アダムスキー「テレパシー」 第3部 第3章 対訳

人間は最高の波動受信装置

人間は最高の波動受信装置

 

 

人間は現象の中で最も高度に組織化され感受力を与えられた装置です。
The human being is the most highly organized and sensitized instrument of manifestation.

 

したがって、低次な波動に同調し、それを具体化させて、高次なあらわれとしてふたたびそれを宇宙に放つ能力をもつものとしては人間にまさるものはありません。
He is therefore most capable of tuning in to the lesser vibrations, objectifying them, and rebroadcasting them into the universe as higher expressions.

 

私たちは自分の生きている化学的宇宙の種々の波動から影響を受けないわけにはゆきませんし、また空間の”心というエーテル”の中ヘ放つ想念によって他のものに影響を与えないわけにもゆかないのです。
We cannot help being affected by the varying frequencies of the chemical universe in which we live, nor can we help affecting others by the thoughts we send forth into the mind-ether of space.

 

これらの事実を応用するには、私たちはこのような相対的な波動の流れに気づくようになりさえすればよいのです。
We need only to become aware of such relative currents to make use of these facts.

 

もしだれかが水の入っているタンクの中に沈められたち、その人は肉体と水のあいだに存在する相対的な圧力によって影響を与えたり与えられたりするでしょう。
If a man was submerged in a tank of water, he would influence and be influenced by the relative pressures existing between his body and the water mass.

 

宇宙という海を扱う場合も同じことが真理としてあてはまります。
The same is true when dealing with the sea of the universe.

 

なぜなら、現象の粗雑な面で(この場合は水)この法則が働くのとまったく同じように、それは精妙な面でも働くからです。
For as surely as the law works in the coarser fields of manifestation (in this case the water), so it works in the finer.

 

大気の、すなわちエーテルの波動とは生命の圧力でなくて何でしょう。
And what is the atmospheric, or etheric vibrations, but the pressure of life?

 

私たちが神秘や迷信の信仰から早く逃れ出れば出るほど、私たちは充実した”生命を知る者”になるでしょう。
The sooner we get away from our beliefs in mystery and superstition, the sooner we shall become the Knowers of Life in its fullness.

 

過去数百年のあいだ地球人の発達は主として機械文明にありました。
During the past centuries Earth man's progress has been chiefly in mechanical fields.

 

人間がこれまでに気づいた宇宙の諸原理はすべて機械的な形で表現していました。
Every universal principle of which he has become aware, he has expressed in mechanical terms.

 

それで、より大いなる知識を得ようとする人間の熱心な努力において、そのような知識ヘ人間を導くことのできる唯一の道具を発達させることを人間は忘れてしまったのです。
And in man's earnest effort to acquire greater knowledge, he has forgotten to develop the one instrument that is capable of leading him to such knowledge.

 

いつか私たちが現在こうまで過小評価しているこの人間という道具を用いて、これまで世界がけっして知らなかったような現象の奇跡を人間は生み出すかもしれません。
One day, by means of this human instrument upon which we look so condescendingly today, we shall produce miracles of manifestation such as our world has never known.

 

しかし人間にはテレパシーの能力が潜在しているということを認めるのが先決問題です。
But recognition of its telepathic potentialities must come first.

 

その後に一定の開発トレーニングを行なう必要があります。ただし、人間がこの天与の肉体を現在奇跡のように思われている各種の科学装置と同じ水準におこうとするならばです。
A definite self-training program must then follow if we ever hope to place these divinely created bodies on the same level as the mechanical devices we now deem so miraculous.

 

精神的心理的な発達の領域には活動の可能性という広大な視野が開けていますので、勇気ある人は征服地が欠乏しはせぬかと気づかう必要はありません。
There xists such a vast scope of working possibilities in the area of mental and psychological development, that the adventurous soul need have no fear of running short of fields to conquer.

 

私たちが肉体を理解し、感覚器官をコントロールし、宇宙の知識の流れにみずからの心を開くとき、本当の透視、透聴、その他すべての能力が自然に内部で発達してきます。
When we understand our bodies, control our senses, and open our minds to the flow of universal knowledge, true clairvoyance, clairaudience, and all the rest will develop naturally within us.

 

しかしこれらの知覚作用が展開するほどに私たちが成長したときは、私たちは個人的な欲望を超えて発達しているでしょう。
But when we have grown to the place where these perceptions do unfold, we will have developed beyond personal desires.

 

そのとき私たちの関心は宇宙の啓示にあるでしょう。
Our interests then will lie in universal revelations.

 

生命を詳細に分析してみますと、それが種々の不変の法則に厳密に従っていることがわかります。
When we analyze life closely, we find it conforms rigidly to immutable laws.

 

その表面上の複雑さにもかかわらず、生命は単純なるものの典型であり、調和した、同じ意味を持つ各種の運動の交響楽です。
For all its apparent complexities, life is the soul of simplicity ... a symphony of harmonious, synonymous motion.

 

人はまた、最初の研究のときに起こるインスピレーションは、人間の知覚に刻みつけられていた、存在する事実の痕跡のあるものからくるのだということがわかるでしょう。
We also will find that the inspiration for the first investigation came from some vestige of existing fact which impressed itself upon human awareness.

 

それゆえ私たちは、生物にもいわゆる無生物にも受けとられている、また受けとられ得る一つの言語の実在することを認めなければなりません。
So we must admit the reality of a language that is accepted, and acceptable, to the animate and the socalled inanimate.

 

それこそすべての活動、すべての物質、すべての力の本質なるものです。
It is the soul of all action, all substance, and all force.

 


 



 


「万物も触覚要素を持つ」<< Prev | Next >>「思考と推理」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)