アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

知覚と思考

知覚と思考
PERCEPTION AND CONCEPTION

 

「人間が考えつく物事はそれを成就することができる」といわれてきた。しかし着想と成就とのあいだには知覚という中間の段階がある。
"What man can conceive he can also achieve," has been said, but between conception and achievement there lies a middle step which is perception.

 

われわれは感覚器官という媒体によって永遠なるものの知識を得る機能に関して”知覚”という言葉を使いなれている。
We are familiar with the use of the word perception as used in relation to a faculty of receiving knowledge of external things by the medium of the senses.

 

この同じ機能は、知覚力の効果的な範囲を起えた”因という英知”にたいして感覚器官を敏感にさせるためにも応用され得るものである。
This same faculty may also be used to alert the senses to a Cause Intelligence which is beyond its effective scope of perception.

 

概念作用は絶えず人間の内部で行なわれている。
Conception is constantly taking place within man;

 

宇宙の意識的な英知は常に物質に具現しているが、もし肉体の心の側に知覚力がなければ、想念は肉体の世界において全然知覚されることなしに通過しやすい。
the conscious intelligence of the cosmos is eternally incarnating in matter, but unless there is awareness on the part of the mortal sense mind these thoughts are liable to pass on without ever being recognized in the world of form.

 

想念は人間の行為の基礎であって毎日心という大通りの上を無数の想念が通過していることをわれわれは知っているけれども、人間は心のなかに感じられる一〇〇の想念のなかで大体一つの想念を感知するのである。
We know that thought is the basis of human action and there are millions of thoughts that pass over the highway of mind every day, but man perceives approximately one thought out of every hundred which is conceived within his mind.

 

瞬間瞬間に人間の心に衝突している無数の想念がある。
There are myriads of thoughts bombarding man's mind every second;

 

なかには個人的な想念もあるし、非個人的なものもあるが、多くは普通の肉体の心の知覚力の手に負えないものである。
some are personal, some are impersonal, many are beyond the conception of the average sense mind.

 

人体内に入り込んで来る各想念が肉体の各細胞に自らを印象づけることは事実だが、全般的に肉体の心はそれに気づかない。
It is true that each thought that enters man's being impresses itself upon the individual cells of his body but the mortal sense mind as a whole does not become aware of it.

 

”因”から出た概念は人間を”因”の状態にまで高揚しない。
Conception while being of Cause does not raise man to the Cause state;

 

肉体人間のなかに成長を生み出すのは知覚作用なのである。
it is perception which produces growth in the mortal man.

 

一般人においては人体内を一秒間約一一〇〇種の割合で各種の想念が通過している。
In the average man the thoughts are passing at the approximate rate of 1100 per second.

 

高度に発達した人においては一秒間約一五〇万の想念が通過する。
In a highly developed person the thoughts run about one-half million per second.

 

人間は体験を通じて成長し、意識的に感知されるもののみが体験と名づけられるのである。
The mortal grows through experience and only that which is perceived consciously can be termed as experience.

 

感知は知恵にたいするカギであり、人間の想念の拡大のための唯一の径路である。
Awareness is the key to wisdom and the only channel to human thought expansion.

 

感知は、英知があらわされるようにするために行為と結びつけられねばならない。
Awareness must be combined with action so that intelligence may be expressed.

 

人間の肉体の心が意識していようがいまいが、”宇宙の因”は物質に具現している。しかしその活動を知覚することによって、人間は成長の分野で発展するのである。
Cosmic Cause incarnates in matter whether the mortal mind of man is conscious of it or not, but through perception of that action the mortal expands in the field of growth.

 

自らを”全体”から分離させてしまった人間の肉体の心は、現象のなかの”因”を知覚することによってふたたび”一体”化するまで進歩しなければならない。
The mortal sense mind, having divided itself from the Whole, must evolve again into the oneness by perceiving the Cause in effects.

 

宇宙のなかにはあらゆるものが存在する。そして宇宙的な存在である人間は自己の内部にあらゆるものを蔵しているのである。
In the cosmos everything exists and we, being of the cosmos, have everything within us.

 

もしわれわれが自己の内部に存在するものを知覚するならば、われわれはそれを具体化させることができる。
If we perceive that which is within us we are able to bring it into manifestation.

 

知覚によってわれわれは実際に一つの物を生み出して成長させるのである。
Through perception we actually "mother" or "father" a thing into growth.

 

生命の科学全体は思考と知覚にもとづいている。すなわち思考と知覚によって万物は現象の世界に存在させられているのである。
The whole science of life is based on these two - through conception and perception are all things brought into being in the world of effects.

 

思考は”因”を働かせて活動を生み出す原因となる。
Conception is responsible for putting Cause into motion and bringing forth action.

 

知能の側になんらの感知なくしても思考作用は起こるかもしれないが、思考のために生じる活動が刺激を生み出し、その刺激がいわゆる”感じ”を生み出すのである。
Conception may take place without any awareness on the part of the intellect but the action which takes place due to conception bring forth a quickening that produces what we know as sensation.

 

知覚作用は感じに気づくようになることとその源泉を知るための行為である。
Perception is the act of becoming aware of sensation and knowing its source.

 

われわれのキリスト教のバイブルには”永遠の生命”に関する言葉や、”唯一の真の神”を知るようになるために、われわれが自己の生活を処理しなければならない理由が述べてある。しかし、どうすればそれがやれるかという方法は説明してない。
In our christian bible we find references to "Life Eternal" and the way we must conduct our lives in order to know, "the only true God," but the application as to just how this is done is not explained.

