アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

言葉

言葉
THE WORD

 

はじめに”言葉”だけがあった。
In the beginning there was but the Word:

 

肉体人間は”言葉”を充分に知ることはできない。”言葉”はすべての知識とすべての”力”とを含んでいるからである。そして”言葉自体”だけが知ることができ、また理解できるのである。
no mortal mind can know the Word in full for it contains all knowledge and all Power, and only that which is Itself the Word can know or understand potentially.

 

しかしある大きな活動によって”言葉”は第一番目の形としてあらわされた。
But through a mighty action the Word was imaged into primal form;

 

だが形がきわめてすぐれているために、”因”のみがその属性を知ることができ、またはその実質を見ることができたのである。
in form so fine that only Cause could know its attributes or view its being.

 

するとその第一番目の形は物質全体を通じて体現し、物質のすべてに”その存在”を受胎させ、やがて広大な空間に第二番目すなわち形あるものの創造が起こってきた。
It incarnated through the whole of substance and impregnated all matter with Its presence till in the place of a tremendous void there grew the second or the form-creation.

 

”言葉”の似姿を持つこの創造物は純粋であった。そして統一された完全なあらゆる力に満たされていた。なぜならそれは一つの大きな統一された形態、すなわちわれわれが畏敬して”言葉”と呼んできた”宇宙の因”の肉体にほかならなかったからである。
Virgin was this creation in the image of the Word, and filled with all the power of pure wholeness, for it was but one great united form, the body of Cosmic Cause whom we in reverence have called "The Word."

 

全宇宙にあまねく”言葉”が反響し、
Throughout all space the Word reverberated;

 

それは”基本的な実体”のすべてを動かして、ついに”無限”全体は”巨大な一体性”の鼓動となって揺れ動いた。
It set in motion all the Primal Essence until the whole span of Infinity swayed to the Heart-beat of the Mighty Oneness.

 

律動に次ぐ律動が大調和して起こっては消えた。なぜなら”言葉”の底深く、素晴らしい”創造の愛の歌”がわき起こったからである。
Rhythm on rhythm rose and fell in one great undivided harmony, for deep within the bosom of the Word there surged the wondrous Love Song of Creation.

 

ますます大きく”宇宙の心臓”は揺れ動かされて、ついにその”歌”は一つの生きもののなかに吹き込まれた。
Greater and greater the Heart of Space was stirred until at last the Song was breathed into a living thing.

 

その大交響楽のなかの基本的な楽音としての各運動と、物質の微小な各分子は、全宇宙の他の構成単位のすべてと調和させられた。
Each motion as an elemental tone within the mighty symphony and every tiny particle of substance was tuned into accord with every other unit in all space.

 

こうして”宇宙の意志”の鼓動は永続する活動の範囲内でけっして消滅することのない一つの法則となったのである。
And thus the impulse of Cosmic Will became a law that ne'er can broken be within the scope of everlasting action.

 

(この法則は真実の親和力の原理を意味する)(訳注=ここで言葉というのは想念の意味に解してもよい)
(This Law involves the principle of true affinity.)

 

宇宙の振動のいずれもが、もしこの”基本的な法則”にそむいて合体することができ、またあの大いなる喜びの歌に不協和音を発生させることができるとすれば、そのような表現の広がりはただ一瞬の振動内に限られることだろう。なぜなら存在の事実そのものを調和という不変の法則に頼っている”全体”のなかにあれば不調和は永続できないからである。
Were it possible for any of the Cosmic vibrations to unite contrary to this Primal Law and cause a discord in the mighty paeon their span of such expression would be contained within one moment's quivering vibration, for discord cannot last within the Whole whose very fact of being rests upon the immutable law of harmony.

 

宇宙のリズムのおよぶ範囲内にあっては、いかなる釣合のロスといえども存在せず、それはすべて”全体”のなかヘふたたび吸収され、ふたたび結合されるのである。
There is no loss of equilibrium within the scope of Cosmic Rhythm that shall not be again absorbed and reunited into Wholeness.

 

”それ自体”であり”無限”であるものの”心臓”のなかで永遠に鼓動を打っている”メロディー”を中止させ得るものはないからだ。
For nothing can break the Melody that has forever throbbed within the Heart of That which is, Itself, Infinity.

 

全体として創造物はその感動的なリズムのなかに上下する歌を作りあげ、静かな”沈黙”の栄光のなかに、これまで”言葉”であったもの、現在そうであるもの、これからもそうあるべきもののすべてを表現して、
Creation as a whole makes up the song that rises and falls in its impassioned cadence, expressing in the glory of calm Silence all that the Word has been, is, and shall be;

 

音なき音と形なき美でもって新しい律動と混ざり合う脈動の力を歌っている。
voicing with soundless sounds and formless beauty the pulsing force that blends and inter-blends into new rhythms.

 

”すべてを創造する英知の息”は、意識という平安な無言の楽音でもって吹き出され、そして無限の空間という子官のなかで新しい創造物のいずれもが刺激的な生命によって胎動し、それは終わりなき”活動の歌”のなかの新たな真実の音符となるのである。
The Breath of the All-Creative Intelligence is sent forth in peaceful, silent tones of consciousness and in the womb of illimitable space each new creation stirs with quickened life and becomes another true note in the endless Song of Action.

 

”宇宙の因”からもろもろの世界や惑星などが相次いで生み出されて存在し、
Out of Cosmic Cause are worlds and planets whirled into existence;

 

このような形なき美から形あるものが次々と展開して、ついに幾何模様において完全な一つの形あるものが出てきたので、その形あるものは”因”を理解する可能性を持った。
out of such formless beauty has evolved form upon form until at last there came one form so perfect in its geometric pattern that it possessed the possibilities of understanding Cause.

