アダムスキー「テレパシー」 第3部 第4章 対訳

正道をはずれた推理の例

正道をはずれた推理の例

 

 

正道をはずれている推理の別な例を、教室で講義を聞いている一群の学生のなかに見い出すことができます。
Another instance of perverted reasoning can be found in a group of students listening to a class lecture.

 

ある学生たちは自分の聞いたことを吸収し、学期末には与えられた教材をほとんど言葉どおりに暗誦することができるでしょう。
Some will absorb what they hear, and at the end of the session will be able to repeat almost verbatim the material presented.

 

彼らは論題の論理と明白さを認め、あらゆる要点を筋道をたててまとめあげるでしょう。
They will recognize the logic and lucidy of the subject, and can summarize all points coherently.

 

他の学生たちの中には、かねてから自分のいだいていた考え方に一致しない説明を聞いて、その後の講義には心を閉じてしまう者もあります。
Other students will grasp one statement that does not coincide with their preconceived ideas, and shut their minds to the rest.

 

彼らは論題に関する自分自身の知識に従って講師の考え方を判断するか、またはわずかな類似点を持っている別な考え方にそれを比較するでしょう。
They will judge this idea according to their own knowledge of the subject, or compare it with some thought possessing a slight similarity.

 

そうすることによって、彼らは講師から指示される自然の前後関係を切断し、学期末には聞いた講義にたいして自分たちがまったく混乱しているのに気づくのが普通です。
In so doing, they cut off the natural sequence being presented by the lecturer, and at the end of the session they generally find thecselves decidedly confused over what has been said.

 

もちろん彼らは自分の心の反応状態を棚にあげて講師側を非難します。
Of course, they lay the blame at the door of the speaker - not to their own mental reactions.

 

これは人の意識に入り込んで自己を刻みつけようとする想念に合わせてふつうの人がやっていることです。
This is what the average person does to the thought that impresses itself upon his consciousness.

 

その結果、注意深い学生がはっきりした印象を得るのにひきかえ、不注意な人はばらばらになった断片を受けとるのです。
Consequently, instead of getting the clear impression of the attentive student, he reecives disconnected fragments.

 


 


 


「真の推理能力を身につけること」<< Prev | Next >>「限定と区別の相違」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)