アダムスキー「テレパシー」 以上をまとめれば 対訳

心とセンスマインドの実態

心とセンスマインドの実態

 

 

心は四つの感覚器官で組み立てられます。ですから判断のためよりも、知識を得ようという目的のために感覚器官を教育しなければなりません。
The mind is made up of the four senses, and they should be educated for the purpose of acquiring knowledge; rather than passing judgment.

 

心は一種の接触反応剤で、つまり物質と”英知”とを結びつける役割を果たします。
Mind is a catalyst, or go between, uniting matter and Intelligence.

 

心の個別化された推理によって心が右の二つを誤って結合させるならば、その結果はいつも不愉快なものになります。
When, through its personalized reasoning mind combines the two wrongly, the results are usually unpleasant.

 

忘れてならないのは、私たちはまさしく化学的宇宙ともいうべき世界に住んでいるということです。
Remember, we have said we are living in what could rightly be called a chemical universe;

 

それは”英知”から生み出され”力”によって永続せしめられている世界です。
conceived out of Intelligence, and perpetuated by Force.

 

化学物質の誤った化合は望ましくない結果を生じ得るということは、化学の学生ならだれでも知っています。
Any student of chemistry knows that wrong combinations of chemicals can produce undesirable results.

 

したがって、あなたの行為が不愉快な体験を結果的に生じるときはいつでも、自分が組み合わせた結合状態を分析してみることです。
So any time your actions result in unpleasant experiences, analyze the combinations you have put together.

 

心とは物質と”英知”のあいだに介在する媒体にほかなりません。それが現象化するときにこの二つを結びつけるのです。
Mind is but the medium between matter and Intelligence that associates the two for manifestation.

 

センスマインド(感覚器官の心)はコズミックマインド(宇宙の心)の一極小部分です。
The sense-mind is a minute part of Cosmic Mind.

 

もしセンスマインドが”宇宙の知識”の感受者たることを望むならば、触覚すなわち意識によってそれに与えられる情報を改作したり変えたりさせてはなりません。
If the sense-mind hopes to be the recipient of Cosmic knowledge, it should not try to recreate, or change, the information given to it by feeling, or consciousness.

 

焦りというものは私たちの生活における不均衡のおもな原因で、印象が自分のほうヘくるときにこれを妨害します。
Impatience is a major cause of unbalance in our lives, and interferes when impressions are coming to us.

 

私たちの激しい欲望は完全な想念を持つかわりに、ときとしてさまざまの考えを感覚器官に注人しますので、
Our zealous desires often inject our own sense ideas in place of waiting for the full thought;

 

そのため私たちは印象の持つ真の意味をゆがめるのです。
and we distort the true meaning of the impression.

 

筋道からいっても私たちは忍耐強く注意深くあらねばなりません。
Logic tells us to be patient and observant.

 

私たちは宇宙的な角度から筋道に従うようにしなければなりません。
We should learn to obey logic from the Cosmic angle.

 

私たちはみな誤ちをおかしますが、
We all make mistakes.

 

これも体験の一部です。
These are part of our experiences.

 

失望してはいけません。解明するためにまだ長い前途があるのです。
Do not be discouraged, for we have centuries to undo;

 

ですから小さなことにでも感謝しなさい。それはあなたにとって欠くことのできない一部になるでしょう。
so be grateful for even a small crumb that might become an integral part of you.

 

賢い人と愚かな人との相違点は──賢い人は自分の過ちから何かを学びとってふたたびそれをくり返しませんが、
The difference between a wise man and a fool is - a wise man leams from his mistakes, and never repeats them;

 

愚かな人は同じ過ちをくり返しつづけるということです。
while the fool keeps repeating the same mistakes.

 

あなたのご幸福をお祈りします。
May God bless you.

 

この書があなたの一部になりますように──。
May this course become You.

 

そのときこそあなたは”父”(宇宙の意識)と一体化して、正しい遺産を受け継ぐことになるでしょう。
For then you, the Prodigal Son, will have returned home to your rightful inheritance ... one with the Father.

 


 



 


「四つの感覚器官を自分の召使いにすること」<< Prev | Next >>「訳者あとがき」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)