 

”神なる父”を知ることは”宇宙の因”を知覚することである。
To know God the Father is to perceive Cosmic Cause.

 

人間の思考には限界はない。それは宇宙的であるからだ。そして人間によって思考されるものは人間の心によって知覚されるがゆえに、知覚作用には始めも終わりもない。
Conception has no limitations for it is cosmic, and that which is conceived can also be perceived by the mortal mind so perception knows no beginning or ending;

 

その広さは全包容的である。
its vastness is all-inclusive.

 

知覚は認識ばかりでなく理解をも含む。
Perception includes not only recognition but also comprehension.

 

われわれが”宇宙の父なる原理”の子であり、存在するすべての物の相続人であるという事実をわれわれは認めざるを得ないけれども、しかしその親子関係が何を意味するかを実際に悟った人がいったいこの世にどれだけいるだろう。
We cannot fail to recognize the fact that we are sons of the Cosmic Father Principle and heirs to all there is, but how many are there in this world who have actually perceived what that sonship means?

 

知覚力の欠乏は常に自信の欠乏となり、それがより高次な成就に向かおうとする人間を妨げるのである。
Lack of perception leads always to a lack of confidence which prevents man going forward into greater accomplishment.

 

全体と自己との関係を理解しない人は生命の目的を持たない放浪者にすぎない。
The man who fails to understand his relationship with the whole is but a wanderer having no purpose in life.

 

知覚力の欠乏こそ怠慢の罪の最たるものである。
Lack of perception is the greatest of the sins of omission;

 

万物が人間の前に横たわっていて、充満した生命そのものが、くだされるべき命令を符ちながら自己の内部に優勢を誇っているというのに、人間はなぜ無知のままでいなければならないのだろう。
why should a man remain in ignorance when all things lie before him and the very fullness of life prevails within his being awaiting the command to come forth.

 

ある利己的でない考えが起こされるとき、それは知覚されて表面化されることになる。ちょうど母親の子宮内に宿る霊魂が肉体の形で生み出されるのと同様である。
When an unselfish idea is conceived it is to be perceived and brought forth into manifestation just as a soul conceived in the womb of a mother is to be given birth in physical form.

 

自然の法則に反していないことに人が気づくようになる物なら何でもそれは実在するにちがいない。なぜなら、実在しないものを知覚することは不可能であるからだ。
Whatever one becomes aware of that is not contrary to natural law must exist, for how can it be possible to perceive that which is not existent?

 

思考と知覚とのあいだには実際にはほとんど相違はない。
There is really very little difference between conception and perception;

 

前者は”因”の魂の感知であり、後者は肉体の感覚器官の感知である。そしてこの二つは常に一体でなければならない。
the former is the cause soul awareness and the latter is mortal sense awareness and the two should be always united.

 

ある著名な科学者がかつて次のように言ったことがある。「一つの問題に関して考えるのをやめたときに最大の啓示がやって来ることがときとしてある」
One of our noted scientists once said, "I find offtimes that in the moments when I have ceased pondering over a problem the greatest revelations come to me."

 

このような啓示は真実の知覚である。なぜならそのときこそ肉体の心と”因”の英知とが一体化するからである。
Such revelation is true perception, for it is the time when the mortal sense mind and the cause intelligence unite.

 

このような感知は直感と呼ばれている。それゆえ直感的に行動する人は常に間違いない。
Such awareness is called intuition, and the man who acts intuitively is always right.

 

肉体の心が宇宙の根源から来る想念を知覚することは通常不可能である。というのは肉体の心は絶えず摩擦と驚きの状態にあって、現象の世界の無数の物体を知覚することに夢中になっており、そのため出生を待っている新しい思考(複数)に気づくことができないからである。
The mortal mind is usually unable to perceive the thoughts which are conceived from the cosmic source for it is in a constant state of friction and wonderment, lost in the perception of the innumerable forms of the effective world and so unaware of the new ideas that are waiting for birth.

 

何かの内部の可能性(複数)が人間の生活のなかで一つの実体になる以前に、その内部の可能性(複数)を知覚することが必要である。
It is necessary to perceive the possibilities within anything before those potentials are able to become a reality in one's life.

 

真実の知覚は外観を超えてその”因”にまで到達する。それは不可視なもののなかヘ作用し、新たに起こされた思考(複数)を現象化させる。
True perception goes beyond the apparent into the cause of the appearance, it goes into the invisible and brings newly conceived ideas into manifestation.

 

多数の人々は意識的に素晴らしい物事(複数)を知覚しているが、しかしそれを生み出すだけの信念を持っていないのである。
Many people consciously perceive wonderful things but have not enough faith to bring them forth.

 

あなたの知覚力を信ずることを学ぶのだ。
Learn to believe in your power of perception;

 

そしてあなたが気づくようになった物事を認識するのだ。そうすればあなたは自分が幸福と安泰とのフィーリングを楽しんでいることがわかるだろう。
give recognition to those things of which you became aware and you will find yourself enjoying a feeling of happiness and well being.

 

あなたの洞察力は、万物のなかの生命の鼓動を感じ得るところまでしだいに広がってゆくだろう。
Your vision will gradually expand to where you can feel the pulsation of life in all forms.

 

そしてあなたは”生命という世界共通語”を理解し、あなたを個人的なエゴに縛りつけていた限界は宇宙の英知の限りない広大さのなかに消えてしまうだろう。
And you will understand the Universal Language of Life, and the limitations that have bound you to the personal ego will vanish into the illimitable vastness of Cosmic intelligence.

 



 




 


「相関性」<< Prev | Next >>「意識とは何か」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)