的な知識を生み出すことができるのです。
So if the form is not too firmly encased in a hard shell of personal interest or indifference, it will become a figurative mixing bowl where all thought vibrations can unite and produce concrete knowledge of a universal nature.

 


 


 


「催眠術を素人が安易に応用するのは危険」<< Prev | Next >>「真の透視能力とは何か」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)