アダムスキー「テレパシー」 第3部 第4章 対訳

限定と区別の相違

限定と区別の相違

 

 

純粋な推理と誤った推理の相違は、限定と区別の相違です。
The difference between pure reasoning and perverted reasoning is the difference between definition and discrimination.

 

私たちはバラの花は赤くて芳香を放ち、
We may say that a rose is red and is fragrant;

 

カラーリリーは白くてほとんどにおいがないというでしょう。
and that a calla lily is white and possesses little fragrance.

 

私たちの推理はそれらが二つの異なる物体であると語り、
Our reasoning tells us they are two distinct objects;

 

認識という行為によってそれらの性質を定義します。
and defines their character by an act of recognition.

 

しかし誤った推理は、カラーリリーがバラと同じように赤くあるべきであったという理由でそれは創造の失敗作だ、
But perverted reasoning could say that the lily is a mistake of creation, because it should have been red like the rose;

 

またはバラが花びらという小さな細片に分かれているために不拾好だ、などというかもしれません。
or that the rose is malformed because it is cut up in little pieces called petals.

 

バラはカラーリリーの創造とは何の関係もなく、カラーリリーもバラの出生と関係はないのです。
The rose had nothing to do with the creation of the lily, or vice versa;

 

したがって人間は一つのもので他のものを判断することはできないのです。
so man cannot judge one by the other.

 

それらは植物の二つの異なる面であって、
They are two distinct phases of plant life;

 

その資格で二つの個々の性質が等しく認められるべきです。
and as such, should be recognized equally for their individual character.

 

しかるに感覚器官を通じて人間にもたらされる種々の考え方を判断し非難することによって、人間は”創造主”の手になる現象を日々判断し非難しているのです。
Yet, by judging and condemning the ideas that are presented to us through our senses, we daily judge and condemn the Creator's manifestations.

 

推理は万物を公平に評価するために、そして”宇宙の英知”を理解して受け入れるように感覚器官の知覚力を高めるために用いられねばなりません。
Reasoning should be used to evaluate all things impartially, and to elevate the sense perceptions to understand and accept Cosmic Intelligence.

 

純粋な推理は誠実と信頼の要素を含んでいなければならないのです。
Pure reasoning must involve the elements of faith and confidence;

 

それは個性としての自我にたいする誠実ではなく、想念活動の種々の不変の法則を信じ、触覚の能力の中の無限の知覚という視野を信ずることなのです。
not faith in one's self as a personality, but faith in the immutable laws of thought-action, and in the unlimited scope of awareness in the faculty of feeling.

 

これは多年にわたる私自身の体験によって私が立証しています。
This, I have proven by my own experiences over a period of years.

 

想念とその働きの問題については書物がいくらでも書けますが、わずかに表面をなでまわすにすぎないでしょう。
Volumes could be written on the subject of thought and its action, yet barely disturb the surface.

 

この問題は人間が発見しようとしている事柄の中で最も興味ある研究対象です,
It is one of the most interesting fields of research one can hope to find;

 

それは”無限なるもの”それ自体と同様に広大であり、あらゆる科学の事実上の基礎であるからです。
for it is as vast as Infinity itself, and is the actual foundation of all our sciences.

 

私たちが”本源なる因”を理解しよりとするならば、私たちは幼児を訓練するように自分の心を訓練し、四人の子供にたいするように四つの感覚器官を扱わねばなりません。
If we are understand Original Cause, we must discipline our minds as we would a child, and deal with the four senses as we would four children.

 

人間はすべて物質を通じてあらわれている”英知ある因”の個々の放射線です。
We are all individuals rays of Intelligent Cause manifesting through matter.

 

ペテロがイエスにむかって「あなたこそ生ける神の子、教世主です」と言ったときに応用したのはこの宇宙の英知でした。
It was this universal Intelligence that Peter used when he said to Jesus, 'Thou art the Christ, the Son of the Living God." Matt. 16:16.

 

そこでイエスは答えて言いました。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いである。
Jesus acknowledged this when He answered, "Blessed art thou, Simon Barjona;

 

あなたにこのことをあらわしたのは、血肉ではなくて、天にいますわたしの父である」(マタイ16・17)
for flesh and blood hath not revealed it unto thee, but my Father which is in heaven." Matt. 16:17.

 

イエスは世の子供たちに話すとき”父”という言葉を用いています,これは、”至上なるもの”の本当の意味を伝え得る言葉がないことを彼は知っていましたけれども、”父”という言葉は温かさ、愛、一体などの感じを人間に与えるからです。
Jesus used the word Father when speaking to the children of the world, for although He knew there was no word capable of conveying the true meaning of the Supreme, the term Father would give man a feeling of warmth, love, and oneness.

 

そして私たちがペテロのようにこの感じを心の中によみがえらせるとき、私たちは実際に”天国”ヘ入りつつあるのです。
And when we awaken this quickening in our minds as did Peter, we are actually entering the Kingdom of Heaven.

 

というわけは”天国”というのは”因の国”であるからです。一方、地上の国は結果の国です。
For the Kingdom of Heaven is the Kingdom of Cause ... while the kingdom of earth is the kingdom of effect.

 


 


 


「正道をはずれた推理の例」<< Prev | Next >>「理解とは何か」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)