アダムスキー「テレパシー」 第3部 第4章 対訳

無差別な推理で人間はダメになった

無差別な推理で人間はダメになった

 

 

思考は骨折りでもなければ緊張でもなく、また過労でもありません。
Thinking is neither toil, nor stress, nor strain.

 

むしろそれは想念の働きを自由な状態にさせる能力であり、
Rather, it is the ability to allow thought action to take place in an unobstructed manner;

 

また想念波動の進行する道を観察する力です。
and the power of observing its path to travel.

 

ニコラス・マーレイ・バトラー博士がかつて次のように言ったことがあります。「もし人間がすすんで考えようとしさえすれば、世界のあらゆる問題を容易に解法することができるだろう」
Dr. Nicholas Murray Butler once said, "All the problems of the world could be settled easily, if men were only willing to think."

 

これはむしろ次のように言えばよかったのです。「もし人間がいかに考えるべきかを知りさえすれば!」
He might rather have said, "If men only knew how to think!"

 

これは現代の教育系統の一大欠陥です。
This is the great lack in our educational system of today;

 

というのは、青少年はいかに考えるべきかを教えられていないからです。
our young men-to-be are not taught how to think.

 

真実の思考と誤って指導された無差別な推理力とのあいだには大変な相違があります。
There is a vast difference between true thinking, and the misguided faculty of indiscriminate reasoning.

 

生命の二つの世界だけが推理力を持っています。それは動物と人間です。
Only two planes of life have the power of reasoning - animals and human beings.

 

私たちの知るかぎりでは、植物と無機物は推理力を持たないで、動物はこの能力を少しは持っているということなのですが、生命現象のこの三つの世界のいずれも無抵抗に圧力に応えます。
While as far as we know the vegetable and mineral kingdoms are devoid of reasoning, and the animal possesses this faculty only to a limited degree, all three planes of life manifestation respond to pressures without resistance.

 

推理能力があるために人間は自分たちこそ地上の生命の中で最高のものであると思っていました。
Because of his ability to reason, we have believed man to be the highest type of life on this planet.

 

しかし、実際には無差別な推理が人間の普遍的に考える力をまったくゆがめてしまったため、多くの点で人間はただの植物よりもずっと低い段階にあるのです。
But actually, indiscriminate reasoning has so perverted his capacity to think universally that in many ways man is much lower than mere plant life.

 

なぜなら、植物は生命の目的を疑うことなく、自然の刺激を受け入れて活動するからです。
For plant life accepts and acts upon the impulses of nature, without questioning life's purpose.

 

宇宙のすべてのものは親和の法則のもとに働いています。したがって、想念もそれ自体に類似した想念を自身の方ヘ引きよせるのです。
Everything in the universe works under the Law of Affinity ... therefore, thought will draw to itself its own kind.

 

もし心が特定な想念放送局に同調していて、波長調整機が干渉を受けないならば、心は想念プログラムの全部を受信します。
If a mind is tuned to particular thought station and the tuning apparatus is not tampered with, it will receive the entire thought program.

 

受信者の心にとって必要なのは、想念が仕上がるまで静かな状態にしておくということだけです。
All that is necessary is for the mind of the recipient to remain quiet until the thought is completed.

 


 


 


「思考と推理」<< Prev | Next >>「真の推理能力を身につけること」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)