 

そしてこの形あるもののなかヘ、創造のリズムを語る”息”が次き込まれて実体と化し、またそれはあらゆる存在物を知覚する力が与えられ、
And so into this form was poured the Breath which speaks the rhythm of creation into being, and it was given power to perceive all existence;

 

しかも以前に名がなかったものを名づける力を与えられた。
and it was also blessed with power to name that which before had been but nameless.

 

そして、それら形あるもののなかで最高のものである創造物は、終わりなき”もの”から生まれ出た”人間”として知られた。
And this creation, highest of them all, was known as Man, born out of That which has no ending;

 

それは低次なものすべてにたいする支配権、意識、愛、および力を与えられた。
given dominion, consciousness and love and power over all the lesser things.

 

しかし人間は深い眠りにおちいってしまい、広大な世界(複数)を意識しなくなり、存在する”栄光”を忘れて、かわりに死といううつろいやすい幻の存在を夢想したのである。
But he descended into depths of sleep, became unconscious of the vaster kingdoms, forgetful of the Glory that exists and dreamed, instead, into existence, the changing image of mortality.

 

ああ、神の子よ、人の子よ。あなたの視界のなかの万物を高揚せしめよ。
Oh, Son of God and Son of Man, lift up all things within your sight;

 

そしてその視界が伝えてくれない物事をあなたの心に知らしめて、全創造物の根源である”宇宙の因”という子宮から”素晴らしい知覚作用”が誕生していることを悟らしめよ。
let your heart make known that which the sight doth not reveal and from the womb of Cosmic Cause which is the source of all creation awaken into the birth of a Magnificent Perception.

 

目覚めて”本源”の世界に気づくことだ。
Awaken into the realm of true Being.

 

あなたの意志という強固な指でもってあなたをふたたび充分な意識のなかヘ引っぱり込め。
Let the strong fingers of your will draw you again into full consciousness.

 

あなたの地上の睡眠の寝椅子から起き上がって、自己の”実在”の美を悟れ。
Rise from your earthly couch of slumber and perceive the beauty of your present Existence.

 

われわれがわが家と呼んでいるこの地球という惑星は、宇宙の親和力の法則すなわちあの引力という偉大な磁気的な原理によって、現在の存在の状態に生み出されたのであり、そしてそのなかで成長し繁殖するすべてのものは一体であって、それは”宇宙の力”にほかならないのである。
This Planet earth that we call our home was brought into its present state of being through that cosmic law of affinity, the great magnetic principle of attraction, and all that therein grows and multiplies is of the one and only Cosmic Power.

 

われわれの肉眼で見るあらゆる物体は全体のなかの一点の活動にすぎない。すなわち運動によって絶えず変化しながらさまざまの模様や形となる基本的な物質の微小な一片なのであり、
Each form that with our mortal eyes we view is but a point of action in the whole - a minute bit of elemental substance moving to ever changing patterns and designs;

 

永続的な意識によって刺激され、しかもその意識が吹き込まれているのである。
impelled and impregnated with all-abiding consciousness.

 

”全体”のなかには、ある構成単位の”父親”となってその単位を存在せしめている”法則”に耳をかたむけない最微小の単位というものはない。
There is no tiniest unit in the Whole that does not bend an ear to the Law which Fathers it and causes it to be.

 

われわれが肉の耳でもって知覚し、われわれの意識によって知るすべては、”因なる英知”の結果的な映像にすぎない。この”英知”は形なきもので、しかもこれが形あるものを存在させているのである。
And all that we perceive with mortal eyes and know with our consciousness is but the effective image of the Cause Intelligence, which formless is, yet causes forms to be;

 

しかもそれは限界や束縛を知ることはなく、しかも無限の”永遠”の胸のなかで運動し変化する一時的な密度の高い状態(複数)を作っているのである。
which knows no limitations and no bonds yet creates transient dense conditions that move and change within the bosom of incomprehensible Eternity.

 

そして”本源”なる全体のなかの各構成単位、各原子および意識のひらめきのいずれも、われわれがその本質を求めさえすれば、なんらの限界の跡もなく、”無限者”の完全な映像をあらわしている。
And every unit in the whole of Being, each atom and each spark of consciousness reveals without a mark of limitation, if we but seek its heart, the perfect image of Infinity.

 

さらに、われわれが地上の言葉で時間と名づけている活動の各通過時点のいずれも、その存在の瞬間内に”永遠”が満ちていることを示している。
And each of the little passing points of action which we in earthly terms have labeled time, speak within the moment of their being the fullness of Eternity.

 

それはあたかも大洋の水の一滴が元の状態の性質をあらわしているのと同様であり、
Just as the drop of water from the ocean reveals the character of that from which it came;

 

また空間を進行する太陽の放射線のいずれもが太陽の性質をあらわして、その完全な表現という栄光のすべてのなかにその球体の像を再現させているのと同じである。
and every sunbeam traveling through space reflects the composition of the sun and revibrates the image of that orb in all of the glory of its full expression.

 

”宇宙”の子としてのわれわれ人間は、われわれの”根源なるもの”にたいする理解を反映する過程にある。
We, as children of the Cosmos, are in the process of reflecting the understanding of our Source.

 

あらゆる活動は”言葉”が宇宙空間という広大なアーケードのなかを通過するときの、その”言葉”の反響であり、その通過の際に”言葉”は時間と形態とを作り出すのである。
All action is the echo of the Word as It passes through the vast arcades of space, and in Its passing creates time and form.

 

われわれは意識の目を開いて、”言葉”のあらゆる壮大さと美のなかに、生きて呼吸をする”言葉”の映像を見なければならない。
We must open our eyes of consciousness and view in all Its magnitude and beauty, the living, breathing image of the Word.

 




 




 


「序言」<< Prev | Next >>「名称」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)