アダムスキー「テレパシー」 第3部 第3章 対訳

大地の波動を感受すれば地震も予知できる

大地の波動を感受すれば地震も予知できる

 

 

しかし、この異変に関する完壁な知識やその他の状況などを知るには、フィーリング(触覚)経路を通じてこそそれができるのです。
However, complete knowledge of this, or any other circumstance, is possible through the feeling channel.

 

人間が大地から放射される波動を判断できるほどの感受力を持っていれば、他人からくる想念を感受するのと同じくらい容易に大地の異変を予知することができるのです。
When a person is sensitive enough to interpret the vibrations emanating from the earth, this information can be received as easily as a thought from another human being.

 

そうなれば学者たちは圧力の影響を見積もることができますし、つづいて自然に発生する結果も推定できるでしょう。
They will then be able to estimate the pressures being exerted, and deduce the natural results to follow.

 

地層の中に存在する微小な原子は波動をキャッチできる人にこの知識をわかち与えるでしょう。
The tiny atoms manifesting in the strata of the earth will share this knowledge with those capable of intercepting it.

 

大気状態に変化が起こるあいだに人間の動作の方向を観察することによって、化学作用が細胞の意識に影響を与えるという確実な証拠があげられています。
By observing the trend of human behavior during a change in atmospheric conditions, we have positive proof that chemical action does affect the cell consciousness.

 

晴雨計が数度下がりますと多数の人々の気分も暗くなります。
When the barometer drops a few degrees, many human mentalities drop with it.

 

大気の気圧の変化は海抜の異なる諸所の高地で示される気圧と同様に、肉体の細胞活動にも影響をおよぼすのです。
Any change in atmospheric pressures, such as those found at different elevations above sea level, influence the cell action of the body.

 

この事実はだれにもわかります。数千フィートの変化でもある程度だれにも影響を与えるからです。
This is noticeable to anyone, for the change of a few thousand feet will affect us all to some degree.

 

私たちが高いところヘ登るにつれて心臓の働きと呼吸は早められ、高地に達すると、肉体細胞が希簿な空気とそれにともなう酸素の欠乏にたいして必要な調整をするまでは体を使うのに努力を要します。
As we climb higher, our heart action and respiration are speeded up, and at high altitudes physical exertion is an effort until the bodycells make the necessary adjustment to the lighter atmospheric pressure with its accompanying lack of oxygen.

 

このような変化にたいしてきわめて感じやすい性質のためにわずか数百フィートの変化に気づく人もあります。
Some people are so sensitive to this, that their bodies are aware of a change of only a few hundred feet.

 

霧や曇り日の天候は多数の人の心に憂うつな感じを起こさせることがわかっています。
We find that fog and cloudy weather produce a sense of mental depression in many people.

 

太陽の光線が地面にふりそそぐ方向でさえも、すべての人にある程度の影響を与えます。
Even the direction at which the sun's rays strike the earth will influence us all to some degree.

 

冬のあいだは人間の本来の能力は減じますが、
During the winter our natural ability is slowed down;

 

春が訪れ始めると陽気な気分が肉体細胞中にわき起こり、私たちは生活にまた新たな興味を持つようになります。
but with the first promise of spring a feeling of exhilaration surges through our body cells, and we take a renewed interest in life.

 

地震などの異変は一般に不安の感情を引き起こし、
Seismological disturbances produce a general feeling of restlessness;

 

雷鳴は神経組織を乱します。
electrical storms affect the nervous system.

 

細胞の意識に影響をおよぼすこの化学作用の例はとても際限がないほどあります。
Examples of this chemical action upon the cell consciousness are almost endless.

 

おそらくあなたは以上の人体反応をあたりまえのこととみなし、それが生理的な原因であるとするよりもむしろ心理的な原因から発するものだと思っておられたことでしょう。
Perhaps you have taken these reactions as a matter of course, attributing them to psychological rather than physiological sources.

 

しかし実際には現象の二つの面を切り離すことはできません。
But the fact is, we cannot separate the two phases of expression;

 

つまり両方とも化学作用の結果なのです。
both are the result of chemical action.

 

太陽の輝きから感じる大いなる喜びにせよ、細胞が親近性を持たない食物を食べたために起こる胃痛にせよ、気分のあらわれというものは化学作用によって生み出されるのです。
Any phenomena of sensation, whether it be a feeling of great joy because the sun is shining, or a pain in the stomach caused by eating some food for which the cells had no affinity, is the product of chemical reaction.

 

いかなる知覚経路においても、人間は化学的な宇宙に住んでいるという事実から私たちは逃れることはできません。
In any channel of awareness, we cannot get away from the fact that we are living in a chemical universe.

 

化学物質が力としてあらわれようが物質としてあらわれようが、それはほとんど問題ではないのです。
It matters little whether those chemicals manifest as a force, or as a substance.

 

浅薄な知識と書物による学問を応用するようにしつけられた人は、以上にあげたようないろいろな事実を空想だと思うでしょう。
It is realized that those trained to use superficial knowledge and book-learning will continue to deem such truths as fantasy.

 

どんな問題でもペンと紙、または物理実験で解決されると考えている人には、いかなる知識をも伝えてくれる宇宙語なるものの存在を認めるのは容易なことではないでしょう。
Those who believe that all problems must be solved either with pencil and paper, or by physical experiments, will find it difficult to accept the theory of a universal language that is capable of revealing all existing knowledge.

 

この宇宙の力とその働きを完全に説明するのはおそらく不可能です。
To explain fully this universal force and its workings would be impossible;

 

そのためには”根本的な本源(因)”を知る必要があるからです。
for it would demand a knowledge of Primal Cause.

 

しかし、”宇宙の普遍的な力”をその本来の均衡のとれた状態から放出し、それを基本的な集中または化学作用の中に導き入れるためにたとえどんな方法が用いられたにせよ、それが想念の始まりでもあったのです。
But whatever method was used to throw the Cosmic Force of the Universe out of its natural state of equilibrium, and set it into primal concentration or chemicalization, was also the beginning of thought.

 


 



 


「意識的な知識は制限を知らぬ」<< Prev | Next >>「遠隔透視により他人の詐欺を発見!」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)